1. 一般社団法人 中央ライフ・サポートセンター紹介ページ

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンター紹介ページ

更新日:2018/01/21
Mainvisualdefault
Avatar

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンター

  • 基本・詳細情報
  • ボランティア/
    インターン募集 0件
  • 職員/バイト
    求人/採用情報 0件

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンターの団体基本情報

団体名

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンター

法人格

一般社団法人

HPのURL http://clsc.web.fc2.com/
代表者

遠藤 昌男

設立年

2010年

住所

群馬県前橋市上泉町1852番地5

電話番号

027-269-2501

fax番号

027-269-2593

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンターの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

6名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは10312団体中、上位8390団体に入っています。

一般社団法人 中央ライフ・サポートセンターの詳細な情報

FAXの連絡可能時間

8時30分~17時00分

関連ページ URL https://www.facebook.com/clsc.org/

中央ライフ・サポートセンターの法人活動理念

CLSCの活動は、本業を通じた社会貢献活動の普及を目指しています。食品を寄付していただく企業の皆様はもちろん、寄付された様々な食品を工夫して給食で活用する福祉関係者や規格外食品の流通を担う物流企業も、それぞれ本業を通じた社会貢献を実践していただいています。

中央ライフ・サポートセンターの法人活動内容

CLSCの活動は、食品リサイクル法における発生抑制の観点から「国の施策と方向が一致する活動」と評価していただき、食品ロス削減の取組事例として紹介されています。消費者庁の「食べもののムダをなくそうプロジェクト」の専用ホームページ農林水産省の「食品ロス削減」のホームページ現在、食料を廃棄しないという取り組みは国際的な潮流になっています。昨年は「食料の損失・廃棄を削減すること」が、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)」や11月にトルコの開催された「G20アンタルヤ・サミット首脳コミュニケ」にも盛り込まれました。また、一部の国では法的措置で売れ残り食料の廃棄を禁止しています。国連で持続可能な開発目標(SDGs)アンタルヤ・サミット首脳コミュニケ食品ロスを減らす取組は、国を挙げて取り組むべき大きな課題です。日本では、世界全体の食料援助約320万㌧(2014年)を超える食べられる食品が、事業系の食品ロス(339万㌧:平成26年度推計)として廃棄やリサイクルされています。一般社団法人中央ライフ・サポートセンター(CLSC)では、この事業系の食品ロスを福祉施設(団体)に寄付して、処分される食品ロスを減らす活動に取り組んでいます。

中央ライフ・サポートセンターに関連する団体

中央ライフ・サポートセンターの概要ならactivo!

中央ライフ・サポートセンターの概要(HP http://clsc.web.fc2.com/ 住所群馬県前橋市上泉町1852番地5 電話番号・TEL 027-269-2501)や代表者(遠藤 昌男氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 環境・農業, 貧困・人権, 福祉・障がい・高齢者, その他)、関連する社会問題 (食)、中央ライフ・サポートセンターが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!