1. 特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会紹介ページ

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会紹介ページ

更新日:2019/08/22

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会の団体基本情報

団体名

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会

法人格

NPO法人

HPのURL https://www.acw2211.com/
代表者

西原 由美

設立年

2017年

住所

福岡県北九州市門司区葛葉二丁目7番7号

電話番号

093-322-5711

fax番号

093-322-5721

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会の財政情報

財政概要

◯2018年度:
総収入額:1,835,497円,総支出額:1,817,712円

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会の組織情報

(常勤)職員数

2名

特定非営利活動法人日本アニマルケースワーカー協会の詳細な情報

法人番号

6290805009012

会計基準

NPO法人会計基準

監査の実施

監事監査

日本アニマルケースワーカー協会の法人活動理念

この法人は、ペットを飼養する高齢者の家族及び高齢者福祉従事者に対して、ペット飼養に必要な知識の啓蒙活動事業及び緊急時のペット相談窓口設置や受け入れ機関設置などのペットサポート事業を行い、高齢者福祉の増進およびペット終生飼養の促進を図り、高齢者およびその家族が安心して生活できる社会福祉の発展及び動物愛護に寄与することを目的とする。

日本アニマルケースワーカー協会の法人活動内容

近年、自分自身ではペットの事で周りに迷惑をかけていると気付かないケースが多発しています。

まさか自分が病気になるとは思わなかった・急な入院で行き場の無い子達も増加しています。

その結果、多頭飼育崩壊等の問題へと繋がっており、動物愛護ボランティアでも介入し難い大きな社会問題へと拡がっています。

中でも、高齢者による多頭飼育崩壊も社会問題となっています。

多頭飼育ではなくとも、飼い犬や猫の行き場が無く飼い主の入院入所死去により行き場の無いペットがとても多いことに胸を痛めています。

高齢者の増加によりペットの飼育困難問題が全国的にまだまだ急増してくるはずです。
それは2025年問題でもあります。

そこで私共はケアマネ―ジャー、ソーシャルワーカー、家族様等の第三者からの相談窓口となり、大きな問題になる前に事前に対策を一緒に考えていきたいと思っています。

保護をしないといけないような緊急状況になると私共も保護頭数のキャパや質の問題ですぐに保護をすることは難しいです。

この【ペットの飼育困難問題】の解決策はこれしかありません。

それは【早期発見、予防】です。

この活動を全国へ広めることで1匹でも緊急保護案件が減るはずですので、アニマルケースワーカーの育成にも力を入れています。

緊急保護をした子達をもう二度と同じ不幸にさせない為に、独自のやり方で保護犬猫譲渡会も運営しています。

アニマルケースワーカーとは・・・
動物愛護精神に基づき、ペットを飼養する高齢者の家族及び、高齢者福祉従事者に対して、ペット相談窓口となりご本人様とペットが安心して暮らせるようにご家族様・周りの方も安心して見守れるように民間ならではの親身なアドバイスをします。

行政機関への持込み処分、安楽死等を削減し、ペットも人も生きる道を提案。

殺処分減へと社会貢献への寄与を目的とし活動しています。

人と人で尻尾付き動物たちを幸せにしたい。

皆様からの善意のご寄附で活動が出来ますのでどうかご協力よろしくお願い申し上げます。

日本アニマルケースワーカー協会に関連する団体

日本アニマルケースワーカー協会の概要ならactivo!

日本アニマルケースワーカー協会の概要(HP https://www.acw2211.com/ 住所福岡県北九州市門司区葛葉二丁目7番7号 電話番号・TEL 093-322-5711)や代表者(西原 由美氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(地域活性化・まちづくり, 環境・農業, 福祉・障がい・高齢者, 中間支援)、関連する社会問題 (動物愛護, 殺処分)、日本アニマルケースワーカー協会が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!