こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 『人生はサバイバル!!』ユースシンポジウム2015 参加者募集!

    更新日:2015/09/27

    『人生はサバイバル!!』ユースシンポジウム2015 参加者募集!

    公益財団法人京都市ユースサービス協会
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    6e1ef46732-omote.jpg

    若者の生き方を本気で語り合う場です。葛藤・価値観にスポットをあてます。

    活動テーマ
    • 少子化
    • 教育格差
    • NPO支援
    開催場所
    • 京都

    京都市下京青少年活動センター

    必要経費

    無料

    無料(31歳以上の方は500円)

    募集対象

    もやもやしている人、今後の生き方に迷いがある人、いろんな価値観に出会いたい人、誰かと語り合いたい人、本気で困っている人、自分の思いを伝えたい人、
    若者のリアルを知りたい大人 など

    注目ポイント
    • 年に1度のチャンスです!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 高校生
    募集人数

    100名

    募集詳細

    京都市では,青少年に関する問題を幅広く議論し,青少年への支援活動を促進することを目的に,毎年「ユースシンポジウム」を開催しています。


    この度,「人生はサバイバル!」をテーマに,下記のとおりシンポジウムを開催しますので,お知らせします。
    若者との対話,若者からの発信。世代を超えてともに築く交流の場。等身大の若者に出会い,若者が生きていく社会を一緒に考えてみませんか。多数の参加をお待ちしています。

    1 日時
    平成27年9月27日(日曜日)午前10時~午後5時30分(午前9時30分~受付開始)

    2 会場
    京都市下京青少年活動センター(京都市下京区川端町13)

    3 内容
    (1)第1部 対談会(午前10時~正午)
    ゲストの若者が自分の人生をどのように決めて選び取ってきたのか,価値観をベースに対談します。


    (2)第2部 トークフリマ「reconsider:本当の自分」(午後1時~午後4時30分)
    出展者と来場者が,それぞれの"サバイバル"について対話をする場です。

    (3)第3部 交流会(午後4時30分~午後5時30分(自由参加))
    参加者とスタッフやゲストが交流し,情報交換を行います。


    4 定員
    100名(先着順)


    5 対象
    青少年・青少年支援に関わる方(原則第1部・2部通し参加)


    6 参加費
    30歳までの方:無料 31歳以上の方:500円


    7 主催
    京都市,公益財団法人 京都市ユースサービス協会


    8 後援
    京都市教育委員会,人づくり21世紀実行委員会,株式会社エフエム京都


    9 申込み方法
    9月1日から,電話,FAX,Eメールのいずれかの方法で,催し名,氏名,電話番号,年齢をお知らせいただき,お申し込みください。


    ※ 定員に満たなかった場合は,当日の申込みも受け付けます。


    <申込先>
    公益財団法人 京都市ユースサービス協会
    電 話:075-213-3681
    FAX:075-231-1231

    Eメール:

    • 7bc60d69ac-fb.jpg

      第2部 トークフリマ

    体験談・雰囲気

    このイベントの体験談

    報告書はこちらから


    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 短時間でも可
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    公益財団法人京都市ユースサービス協会

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    理事長 安保 千秋

    設立年

    1988年

    法人格

    公益財団法人

    京都市ユースサービス協会の法人活動理念

    1. 青少年が自分の本来持っている力を損なわれることなく伸ばしていけるように支援をします。

    2. 青少年が問題を抱えた時や必要を感じた時に課題を自ら乗り越えたり解決していくための力を獲得できるような支援をします。

    3. 青少年が市民社会の一員として参画し、役割を担っていけるための経験の機会を提供します。

    4. このような課題に対するユースサービスの事業が社会的な認知を拡大していくための活動を行います。

    京都市ユースサービス協会の法人活動内容

    ◎支援する

    ・青少年の社会参加促進事業

    ・プレイパーク事業

    ・青少年の居場所作り事業

    ・相談事業

    ・就労支援事業

    ・場所提供

    ◎つなげる

    ・指導者・ボランティア養成事業

    ・地域参加ののためのリーダーバンク事業

    ・青少年の交流促進事業

    ・資源を活かした協力・共催事業

    ◎伝える

    ・情報収集・提供・広報事業

    ・ユース・サービスの啓発

    ◎深める

    ・調査・研究

    ・研修事業

    京都市ユースサービス協会のボランティア募集

    京都市ユースサービス協会の職員・バイト募集