こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 受講生募集◆コミュニケーションスキル養成講座〜伝えあう力、分かりあう心を育てる〜

    更新日:2016/12/01

    受講生募集◆コミュニケーションスキル養成講座〜伝えあう力、分かりあう心を育てる〜

    NPO法人Curiosity(キュリオシティ)
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    9ce202cf9b-CIMG6293.JPG

    就活だけでなく、対人関係や就職後にも役に立つスキルを短期間でまとめて学べます。

    活動テーマ
    • 産学官連携
    開催場所
    • 東京

    文京区内施設

    必要経費

    1,000円(ただし文京区在住、在学の大学生は500円)

    募集対象

    大学生(1〜2年生を想定していますが、それ以外の学生も参加可能です。)

    注目ポイント
    • 就職活動だけでなく、日々の生活や就職後にも役に立つスキルを短期間でまとめて学べます!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    20名

    募集詳細

    コミュニケーションスキル養成講座 ~伝えあう力、分かりあう心を育てる~


    主催:NPO法人Curiosity(キュリオシティ


    〇キュリオシティは高校生を対象に、起業体験を通じて社会に貢献する経験を提供しています。

    〇そのキュリオシティが、今回大学生を対象としてコミュニケーションスキル養成講座を開講します。

    〇昨今、コミュニケーション能力の大切さについて、耳にすることも多いかと思いますが、実際コミュニケーションについて意識的に何かすることは少ないと思います。

    〇キュリオシティは様々な社会人が参加しており、そのスキルをもっと多くの人に活かせないかと考えたときに、大学生向けにコミュニケーションスキルを養成する講座を行うことを考えました。

    〇就職活動だけでなく、これからの生活に役に立つスキルを短期間でまとめて学べる本講座は、大学3年生だけでなく、特に1、2年生の方々に参加して欲しい内容となっています。


    講義内容一覧

    回数

    内容

    日程

    第1回

    他人を知り、己を知る。

    ~いくつかの分析手法を用いて~

    12月4日(日)14:00~16:00

    第2回

    グループワークとチームビルディング

    ~ファシリテーションと就活でのグループワーク~

    • 12月4日(日)16:00~18:00

    第3回

    アイディア出しワークショップ

    ~元博報堂社員が教えるアイディア創出法~

    • 12月8日(木)19:00~21:00

    第4回

    プレゼンテーションスキル

    ~パワーポイントの使い方と発表の効果的な方法~

    • 12月11日(日)13:00~15:00

    第5回

    プレゼンテーション準備

    • 12月11日(日)15:00~17:00

    第6回

    プレゼンテーションと社会人による講評会

    12月18日(日)13:00~17:00



    講座内容

    第1回

    敵を知り己を知れば百戦危うからずということで、まずは自分を知ることからスタートする。
    SWOT分析などを用いて、自分の強み、弱みなどを知ることを行い、その後コミュニケーションで自分が一番大切にしていることなどを考え、自己の方向性を探る。


    第2回

    第1回で自分のことを知ったので、その後はチームとして人とコミュニケーションを取りながらワークを進めていく方法を探る。
    就活でも盛んにおこなわれているグループワークをもとに、ファシリテーションスキルを学ぶことで単に話したいことを話すだけでなく、議論を円滑に進める方法を学ぶ。


    第3回

    第2回で議論の進め方を学んだが、そもそも根本として独創的なアイディアを生み出すにはどうすればよいのか。
    アイディアを出すには何が必要かを学ぶ必要がある。このコマではそういったアイディアの出し方をプロの目線から学んでいく。


    第4回

    第3回までで学んだ内容を踏まえて、どのようにすれば人にうまく伝わるのか、ということを、見せ方、話し方という両視点から学んでいく。


    第5回

    第4回までで、プレゼンテーションに必要なエッセンスは学んだので、この回ではそれをチームとして実践し、プレゼンに向けた準備を行う。


    第6回

    第5回で作成したプレゼンテーションの発表を行う。社会人から講評してもらう。


    ■プレゼン内容

    自己分析、チームでの協業、アイディア創出と学んだことを利用してチームを一つの会社と見立て、プレゼンを行ってもらう。社会人に対し自分たちの強みなどを説明してもらい、評価項目ごと(アイディア内容、分析力、発表の仕方など)に講評する。


    講師

    第1回〜第3回

    NPO法人Curiosity社会人ボランティアスタッフ(調整中)


