こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 写真好き求ム!とっとりの地域誌をともにつくるカメラマンを募集します。

    更新日:2017/01/30

    写真好き求ム!とっとりの地域誌をともにつくるカメラマンを募集します。

    NPO法人共存の森ネットワーク
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    6513ed39b7-DSCF1809a.jpg

    人口最下位の鳥取県から、人口減少時代を生きる日本へ、未来の暮らしかたを提案します

    活動テーマ
    • 産学官連携
    活動場所
    • 東京
    • 鳥取

    鳥取(取材時)
    東京(打合せ、編集作業時)

    必要経費

    無料

    鳥取への交通費や現地での宿泊費はかかりませんが、滞在中の食費や東京での打合せの際の交通費は各自負担となります。

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    写真を撮ることが好きなひとであれば実績・年齢は問いません。新大学1年生も大歓迎です。

    注目ポイント
    • 鳥取の行政とタッグを組んだ事業だから、学生だけでつくる地域誌よりもインパクト大!
    • 認定NPOとして、さまざまな地域で10年以上継続している地域づくり活動にも参加可能!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    2名

    募集詳細

    人口最下位県の未来は暗いのか?


    鳥取県は47都道府県で最も人口が少なく、県庁所在地の鳥取駅前も空き店舗が目立ち、閑散とした雰囲気です。

    県のみなさんは鳥取によそから多くのひとが移住してくることを望んでいるかもしれません。



    一方で、ある統計によると2020年をピークに東京都でさえ、人口減少期に入ると予想されています。

    日本各地、等しく人が減りゆくなかで、声高に移住を叫んでも、人が少ない土地から人が少ない土地に移動が生まれるだけで、

    なんだか幸福な未来に近づいている気がしないですよね。



    人口減少と共に、超高齢化社会を世界に先駆けて迎える日本が考えるべきことはなんでしょう?

    地方への移住を促すことにどんなビジョンを描いているのでしょう?


    人が「今」と比べて減ってゆくことは避けられないことかもしれない。

    他の国でも日本と同じように、人口減少・超高齢化の波は押し寄せるかもしれない。


    そんな「人が減る時代」に生きつつあるわたしたちにとって、

    人口最下位の鳥取は裏を返せば世界の先頭を走っているような気がする。



    そう思うと、一気に鳥取がかっこよく見えてくる。

    世界の先陣を切って未来へと走る鳥取とともに、ぼくらも未来へと走りたい。


    鳥取には豊富な海の幸や山の幸、美しい民芸品や工芸品、ひとが少ないゆえに手厚い学生や起業家へのサポート・・・・

    さまざまな魅力があります。



    そんな魅力を取材し、撮影し、時に魅力をもっと輝かせるために地域のひとと共にアクションを起こし、

    期せずして気づいた鳥取の課題に鳥取のみんなと共に立ち向かい、

    そんなことを続けながら「人が減る時代」の暮らしかたを鳥取から表現してゆきます。

    • c92847c3f8-15194604_1140747769354706_8881203941264770555_o.jpg

      秋田で地域誌を作った際の様子

    • 359f50603b-member_volunteer_recruiting_61105sub2.jpg

      4年前に作成した新潟の集落の地域誌

    体験談・雰囲気

    このボランティアの雰囲気

    取材ではあまりアポを取らずに、編集チームの感性を大切にその場その場で組み立てて行っています。

    ですので、カメラマンにもその都度自分の判断で大切だと思う場面をフィルムにおさめてもらいたいです。

    チーム自体はとても仲良く、ふだんはのんびりとしていますし、編集作業中も楽しみながら頑張っていますので、かつかつした人にはあまり合わないかもしれません。

    特徴
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 慶應義塾
    • 東京農業
    • 鳥取環境
    男女比

    男性:20%、女性:80%

    法人情報

    Square tiny da0da42637 cc8d182f2f kyouzon rogo
    Square small da0da42637 cc8d182f2f kyouzon rogo

    NPO法人共存の森ネットワーク

    代表者

    工藤大貴

    設立年

    2003年

    法人格

    NPO法人

    共存の森ネットワークの法人活動理念

    人と人、人と自然、世代と世代をつなぐ活動を行うことで、持続可能な社会づくりを目指す。

    共存の森ネットワークの法人活動内容


    全国7つの農山漁村で行っている地域交流活動、

    聞き書き甲子園の実施運営、

    その他各地域での地域づくりや聞き書き事業の実施運営。



    =======================



    【聞き書き甲子園】(2002年~)

    対象:高校生


    全国から選ばれた80人の高校生が、農山漁村に住む「名人」(=マタギ、海女、伝統工芸士など)に一人で聞き書きし、記録する取り組みです。2019年度で18年目の開催。



    主催:聞き書き甲子園実行委員会

    (農林水産省/文部科学省/環境省/公益社団法人国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク)


    募金協力・企業寄付:株式会社ファミリーマート

    助成:日本財団

    協賛・協力:
    トヨタ自動車株式会社、一般財団法人環境文化創造研究所、公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会、富士フイルムホールディングス株式会社、株式会社長塚電話工業所、株式会社トンボ、京王電鉄株式会社、株式会社ティムコ、公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団、株式会社ベネッセコーポレーション


    後援:

    総務省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、全国山村振興連盟、全国過疎地域自立促進連盟、NPO法人「日本で最も美しい村」連合




    =======================




    【きく・かく・えがく ~東京のふるさと・自然公園~】(2018年~ @東京都)

    対象:中学生


    都市部の中学生が東京の森で「森の話」を聞き物語を書き、影絵にして表現するプログラムです。


    主催:きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~実行委員会

    (東京都・あきる野市・檜原村・NPO法人共存の森ネットワーク)


    協賛:東京ガスグループ「森里海つなぐプロジェクト」

    協力:株式会社ベネッセコーポレーション進研ゼミ 中学講座

    助成:トヨタ環境活動助成プログラム

    後援:青梅市・奥多摩町・日の出町




    =======================




    【学校の森・子どもサミット】2014年~

    対象:小学生

    「学校林」等を活用した森林環境教育の事例を全国の小学生が発表する取り組みです



    主催:学校の森・子どもサミット実行委員会

    (公益社団法人国土緑化推進機構、公益社団法人福井県緑化推進委員会、公益財団法人オイスカ、公益財団法人ニッセイ緑の財団、一般財団法人日本森林林業振興会大阪支部、一般社団法人全国森林レクリエーション協会、NPO法人共存の森ネットワーク、福井県、福井県教育委員会、福井市教育委員会、若狭町教育委員会、林野庁)




    =======================




    【共存の森づくり】(2004年~)

    主な対象:高校生・大学生




    新潟・千葉を中心に全国7地域(愛知・滋賀・奈良・岡山・福岡)での大学生らによる地域づくりの活動です




    =======================




    【真庭なりわい塾】(2016年~)

    対象:社会人

    岡山県真庭市北部の中和地区(旧中和村)をフィールドに、はるか昔から紡いできた暮らしを学びながら、持続可能なライフスタイル、なりわいを考えるプログラム

    共存の森ネットワークのボランティア募集

    共存の森ネットワークの職員・バイト募集