こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. ADYF 一緒にフィールドワークをし、アジアの社会問題・知る大切さを伝えよう!

更新日:2017/06/05

ADYF 一緒にフィールドワークをし、アジアの社会問題・知る大切さを伝えよう!

ADYF アジア開発学生会議
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「ADYF アジア開発学生会議」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

b8ed8f3191-member_international_recruiting_46187main.jpg

ADYFはアジアの途上国の社会問題に関し、国内と現地でリサーチし、発信する団体です!

活動テーマ
活動場所

東京大学駒場キャンパス

必要経費

無料

渡航費 1回7万程度 リサーチ費用は支給

活動頻度

週0〜1回

募集対象

社会問題や、知ることの大切さを伝えようという意思がある人
発信啓発系の大きなイベントを行ってみたい人
途上国に関するコラムや記事、旅行記を書きたい人
アジアの途上国の社会問題に興味がある人
途上国で本気で、自由に、フィールドワークをやってみたい人

注目ポイント
  • ボランティアではなく、リサーチ・発信に特化した団体です!
  • 自分達で自由にリサーチ・フィールドワークの中身を決められます。
  • 数百人規模の数々の大きなイベントも運営できます‼
対象身分/年齢
募集人数

28名

募集詳細

貧困とは何でしょうか?

色々な考え方があると思います。お金がない、ご飯がない、ものがない、将来がない。しかし、これらを貧困と一くくりにしていいのでしょうか?そんな状態でも、毎日を楽しく強く生きている人々を見てきました。僕らが貧困という概念を押し付けているのではないか。

では、支援とは、開発とは、何でしょうか?考えるほど分からなくなります。正しいのか正しくないのか。

しかし、問題は、これらや人々について深く知ろうともせず、考えようともせず、ただそれとして、自分達の考え、エゴを押し付けて、世界が回っていることです。学生団体もそう、企業もそう、国もそう。これから君達、僕らもそうなるかもしれない。そうなのかもしれない。

やっていることは、現地の実情、ニーズ、文化に合っているのか?押し付けではないのか?無責任じゃないのか?

社会を作るそれぞれの人には、それぞれの物語があります。それを無視していないでしょうか?

そこで、ADYFは、"支援する前にまず知る、そして伝える"、を理念に、自分がなにか行動する前に、自分の目で耳で肌で知ることを第一の目標とし、調査者の責任として、僕らができる助けてくれた現地の人への恩返として、それらを、知ることの大切さを人に伝えることで、よりよい支援、社会の実現を目指しています。

具体的には、国際協力をやっている学生団体にアドバイスをしたり、大きなイベント(グローバルフェスタ、合同報告会、文化祭、報告会)主催・参加して、参加する学生に社会問題、国際協力そのものについて考えてもらったりしています。それ以外にもオンライン上で情報を発信し、社会問題・途上国に興味を持ってもらえるよう活動しています。

現在はインドネシアでフィールドワークを行っています!

  • 715a2a5f0d-CIMG3348.JPG

    モンゴルの小学校でのインタビュー

  • 45366204a2-received_336058949918879.jpeg

    ミャンマー農村でのインタビュー

  • f46aacdf62-member_international_recruiting_46187sub3.jpg

    20団体合同報告会

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

リサーチや、勉強会の時は真面目ですが、それ以外のご飯の時や、国内旅行、現地での観光の時はとても楽しく和気あいあいと活動しています!

優秀だったり、面白い人だらけなので、飽きずに活動できますよ!

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

ADYF アジア開発学生会議

代表者

石井沙知香

設立年

2004年

法人格

未設定

ADYF アジア開発学生会議の法人活動理念

<Vision>

アジアの未来を担うユースを育成し、輩出する。
個人や団体の活動の糧となり、よりよい支援の実現に向けて牽引する。


<Mission>
  1. 自らフィールドワーク、リサーチを通して知り、学べる場となる。
  2. 関わった人々に還元できる活動を行う。
  3. 学生や一般人が知り、関わるきっかけになる。その手助けをする。
  4. 学生団体の活動の糧となる。知る大切さを伝える。
  5. 最も自由なフィールドワークを目指す。

ADYF アジア開発学生会議の法人活動内容

ADYFの3つの魅力

一つ、自由なフィールドワーク
何にも縛られず、自分達で好きなテーマで好きなように計画を立て、実際に現地でフィールドワークを行える。挑戦と創造ができること。そのサポートもします。

二つ、学ぶバックパッカー
リサーチとして、知識をもって現地に行くことで、ただの旅では見えなかった世界が見え、経験し得ない経験ができること。
そして、国が決まってないので、様々な国に行けること

三つ、学生団体としての活動

ADYFは学生団体です。理念のために、一人で自由に企画、実行、運営したり、他団体との交流と協力ができます。そういう場を提供します。失敗と成功といった経験を積めるでしょう。学生団体だからこそできることです。そういった、学生団体としての活動をしたい学生も求めています。ADYFは共に知り、行動し、成長する場です。


なにか始める前に、まず、一緒に、知り、悩み、伝えていきましょう。

ADYF アジア開発学生会議のボランティア募集

ADYF アジア開発学生会議の職員・バイト募集