1. 社会福祉法人 横浜やまびこの里紹介ページ

社会福祉法人 横浜やまびこの里紹介ページ

更新日:2018/01/21

社会福祉法人 横浜やまびこの里

  • 基本・詳細情報
  • ボランティア/
    インターン募集 0件
  • 職員/バイト
    求人/採用情報 0件

社会福祉法人 横浜やまびこの里の団体基本情報

団体名

社会福祉法人 横浜やまびこの里

法人格

社会福祉法人

HPのURL http://www.yamabikonosato.jp/
代表者

八島 敏昭

設立年

1989年

住所

神奈川県横浜市都筑区東山田町270番地

電話番号

045-591-2728

fax番号

045-591-2768

社会福祉法人 横浜やまびこの里の財政情報

財政概要

◯2015年度:
総収入額:1,650,316,519円,総支出額:1,628,976,233円

直近年度の財政規模

5億円以上

※財政規模5億円以上であるこの団体は、activoのデータベースでは10192団体中、上位2536団体に入っています。非常に規模の大きい団体です。

社会福祉法人 横浜やまびこの里の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

355名

(常勤)職員数

0名

(非常勤)職員数

0名

(有給常勤)職員数

0名

(無給常勤)職員数

0名

(有給非常勤)職員数

0名

(無給非常勤)職員数

0名

役員数

9名

(有給常勤)役員数

2名

(無給常勤)役員数

0名

(有給非常勤)役員数

2名

(無給非常勤)役員数

5名

※組織規模300人以上であるこの団体は、activoのデータベースでは11202団体中、上位520団体に入っています。非常に規模の大きい団体です。

社会福祉法人 横浜やまびこの里の詳細な情報

会計基準

NPO,公益法人,社会福祉法人,企業,以外の会計基準

FAXの連絡可能時間

8時45分~17時30分

関連ページ URL http://www.yamabikonosato.jp/honmoku/
閲覧書類URL http://www.yamabikonosato.jp/img/account_h23.pdf

横浜やまびこの里の法人活動理念

この社会福祉法人(以下「法人」という。)は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。(1) 第一種社会福祉事業(イ)障害者支援施設東やまたレジデンスの設置経営(2) 第二種社会福祉事業(イ)障害福祉サービス事業(東やまた工房、東やまたレジデンス、ポルト能見台、まろんワー クス、リンク、 ハウスBEE、ハウスヒルサイド、ヘルパーセンターやまびこ、 ワークアシスト)(ロ)相談支援事業(東やまたレジデンス)(ハ)移動支援事業(ヘルパーセンターやまびこ)(ニ)老人デイサービス事業(東山田地域ケアプラザ)(ホ)老人介護支援センター(在宅介護支援センター東山田地域ケアプラザ)の受託経営(ヘ)老人デイサービス事業(横浜市本牧和田地域ケアプラザ)の受託経営(ト)老人介護支援センター(在宅介護支援センター横浜市本牧和田地域ケアプラザ)の受託 経営

横浜やまびこの里の法人活動内容

<障害福祉事業部>自閉症者・発達障害者を中心に通入所施設・相談事業所・ヘルパー事業所の運営をおこなっています。「東やまたレジデンス」は横浜市内の行動障害を伴う重度の障害方が利用している入所施設です。各ユニットに居室(個室)、リビング、キッチン、バス、トイレなどを完備するユニットケア、日中活動場所を別棟にする“職住分離”が特徴です。入所施設利用者の他にも、ケアホームやご自宅からの通所利用者の受入れもおこなっており、都筑区内7カ所のケアホームのバックアップ施設にもなっています。「東やまた工房」・「まろんワークス」・「YOU」・「リンク」・「アイテック」は横浜市北部・西部方面に居住されている方が利用されている生活介護事業所です。自閉症の特性に配慮した個別支援をおこない、一人ひとりの能力や好みに応じた作業などの活動をおこなっています。また、「ポルト能見台」は横浜市南部方面に居住されている方が利用されている生活介護事業所で、金沢・磯子区内のGH2カ所のバックアップもおこなっています。市内12カ所(都筑区10カ所・磯子区1ヵ所・金沢区1カ所)にあるケアホームは4~6名の定員です。入所施設からの退所者も含め、行動障害を伴う重度の障害を持つ方も居住できるよう、常勤職員を中心に手厚い職員配置をしています。利用者の方は、日中は生活介護事業所を利用する方がほとんどですが、中には就労されている方もいます。就労支援事業「ワークアシスト」はこれまでおこなってきた就労支援のノウハウを引き継ぎ、今年度に開設した就労移行事業所です。実際の職場を想定した就労支援をおこなっています。また、H25年度から横浜市から事業受託を受け、事業開始した「横浜日吉就労支援センター」は、障害の種別を問わず企業就労を目指す方たちへの就労相談をおこなっており、「ジョブコーチ事業」も実施しています。相談支援事業「横浜市発達障害者支援センター」は、発達障害者支援法に基づき横浜市に設置されている相談事業所です。生活・心理・就労に関する発達障害者の方や関係者・関係機関からの相談を受けています。必要に応じ関係機関へのコンサルテーションをおこない、発達障害に関する広報啓発活動もおこなっています。学齢後期発達相談室「くらす」は横浜市から学齢後期障害児支援事業の受託を受け、学齢後期(中学生・高校生年代)の発達障害児を対象にした相談事業をおこなっています。また、「東やまたレジデンス」では計画相談も実施しています。<高齢者福祉事業部>「東山田地域ケアプラザ」(横浜市都筑区)・「横浜市本牧和田地域ケアプラザ」(横浜市中区)では、地域福祉の拠点として、高齢者ディサービス事業(介護予防通所介護事業を含む)、居宅介護支援事業、介護予防支援事業、地域包括支援センター事業、地域活動交流事業等をおこなっています。地域ケアプラザは「横浜市地域ケアプラザ条例」にもとづき、「市民の誰もが住み慣れた地域において健康で安心して暮らせるように、地域の福祉活動や保健活動を支援するとともに、福祉・保健サービスなどを身近な場所で総合的に提供する」ことを目的に設置されています。

横浜やまびこの里の注目検索ワード

横浜やまびこの里に関連する団体

横浜やまびこの里の概要ならactivo!

横浜やまびこの里の概要(HP http://www.yamabikonosato.jp/ 住所神奈川県横浜市都筑区東山田町270番地 電話番号・TEL 045-591-2728)や代表者(八島 敏昭氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(その他)、関連する社会問題 (発達障害, 更生)、横浜やまびこの里が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!