1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【今年度の講座終了致しました。】チャイルドラインとんだばやし 次年度も開催予定。

【今年度の講座終了致しました。】チャイルドラインとんだばやし 次年度も開催予定。

特定非営利活動法人チャイルドラインとんだばやし
  • 活動場所

    大阪 (【講座会場】富田林市人権文化センター大阪府富田林市若松町近鉄長野線「富田林」駅より徒歩5分です。)

  • 必要経費

    1,000〜6,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

  • 活動頻度

    応相談

基本情報

私達は、全国フリーダイヤルで毎日午後4時から9時まで、18歳までの子供からの電話・オンラインチャットを受けているチャイルドラインの登録団体です。
来年度も講座を予定しております。

活動テーマ
活動場所

【講座会場】
富田林市人権文化センター
〒584-0024 大阪府富田林市若松町1-9-12
近鉄長野線「富田林」駅より徒歩5分です。

必要経費
  • 1,000〜6,000円

全講座9回受講、6000円。学生半額、3000円。
単発受講1講座1000円。

活動日程

10/21、10/28、11/11、11/18、12/2の各土曜日に実施。
1日につき午前と午後に2講座程度、時間は日によって多少前後しますが午前10時〜昼食休憩をはさみ、午後4時頃まで。

活動頻度

応相談

募集対象

本年度の養成講座は終了致しました。ご覧いただきありがとうございました。
来年度も開催予定ですので、よろしくお願い致します。
電話の受け手としては活動出来ないけれど興味がある方、活動の応援をして頂ける方等、チャイルドラインのボランティア活動についてお聞きになりたい事など、いつでもお問合せご質問お待ちしております!

定員20名。
全9回講座で単発受講も可能です。
受講後チャイルドラインとんだばやしで活動するためには、全講座を受講することが必要です。欠席は2回以下で、その場合は補講とレポート提出が必要です。全講座修了者には修了証書を発行します。
全講座修了者はインターン活動後面談を経て、電話の受け手として活動することができます。チャイルドラインとんだばやしでは、現在毎週月曜日の午後4時から9時に電話を開設しており、月に2回程度・1回約3時間、富田林市内の電話開設場所にて電話を受けていただきます。別の曜日にはオンラインチャットも開設しています。

注目ポイント
  • 虐待、いじめ、自死、人間関係、孤独、ストレス…年々子供たちの不安も増大しています。子供たちが抱えている不安や悩み心配事だけでなく、うれしさや楽しいこと、ただ何となく誰かと話したい…など、子供の思いを受け止め、子どもと一緒に考え、子供自身が自己決定てきるようにサポートしています。子供が安心して誰かとつながりホッとてきるような心の居場所を一緒に作りませんか。
対象身分/年齢
募集人数

20名

特徴
応募画面へ進む

募集詳細


【申込み、問い合わせ先】

特定非営利活動法人チャイルドラインとんだばやし

事務所 〒584-0024 大阪府富田林市若松町2-3-2-303

電話 080-1415-3699(担当・石川)月火水10:00〜13:00、木金土10:00〜18:00 FAX 072-202-7144

メールでの申込みも可能。お問合せ下さい。


【各講座内容】

10/21㈯ ①10:30〜12:30 ようこそチャイルドラインへ 講師(敬称略)石川育子(NPO法人チャイルドラインとんだばやし理事長)

②13:30〜16:30 子どもの権利条約と子ども基本法 甲斐田万智子(国際子ども権利センター代表理事)


10/28㈯ ③10:00〜12:00 思春期の性と生 北野真由美(NPO法人えんぱわめんと堺理事長)

④13:00〜15:00 デートDV防止 堀口博子(NPO法人えんぱわめんと堺理事)


11/11㈯ ⑤10:00〜12:00 多様な性 LGBTQ+ ゆいにゃん・サルヴァドーレ・忍者(服部唯)&服部恵美

⑥13:00〜15:00 子ども・若者の貧困 谷川うり(NPO法人ゲキトモエンターテインメント代表理事)


11/18㈯ ⑦10:00〜12:00 子どもの虐待 現状と対応 濱家敦子(認定NPO法人児童虐待防止協会 電話相談担当理事)

⑧13:00〜16:00 自死予防〜死にたい気持ちに寄り添う〜 北条達人(認定NPO法人国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター理事長)


12/2㈯ ⑨10:00〜12:00 実践ロールワーク、修了式 NPO法人チャイルドラインとんだばやしスタッフ


主催 特定非営利活動法人チャイルドラインとんだばやし 後援 富田林市、富田林市教育委員会

応募画面へ進む

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:10%、女性:90%

応募画面へ進む

法人情報

特定非営利活動法人チャイルドラインとんだばやし

“チャイルドラインは子どもの権利条約の理念に基づき、子どもの声を聴き、その気持ちに寄り添う活動です。”
代表者

石川 育子

設立年

2022年

法人格

NPO法人

チャイルドラインとんだばやしの法人活動理念

チャイルドラインは子どものチカラを信じています。お説教抜き、押し付け抜きで、子供の声を本気で聴き受け止めることにより、子どものチカラを育み、子ども自身が考え、自己決定できるように支援しています。

チャイルドラインは子どもがありのままで安心できる心の居場所を作ります。

誰かと話す、たったそれだけで心がホッとする。

自分に気づいてくれる誰かがいる、たったそれだけでチカラが湧いてくる。

友達にも家族にも言えない。我慢しているこの気持ち、本当は言いたい、分かってほしい。

そんな心の中の思いを聴かせてほしい。ただ何となくでもいい。つながりたい。

活動実績

2001年
チャイルドラインとんだばやし実行委員会発足。第1期ボランティア養成講座開講。

2001年

チャイルドラインとんだばやしのボランティア募集

チャイルドラインとんだばやしの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む