    第4回講師

    一般社団法人アルバ・エデュ 代表理事 竹内 明日香 氏

    東京大学法学部卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)にて国際営業や審査等に従事後、2007年に独立し海外向けに日系企業の情報提供を開始。2009年に(株)アルバ・パートナーズを設立、国内企業の海外事業や情報発信(企業プレゼン等)の支援を提供して今日に至る。2014年、子どもたち・若者たちの「話すちから」の向上を目指す(社)アルバ・エデュを設立。法人向けに培ったメソッドを応用し、ワークショップや出前授業、セミナーなどを展開。音羽の森オーケストラ「ポコアポコ」主宰。日本証券アナリスト協会検定会員。小学校低学年までニュージーランド在住。二男一女の母。


    • 4fffbf4b3b-CIMG0008.JPG

      各分野の第一線で活躍している社会人がボランティアとして活動をサポートします。

    • fa59d1732f-CIMG0381.JPG

      最終回には実践の場としてプレゼンを行います。(過去の活動より/発表イメージ)

    • 72cc3d18b2-event_children_recruiting_59428sub3.jpg

      最終回には実践の場としてプレゼンを行います。(過去の活動より/発表イメージ)

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 真面目・本気
    • 1,2回生が多い
    関連大学
    • 青山学院
    • 跡見学園女子
    • お茶の水女子
    • 学習院
    • 國學院大學
    • 国際基督教
    • 清泉女子
    • 拓殖
    • 中央
    • 東京
    • 東洋
    • 文京学院
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    法人情報

    Square tiny 1307db7fc7 author image 881user
    Square small 1307db7fc7 author image 881user

    NPO法人Curiosity(キュリオシティ)

    代表者

    小川 智康

    設立年

    2013年

    法人格

    NPO法人

    Curiosity(キュリオシティ)の法人活動理念

    大切にしていること・問題意識

    ■やってみなくちゃ、わからない

    現代の若者はあふれる情報の中で生きています。情報があふれる現代だからこそ、自らの体を使って得た知識や経験がその後の人生において重要な意味を持ってくるものと考えています。

    直接見て、聞いて、触れて、考える。そして、失敗を恐れず、小さなことでもまず一度チャレンジしてみる。その試行錯誤の過程で得られた経験には、ネットで拾った情報とは違い、大きな価値があります。

    五感を使って得た経験こそ、これから生き抜く術を身につけていく若者にとって、大きな武器になると考えています。


    ■岐路に至るまでに視野を広げる

    現在の高校のカリキュラムでは、おおよそ2年生で就職または進学、さらには文系・理系あるいは専門学校などといったように、そのタイミングで進路を選択するケースがほとんどです。大学生でも同様に、就職活動が本格的に始まる3年生頃になって、目指す業界や就職先等を絞り込んでいきます。

    私たちは、この「岐路」に立つまでに視野を広げること、経験を増やすことが今まで以上に必要であると考えます。

    例えば、かつては親や親戚、地域の商店、工場、職人さんなど、働く人の背中を近くで見て育ってきた子供が少なくありませんでした。しかし、現在では核家族化や自営業者の減少などによって、働く人や職業の存在、社会が遠く、具体的にイメージしにくい存在になりつつあります。


    懸命に働く人の姿を目の当たりにしたり、起業体験やボランティアをはじめとする様々な社会体験を早い段階で経験することは、かけがえのない経験、刺激となり、大きく視野を広げる機会となります。


    ■キャリアは教室で学べない

    近年では文部科学省を中心に学校でのキャリア教育が推進されています。しかしながら現在のカリキュラムでは、ともすれば会社や組織で働く人の目線で、『これが今後仕事をする上で役に立つのだからやっておくべき』という決められた枠にはめがちです。

    もとより、従来に比べ「キャリア」に対する考え方、定義も人によって大きく異なってきているのではないでしょうか。付け加えれば、それぞれの考える成功・満足、幸せといった価値観・尺度も非常に多様な時代になってきました。

    大切なことは、早い段階で今の自分と将来について考え、向き合う機会を増やすことです。


    学校の外の社会に出て、自らが主体的に行動し、試行錯誤する過程こそ、本当の意味でキャリアを身に付けられる機会になるものと考えます。

    Curiosity(キュリオシティ)の法人活動内容

    Curiosityは高校生向けチャリティ起業体験プログラム「まじプロ」を中心に、若者世代にリアルな社会経験の機会を提供しています。

    Curiosity(キュリオシティ)のボランティア募集

    Curiosity(キュリオシティ)の職員・バイト募集