最終更新から1年3ヶ月以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

  1. 【開始日・参加期間自由】ネパールで学校建設 復興支援プロジェクト 

    更新日:2017/04/26

    【開始日・参加期間自由】ネパールで学校建設 復興支援プロジェクト 

    プロジェクトアブロード
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    10cea81adf-Kohshi_Hayakawa__Japan_.jpg

    世界中から集まるボランティア仲間と共にこの国の復興に携わろう!

    活動テーマ
    活動場所
    • ネパール

    カトマンズ周辺

    必要経費
    • 214,500〜500,000円

    ※参加費用は期間・活動国・プロジェクトにより異なります。

    【参加214,500費用に含まれるもの】
    ・現地滞在費
    ・食費
    ・海外保険
    ・空港送迎
    ・渡航前・渡航後のサポート
    ・滞在中における現地スタッフからのサポートなど

    【参加費用に含まれない物】
    ・往復航空券
    ・ビザ申請費用
    ・予防接種
    ・現地で観光される際に必要な費用など

    ※参加費用は期間・プロジェクトにより異なりますので、詳細は弊社ウェブサイトの参加費用の項目をご覧ください。

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    募集対象

    海外災害復興支援に興味のある方

    注目ポイント
    • 世界中の仲間と共にネパールの復興を支援!
    • 英語漬けの毎日で英語力UP
    • ホームステイを経験しNEPAL文化も満喫
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア

    募集詳細

    2015年4月に発生したネパールでの大地震により多くの人が多大なる被害を受け、今もなお大変な生活を余儀なくされています。プロジェクトアブロードで は、ネパールの一日でも早い復興を願い同年6月8日よりこの国の復興に向けて取り組んできています。世界各国から集まるプロジェクトアブロードのボランティア仲間と共に、この国の復興活動に携わりませんか?


    参加開始日、期間ともに自由選択!学校やアルバイトのお休みに合わせて参加できます。

    参加にあたり資格、経験、語学力は問いません。

    ボランティア活動をしながら国際交流の機会も得られる、学生のみなさんにとって得るものの多い活動となること間違いナシ!


    アナタだけの忘れられない経験をしに飛び出してみよう!

    詳細はこちらでチェック→

    • 480f3b11ab-Nepal_DR_JP_volunteer.jpg
    • f50b1af639-nepal_DR.jpg
    • dfb73bda6b-nepal_DR.jpg

      世界中から集まった仲間たち

    • 82a08a309b-nepal_DR_23-07-2015.jpg

      自分ができることを率先してやります

    • 27f67dcc98-Miki_Watanabe__2_.jpg

    体験談・雰囲気

    この海外プログラムの体験談

    Misa

    "毎日が刺激的でスペシャルだったので、何が最も有意義だったかとは順位がつけられません。でも英語がほとんど話せない自分にとっては、そういう英語だらけ、そして日本人以外の世界各国の方々と交流しながら同じ目的を達成させること、それがとても自分にとっては大きなことです。地震の復興がしたくて、ネパールに行きやりたかったことをやらせてもらった上に、ケアワークでエイズの孤児の子どもと接する1日ができて、貴重な経験でした。ぜひ、世界中のもっともっと多くの人達にプロジェクトアブロードの存在を知っていただき、もっとたくさんの参加者が増えればいいのにと思います。大げさじゃなく本当に今回のプロジェクトアブロードでの経験は自分の人生において最高の宝物になっています。今回は英語ができず悔しい思いはしたけど、悲しい思いはしなかった。みんな温かかったし、言葉通じないのに心が通じていつも笑顔でいれました。日本人だし英語話せないって不安だったけど、それを振り切って参加してよかったです。世界中に同じ熱いハートをもった仲間ができてうれしいです。"


    Miki

    "国を超えて参加者で学校建設を少しずつ進めていけたことはとても貴重な体験でした。英語を話せなくても、参加したい意欲があれば一度行ってみて実際の目で見てほしいです。"


    Kaori

    "チームワークの大切さを改めて学びました。言葉が通じにくくても、周囲を見渡すことで誰が何を必要としているか、次の作業に必要な物の準備をいつも考えて、時間のロスがないように取り組みました。また作業をしやすい様に分担しながら、皆が活動していました。英会話に支障があるのは、日本人の私だけだろうなぁと思っていたところ、他国の方も同じ様な状況でした。お互い頑張ろうと励ましつつ、二人の会話は、地面に絵を書きながらしていました。今となっては、良い思い出です。"


    Hiroyuki

    "外国の仲間ができたこと、そして現地の文化に触れられたことがよい経験でした。"

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    企業情報

    Square tiny 1 author image 582user
    Square small 1 author image 582user

    プロジェクトアブロード

    代表者

    ピーター・スロウ

    設立年

    1992年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    プロジェクトアブロードの企業活動理念

    アジア、アフリカ、中南米、東欧、南太平洋の30ヵ国でボランティアプロジェクトを展開しています。

    ケア、教育など子ども達に関わるプロジェクトや自然保護区での環境保護をはじめ、マイクロファイナンスやジャーナリズムなどの本格的海外インターンシッププロジェクトも運営しています。

    私たちが行っているプロジェクトがもたらす意味は、現地に貢献すること、そして新しい文化を直に体験し理解すること、この二つに限ります。プロジェクトを通しての異文化理解は、その後の将来を設計する上でとても貴重な経験となるでしょう。

    プロジェクトアブロードの企業活動内容

    【ボランティア】

    ・チャイルドケア

    ・教育(英語・日本語など)

    ・環境保護

    ・建築(復興支援も含む)

    ・スポーツ

    ・農業

    【インターンシップ】

    ・マイクロファイナンス

    ・国際開発

    ・ジャーナリズム

    ・医療

    ・公衆衛生

    ・法律・人権

    ・ビジネス

    プロジェクトアブロードのボランティア募集