こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 全国の"親の離婚を経験した"ボランティアスタッフ募集

    更新日:2017/08/04

    全国の"親の離婚を経験した"ボランティアスタッフ募集

    特定非営利活動法人ウィーズ
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    558810a82e-CIMG0036.JPG

    同じく親の離婚を経験した子どもたちの心のケアと学習サポートをしていただきます。

    活動テーマ
    • 家庭崩壊
    • 少子化
    • 教育格差
    • 不登校
    • 非行
    • チャイルド・プア
    • 発達障害
    • 児童虐待
    • 経済格差
    • 子育て/育児
    • シングルマザー
    活動場所
    • 千葉
    • 東京
    • 静岡

    千葉県船橋市の教室での学習指導のほか、全国各地での訪問型学習指導・面会交流(離婚後に離れて暮らす親子の交流の付き添いや送迎)支援を行っていただきます。在宅でできる活動もあります!

    必要経費

    無料

    必要経費はありません。活動時に必要なもの(消耗品など)は団体より支給します。

    活動頻度

    応相談

    募集対象

    ・親の離婚を経験している方※学生さん大歓迎
    ・責任感のある方
    ・研修に参加していただける方

    注目ポイント
    • 子どもたちとの関わりから多くのことを学べます。また、自らの経験を社会貢献活動に活かすことができます。
    • 活動を継続していただくと、スーパーバイザー(正社員・契約社員)の道があります。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    10名

    募集詳細

    私たちは離婚家庭の子どもたちの支援をおこなっています。

    離婚家庭に育つ子どもたちは経済的・精神的貧困や孤独感を抱えやすく、包括的なサポートが必要不可欠です。同じように離婚家庭に育った当事者のスタッフが子どもたちに関わることで、子どもたちに寄り添うことができ、スタッフ自身の自助にもつながると考えています。NPO法人ウィーズでは、現在下記の活動をお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集しています。是非ご自身の人生経験を子どもたちの未来のために活かしてみませんか?


    ①学習担当スタッフ
    離婚家庭に育つ子どもたちに学習指導をしていただきます。勉強だけではなく、お子さんのカウンセリングを行ったり、継続的に子どもたちと関わっていただきます。それぞれの活動可能なペースに合わせて、千葉県船橋市の教室での指導のほか、各地での訪問型指導を行っていただきます。

    ②面会交流担当スタッフ
    親の離婚を経験した子どもたちが、離れて暮らすことになった親御さんと交流する際に両親間の送迎や連絡の仲介を行っています。両親間の調整は面会交流支援員が行いますが、面会交流支援の現場では高葛藤の両親が多く、子どもたちにその負荷がかかってしまうこともあるため、子どもの「今抱えている感情」に寄り添うスタッフが別途必要です。絶対的な子どもの味方となり、信頼関係を築きながら子どもとさまざまなかたちでコミュニケーションをとっていただきます。

    ③啓発スタッフ
    当法人には取材や講演の依頼が多くございます。その多くが「親の離婚を経験した子どもの声を聞きたい」というものです。これらの依頼にご対応いただいたり、、各種イベントや広報も随時実施いたしておりますので、お手伝いをいただきます。
    取材や講演などは個人情報を公表する可能性もございます(支援現場の撮影や、インタビュー、登壇してのお話など)。全てスタッフの方々の可能な範囲でご対応いただいております。


    【ボランティアスタッフになるための条件】
    ・親の離婚を経験している方※学生さん大歓迎
    ・責任感のある方※当法人の活動はボランティア精神がなければできないものではあり、内容により無償/有償での活動がございますが、子どもたちのために継続して活動いただけるよう、できるかぎりの謝礼や交通費などの経費はお支払いをしたいと思っていますので、常に高い意識をもって活動に臨んでくださる方の応募をお待ちしております。
    ・研修に参加していただける方
    ※①~③のスタッフとして活動いただくためには必ず当法人の研修を受講いただきます。①②については支援現場での実務研修も必須となります。受講にかかる費用や参加謝礼はお支払いします。


    【ボランティアスタッフになるメリット】
    ・子どもたちとの関わりから多くのことを学べます。また、自らの経験を社会貢献活動に活かすことができます。
    ・家族支援カウンセラー(一般社団法人家族支援メンタルサポート協会にて資格認定)養成講座を半額で受講することができます。
    ・活動を継続していただくと、スーパーバイザー(正社員・契約社員)の道があります。

    • 4c5e18076f-IMG_3306.JPG
    • b23d0ef658-CIMG0012.JPG

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 短時間でも可
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Square tiny 109da6622c aa9042c580 author image 78518user
    Square small 109da6622c aa9042c580 author image 78518user

    特定非営利活動法人ウィーズ

    代表者

    羽賀 晃

    設立年

    2016年

    法人格

    NPO法人

    ウィーズの法人活動理念

    我々の団体は「こどもたちにどんな困難や障害があっても『自分には味方がいる』と思える社会」を目指して活動をしています。

    これを実現するため、以下の3点をミッションとして掲げています。


    ①私たちが子どもの味方になる

    【ミッション達成の方法】

    ・子どもにとって家庭環境による経済格差が、チャンスの格差にならないように低価格での支援サービスの提供に努める。

    ・通常は表に出てこない子どもの声を、面会交流支援や学習支援を通じて拾いあげる。

    ・声をあげられない子どもの心に寄り添い、意思を尊重するための継続的な支援体制を構築する。


    ②子どもたちの親の子どもに対する『味方度』を上げる

    【ミッション達成の方法】

    ・①で得た子どもの状況を親にフィードバックする。


    ③子どもの味方を増やす

    【ミッション達成の方法】

    ・子どもに寄り添う必要性をメディアやSNSを通じて広く社会に理解してもらうため、

     ①で得た子どもの声や②による親子の変化の様子について、発信し続ける。

    ウィーズの法人活動内容

    ●経済的問題や家庭環境に問題を抱える子どもなどへ学習指導

    通常の学習塾では料金が高く、通塾が叶わなかった子どもたちに指導を行い、参加生徒の学力向上と進学を叶えるお手伝いをしています。学習の場には子どもだけで参加するため、親や学校では話せないことを話したり、違った人間関係を構築したりする機会となり、子どもの拠り所的役割もはたしています。


    ●離婚後離れて暮らす親子の面会交流支援

    離婚後に離れて暮らす親と子どもの交流に付き添ったり、お子さんの送迎をしたりしています。両親の葛藤を調整し、子どものケアまでを行うことで子どもの立場にたった支援を行っています。


    ●親の離婚を経験した子どもたちを集めた「子どもふれあいキャンプ」を実施しています。


    ●家庭環境に悩む子どもたちに電話・メール・対面等によるカウンセリングをおこなっています。


    ●親の離婚を経験した子どもの立場として、講演活動をしたり、メディア取材を受けたりしています。

    ウィーズのボランティア募集

    ウィーズの職員・バイト募集