こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 兵庫のボランティア募集一覧
  3. 兵庫でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. サバイバル!子どもと無人島生活に挑戦! 無人島学校 ボランティアリーダー募集!

更新日:2022/08/15

サバイバル!子どもと無人島生活に挑戦! 無人島学校 ボランティアリーダー募集!

SHOSAPO(NPO法人 生涯学習サポート兵庫)
  • 活動場所

    兵庫 (松島(兵庫県立いえしま自然体験センター管理))

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

この募集の受入法人「SHOSAPO(NPO法人 生涯学習サポート兵庫)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

4d675361db-singly_children_recruiting_56085_main.jpg

自然の恩恵と仲間のありがたさ、全ての「イノチ」の大切さを実感できるプログラムです。
ホンモノの体験の中から「仕事=役割=居場所」を見つけにいきませんか?

活動テーマ
活動場所

松島(兵庫県立いえしま自然体験センター管理)

必要経費

無料

集合場所は、姫路港(兵庫県)・名古屋駅のどちらかです。
姫路港から無人島までの渡船代は必要ありません。
姫路港までの交通費はご負担ください。

活動日程

★無人島学校 一週間自給自足生活挑戦
日程:2022年8月14日(日)~21日(日)7泊8日
募集人員:12名募集!(面接によって決定)

●事前研修Ⅰ(子どもと一緒に)
日程:①7月23日(土)、②7月30日(土)
時間:①10:00~11:30 or 13:00~14:30 どちらかに参加
   ②10:00~11:30
場所:オンライン(zoom)

●事前研修Ⅱ(ボランティアだけ)
日程:8月11日(木)~12日(金) 1泊2日
場所:兵庫県立いえしま自然体験センター(兵庫県姫路市家島町)

●準備、片付け 
日程:①8/14(土)準備
   ②8/23(月)片付け
場所:SHOSAPO姫路事務所(兵庫県姫路市飾磨区英賀西町2-15-2)

※事前研修1・2は必ず参加
 参加日程などは応相談

募集対象

※すべてに当てはまる人
・自分で無人島一週間自給自足生活に挑戦したいと思った人
・プログラムを通して自身を成長させたいと思っている人
・無人島学校の全プログラムに参加できる人
・心身ともに健康で7泊8日の無人島生活を行える人

注目ポイント
  • 瀬戸内海に浮かぶ無人島「松島」で、自給自足生活に挑戦する子どもたちと、一緒に過ごす!
  • 電気・ガス・水道なし!自給自足に挑戦!
対象身分/年齢
募集人数

12名

特徴

募集詳細

★ポジション★

「無人島学校」のファシリテーター(ボランティアグループリーダー)


※「プログラムスタッフ」「コーチングスタッフ」も募集しています。

生涯学習サポート兵庫(SHOSAPO)「無人島学校」HPよりご確認いただけます。 



★活動内容★

無人島学校に参加する子どもたち一人一人の学びを本番でサポートする

・子どもたちと同じ目線で共に無人島で一週間生活する

・グループにつき、子どもたちの生活指導や活動のサポートを行う

・子どもたちの考え方や感情、関係性、グループ雰囲気に気を配り、目標を達成するためのサポートをする。

上記活動を通じて、無人島学校に参加する子どもたちの成長に寄り添いながら、一人一人の成長をサポートするために必要なことを実施して頂きます。


★応募期間★

二次募集:6月6日~6月20日(オンライン面接:6/24)

※一次募集で定員に達した場合は、二次募集は行いません。


★選考プロセス★

①応募フォームよりエントリー

②面接(オンライン面接を実施します)→結果発表

③参加決定



  • 1632a1cb32-singly_children_recruiting_56085_sub1.jpg

    最終日、集合写真!

  • 0cb293cfb3-singly_children_recruiting_56085_sub1.jpg

    海、浜の様子♪

  • f5415f4c48-singly_children_recruiting_56085_sub1.jpg

    もちろん漁もします♪

  • d000fb9921-singly_children_recruiting_56085_sub1.jpg

    夜はたき火!

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

無人島では、まず純粋に子どもたちとの生活を楽しんだ。それは、子どもに接する上でとても大切なことだと実感している。一緒に楽しみつつ、見守ることの大切さを知った。 子どもたちの行動をどこまで見守るかは本当に難しいけれど、「ここに気づいてほしい」と願いつつ待ったことを今でも思い出す。(20代 知的障がい児施設保育士 女性)


大きな影響としては、命について子どもたちに話をすることができるようになったこと。無人島では「生きるために食べる」ということを実感できたので、給食のときなどに食に関する命の話をすることがある。 指導面では、指示ばかり出すのではなく、子どもに考えさせたり、反応を待ったりすることの大切さを学んだ。(20代 小学校教員 男性)


無人島へ行って一番感じたことが、子どもの力。もっと大人の助けが必要なのではないかと思っていたが、そうではなかった。子どもたちひとりひとりが自分自身と向き合い、役割を探し、行動していた。様々な葛藤と闘いながら日々たくましくなっていく子どもたちを見て、私自身もっと頑張らないといけないという思いとともに、子どもの可能性を感じた1週間だった。(20代 大学生 女性)

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

  • b2ff2df24f-singly_children_recruiting_56085_sub2.jpg

    時には考え、悩むことも…

  • a6df0c2303-singly_children_recruiting_56085_sub2.jpg

    ごはんを食べるために、まずは火おこしから!

  • f73a9ee9bf-singly_children_recruiting_56085_sub2.jpg

    海へ出て、自分たちで食材をゲット!

  • 30b29b4f08-singly_children_recruiting_56085_sub2.jpg

    はみがきも海でやっちゃいます!

  • 2a95795afd-singly_children_recruiting_56085_sub2.jpg

    洗い物も海で!

法人情報

SHOSAPO(NPO法人 生涯学習サポート兵庫)

“「あそび」のチカラで社会を元気に”
代表者

山崎清治

設立年

2003年

法人格

NPO法人

SHOSAPO( 生涯学習サポート兵庫)の法人活動理念

私たち生涯学習サポート兵庫では、子育ての孤立化や子どもの考える力の欠如、若者の社会力不足、災害などの非常時に必要なコミュニティの崩壊…といった子どもや若者、親や高齢者を取り巻く社会問題に対して、「コミュニケーションを大切にする」ことや「答えはひとつではない」ということを体験プログラム=「あそび」を提供することによって解決しています。

SHOSAPO( 生涯学習サポート兵庫)の法人活動内容

社会教育団体(青少年育成・子育て支援・生涯学習・中間支援)

SHOSAPO( 生涯学習サポート兵庫)のボランティア募集

SHOSAPO( 生涯学習サポート兵庫)の職員・バイト募集