1. ホーム
  2. フィリピンのボランティア募集一覧
  3. フィリピンでの国際系ボランティア募集一覧
  4. 自分たちの手でスタディツアーを作ろうプロジェクト ~フィリピン編~

更新日:2018/07/15

自分たちの手でスタディツアーを作ろうプロジェクト ~フィリピン編~

NPO法人しゃらく

この募集の受入法人「NPO法人しゃらく」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

fa12f792fd-tour_international_recruiting_68534_main.png

フィリピンを目的地とした参加者企画型のスタディツアーです!ツアーの目的や渡航計画など、参加メンバー自身で作り上げて行きます。NGOや孤児院、ゴミ山やストリートチルドレン等の問題に関心のある人にお薦め。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 50,000〜100,000円(交通費40,000円含む)

活動内容・時期によって変動します。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

渡航時期・渡航期間はチームメンバーで話し合いの上決定します。

活動頻度

応相談

募集対象

・国際協力に興味がある人!
・海外に行ってみたい人!
・英語を実際に使って活動してみたい人!

注目ポイント
  • 参加者企画型の完全オリジナルなスタディツアー!
  • 日本でチームを作って→渡航!だから安心!
対象身分/年齢
募集人数

10名

募集詳細

このプロジェクトが生まれるまで

こんにちは。このプロジェクトの発起人である神戸ソーシャルキャンパスのコーディネーター(27歳・男)です。

神戸ソーシャルキャンパスは、学生たちと地域で活躍する大人たちを繋げる基地として2017年1月にオープンしました。普段は学生向けのフリースペースとして使われていると同時に、NPOやボランティア情報等を集約・発信し、利用学生に繋げています。要は、学生による学外活動(大学の外での学びの活動)を促進・サポートするのがコーディネーターである僕の仕事です。


例えば、商店街のおじちゃんたちとコラボしてお祭りを企画するチームや、六甲山の森の整備活動をするチーム、神戸に済む留学生をサポートするチーム、デザインの力でNPOを支援するチームなど、学生の興味関心に沿ってたくさんのプロジェクトチームが生まれています。


このように学外活動を促進している理由の一つに、コーディネーター自身が学生時代に大学の外での学びをたくさん得たということ。そして、それが社会人となった今にも繋がっているという確信があるからです。


僕にとって、最初の学外活動はフィリピンへの留学でした。


ラテン気質でとても明るいフィリピン人の人懐っこさやホスピタリティ。日本食の味付けに似てるけど少しクセのあるフィリピン料理。大都市へ発展していく勢いを感じるマニラの喧騒。金銭に依存しすぎないのんびりとした田舎の生活。また、日本では目にすることのないストリートチルドレンやスラムで暮らす人々。そしてそれを支援するNGOの職員たち。。。


語学留学として約10ヶ月滞在しましたが、そこで得たのは、語学に留まらない学びでした。


今の学生にもフィリピンの良さ、学外にある学びの面白さを感じてもらいたいという思いで、このプロジェクトを立ち上げました。


参加者企画型のスタデイツアー in フィリピン

本プロジェクトによるスタデイツアーは、完全参加者企画型で行います。首都マニラに行くも良し、田舎に行くも良し、NGOや孤児院、ゴミ山を訪問してボランティアをするのも良し、現地大学生と英語で議論するも良しです。つまり、行く場所や活動内容、そして渡航する目的の設定まで、参加者自身で議論し、決めていってもらいたいと思っています。但し、大まかには以下のようなスケジュール感で行いたいと思っています。


~3月 参加者募集/プロジェクト説明会

4月~ 事前学習

  フィリピンについての下調べ、英語練習、チームビルディング、組織運営、その他必要なスキル取得

6月~ 渡航計画

    渡航目的の設定、活動内容の決定、訪問先の選定→アポ取り、渡航スケジュールの決定、渡航チケットの手配)

8月~9月 渡航(10日間程度)

