1. 任意団体 青函連絡船史料研究会紹介ページ

任意団体 青函連絡船史料研究会紹介ページ

更新日:2018/01/21

任意団体 青函連絡船史料研究会

  • 基本・詳細情報
  • ボランティア/
    インターン募集 0件
  • 職員/バイト
    求人/採用情報 0件

任意団体 青函連絡船史料研究会の団体基本情報

団体名

任意団体 青函連絡船史料研究会

法人格

任意団体

代表者

大神 隆

設立年

2012年

住所

東京都江戸川区南小岩7-5-16 プラネット・スクエア3F 大神方

任意団体 青函連絡船史料研究会の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

5名

※組織規模1~5人であるこの団体は、activoのデータベースでは11202団体中、上位11019団体に入っています。

青函連絡船史料研究会の団体活動理念

青函連絡船の終航後四半世紀を経過して、当時運航に携わった関係者の高齢化、当時の資料・記録類の散逸などにより薄れつつある鉄道連絡船の当時の姿を紹介する機会を設け、より多くの人々に鉄道連絡船という切り口で「船」についての情報・知識を提供し、海事思想の普及の一助となることを目的とします。

青函連絡船史料研究会の団体活動内容

【青函連絡船を中心とした鉄道連絡船に関する講演会の開催】船の科学館との共催で、同館において「青函連絡船講演会」を年2~3回のペースで開催。青函連絡船を中心とした鉄道連絡船の歴史や当時の運航の実態、エピソードなどを、元乗組員を中心に講演するとともに、青函連絡船で飾られていた飾り毛布の実演、当時の資料の展示などを行っています。【鉄道連絡船に関する史料の収集、散逸防止、保全活動】青函連絡船の終航後四半世紀を経過して、当時の資料、記録などの散逸、劣化などが進んでいる現状に対し、資料、記録類を収集保存して散逸防止を図る活動を行っています。同時に、劣化した史料の修復や、当時の資料は、多くが「青焼き」で作成されているため、図面、記録などをスキャンして電子媒体に記録する作業を行っています。【鉄道連絡船に関する研究活動】公式記録に残されていない事項や運航の実態、運航におけるエピソードなど、鉄道連絡船の裏面史を含めて広範に聞き取りや資料収集を行い、また、収蔵資料の調査解析を行っています。【鉄道連絡船に関する情報の提供活動】新聞社、放送局や市井の連絡船研究者、連絡船に興味のある人々からの質問や調査依頼に対して各種の情報提供や調査報告などを行っています。

青函連絡船史料研究会に関連する団体

青函連絡船史料研究会の概要ならactivo!

青函連絡船史料研究会の概要(HP 住所東京都江戸川区南小岩7-5-16 プラネット・スクエア3F 大神方 電話番号・TEL )や代表者(大神 隆氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, スポーツ・アート・文化, 中間支援, その他)、関連する社会問題 、青函連絡船史料研究会が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!