~10月 事後学習

  報告書等活動をまとめたメディアの作成、活動報告会の企画・実施


※事前学習や渡航計画の時期については週一程度メンバー全員で集まり、勉強会、また計画のための会議を開く予定です。原則これらのミーティングには出席することが求められます。また、下調べや必要なスキル取得のためにはメンバーで集まる日以外にも、各自で自主的に時間を確保して準備の時間として当てることができるのが望ましいです。


プロジェクトとして大事にしていきたいこと

これから発足していくプロジェクトですが、発起人として大事にしていきたいのは、

「楽しく活動すること」

「チームワークと協調」

「相手の目線に立つということ」

です。

楽しく活動することは、活動を続けていくため、良い成果を生むためには必要不可欠だと考えています。本プロジェクトは、完全に任意であり、アルバイトと違い報酬も期待できません。それでも主体的に活動していくためには、まずは楽しく、なおかつ自ら活動に意義付けができ、真剣に取り組める必要があります。また、慣れない海外への渡航は必ずしも楽しいことだらけではありません。設備が整っていない施設や衛生環境が厳しい場所、また他人と長期間を共に過ごすことなど、心理的ストレスは多々感じられるかと思います。それらを出来る限り前向きに、成長の糧だという風に捉えられるポジティブさが重要です。


また、チームワークを重視できることが必要だと考えています。本プロジェクトは複数大学・高校の学生・生徒が1つのチームになることが予想されます。もしかすると全員が集まれる機会を作るだけでも難しいかもしれません。そんな状況の中、チームへの貢献や仲間の為に行動できる人は、モチベーションを上手く保ちながら活動することができると考えています。視点を変えると、特別なスキルや知識がなくても、居心地の良い雰囲気を作ったり、発言しやすい環境を作ったりすることができる人は、本プロジェクトでもチームに多く貢献できるかと思います。


そして何より、本ツアーの渡航先となるフィリピン側の目線に立って物事を考えられることを重要視します。多くの学びを得るために、たくさんの場所に行き、色んな人に会いたいという気持ちは大切です。しかし、それだけでは本当の学びには繋がりません。「相手にできるだけ迷惑をかけないこと」。これを意識することは異文化に飛び込む際に非常に重要な視点だと思います。それを常に持ちながら、受け入れてくれる相手とWin-Winの関係を築くことを目指しましょう。


以上のことに共感し、今までに出会えなかった世界を見たいと強く思う学生を募集しています!!


※応募後、一定期間返信メールがない場合は、迷惑メールフォルダ等をチェックしてみてください。

それでも返信メールが見当たらない場合、下記番号までお電話をお願い致します。

078-241-9797(神戸ソーシャルキャンパス)

〒651-0096 兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目3−1ー2F


  • 2b6675c248-tour_international_recruiting_68534_sub1.png

    賑やかな市場

  • 35a4a8d188-tour_international_recruiting_68534_sub1.jpg

    カオスな交通機関

  • f7444d7dfe-tour_international_recruiting_68534_sub1.jpg

    たくましく生きるストリートチルドレン

  • 354da9399c-tour_international_recruiting_68534_sub1.jpg

    少数民族を支援するNGO

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

“旅をあきらめない”
代表者

小倉譲

設立年

2006年

法人格

NPO法人

しゃらくの法人活動理念

NPO法人しゃらくはゆとりあるライフスタイルを提案し、心のバリアフリーを推進するという理念のもとに事業を行っています。

しゃらくの法人活動内容

・介護・付添旅行をオーダーメイドで実施する旅行事業

・社会の様々な課題を地域や行政と連携して解決するインキュベート事業


以上2つの事業をしゃらくは展開しています。

■受賞歴等
2008年:ひょうごユニバーサル社会づくり賞(兵庫県) 受賞

2011年:市民福祉奨励賞(神戸市) 受賞

2012年:KOBEソーシャルビジネスマーク認証(神戸市)

しゃらくのボランティア募集

しゃらくの職員・バイト募集