1. 社会福祉法人 てりてりかんぱにぃ紹介ページ

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃ紹介ページ

更新日:2019/05/14

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃ

  • 基本・詳細情報
  • ボランティア/
    インターン募集 0件
  • 職員/バイト
    求人/採用情報 0件

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃの団体基本情報

団体名

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃ

法人格

社会福祉法人

代表者

濱垣 誠司

設立年

2005年

住所

京都府京都市下京区恵美須之町534

電話番号

075-353-2145

fax番号

075-353-2165

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

15名

(有給常勤)職員数

1名

(有給非常勤)職員数

1名

(無給常勤)役員数

2名

(無給非常勤)役員数

13名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは11202団体中、上位9068団体に入っています。

※無給の割合が多いです。

社会福祉法人 てりてりかんぱにぃの詳細な情報

FAXの連絡可能時間

9時00分~19時00分

FAXの連絡可能曜日

月 火 水 木 金

てりてりかんぱにぃの法人活動理念

日本国憲法第25条には「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と定められています。その精神に則り、社会福祉法人てりてりかんぱにぃは精神保健福祉の環境を整備する事業を行うとともに、市民に対して、精神保健福祉の諸問題に関する理解と正しい知識の啓発活動を行い、精神保健福祉の向上に寄与することを目的とします。<理念>「誰もがこころを“てりてり”と輝かす笑顔あるまちづくり」・てりてりかんぱにぃは、であいを大切にし、それぞれが歩んできた人生と今を尊重し人に学びます。・てりてりかんぱにぃは、ひとりひとりの可能性を信じ、何度でも挑戦できる場を育みます。・てりてりかんぱにぃは、いのちときずなを守り、互いを認め合う地域の最良のパートナーとしてともに歩みます。・てりてりかんぱにぃは、こころとからだにやさしい豊かな環境づくりに貢献します。

てりてりかんぱにぃの法人活動内容

24年度の大きい事業は、社会福祉法人健光園あらしやま4階の地域交流スペース内「あの音」内で、「カフェジョイント・ほっと」が受託営業を始めたことだ。就労支援事業は、店舗運営、製菓作業の他に、京都ほっとはあとセンター「ぶらり嵐山」「ぴあ」での喫茶、京都市の「はあとフレンズストア」、生協店舗、病院、老人施設への菓子納入、企業販売がある。下京区役所や社会福祉協議会からの出張喫茶も請負い、少しずつ収入が増えている。就労支援では、男女1名ずつが職に就き、ジョイント・ほっとを卒業した。1日平均利用者数は15.4名、自立支援費等収入月額平均は約314万円、本年度の新規利用者は2名である。授産収入は月額約149万円であった。精神保健福祉士を育てる実習事業も11名を受け入れた。京都府の若者サポート支援事業「ユースアシスト」より、4名の実習生の職場実習を受け入れた。Ⅰ)法人理事・評議員会5/17 第1回理事会、評議員会:2011年度の事業報告・決算、2012年度の補正予算決議3/28 第2回理事会、評議員会:2012年度の事業計画、予算案承認Ⅱ)就労継続支援B型事業所の活動【月別利用者数と開所日数】月平均25.2日開所1日平均利用者15.4名【利用状況】利用回数/週5日:3名、4日:7名、3日:10名、2日:7名、1日:3名【年齢構成】男性12名、女性22名、平均年齢44歳【福祉事業】①利用者支援・3月、9月の定例面談において、自身の半期の目標達成について振り返り、次半期の目標を設定し、シフトの変更をスタッフとともに確認する。・ワーキング支援(各ユニットでの活動、個人ワーク、サブワーク、チェックイン・アウト、など柔軟な働き方の選択肢を提示)・必修研修:衛生研修、防災研修2回、年度末の荒木先生による全体「すてき講座」・選択研修:「すてき講座」の実施・個別相談、同伴受診、家庭訪問、入院先訪問、家族との相談を必要に応じて実施・2名の企業実習支援、1名のハローワーク同伴、企業面接(結果は不合格)・暑気払い、忘年会、新年会、スタッフ東京研修報告会&浪江焼きそば会食等イベント支援・「パソコン同好会」(隔週(木))で、パソコンに興味ある利用者のスキルアップ・平安高校、花園大学、京都大学医学部保健学科、下京こころのネットワークでの利用者講演② ボランティア、地域ネットワーク、市民交流・ボランティア:社会福祉専攻学生→龍谷大学大学院、龍谷大学、京都文教大学社会人→厨房、製菓、個人ワーク支援。実数8名・ギャラリー展示は、リピーターが多い。・通信「てりてり」:5月、8月、1月に発行、1300部印刷、約950部送付・ホームページ(ボランティア担当)、ブログ(利用者担当)、メルマガによる情報発信・開智学区イベント参加(祇園祭神輿、夏祭り、町内新年会)・デイサービスセンターくるみのお弁当作り・「ふくしまを忘れないで」キャンペーン実施。各種イベントにて、浪江焼きそば、福島関係のCD、グッズを販売して、売上金を福島県の特定の事業所に送る。【就労支援事業】カフェ・ジョイント・ほっと寺町」運営、「カフェ・ジョイント・ほっとあらしやま」受託運営菓子製造・販売・納入、他ワーキング①カフェの運営:寺町(月)~(土)週6日午前10時~午後4時(水は2時まで)営業1日の平均客数は32名、平均売上は約22,500円、繁忙期は10月、繁閑期は2月弁当受注が増えるあらしやま(木)~(月)週5日午前10時~午後4時30分1日の平均客数は平均売上約12,000円、繁忙期は春の花見時「喫茶ぴあ」での月2回の喫茶営業、「ぶらり嵐山」カフェでの春秋の出店菓子販売・納入:前年に引き続き、定例で、はあとふれんずストア、ライトハウス、府立医大病院生協、岩倉病院カフェイマジンに納入。10月にほっとはあとセンターを通じて、ライオンズクラブに大口納品した。一般企業4社、下京保健センター、民医連第二中央病院での販売。個別のギフト、結婚式引き出物、粗供養など。②利用者シフト利用者給料は8月まで時給370円、9月から380円利用者一人の月平均作業時間は29時間、平均月給は約12,000円8月満額3,500円、12月満額3,500円、年度末満額4,000円、のボーナス(額は出勤率による)③個別ワーキング・寺・個人宅・コインパーキングの掃除、洗車・体験談の講演、ジョイント・ほっと案内・サブワーク(地域子どもみこしの襷作成・手ぬぐい袋入れ、自店舗の箸帯・弁当用箸袋・お茶パック・クッキー袋作成)・その他、個人の特性に合わせた仕事

てりてりかんぱにぃに関連する団体

てりてりかんぱにぃの概要ならactivo!

てりてりかんぱにぃの概要(HP 住所京都府京都市下京区恵美須之町534 電話番号・TEL 075-353-2145)や代表者(濱垣 誠司氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(地域活性化・まちづくり, 福祉・障がい・高齢者, 中間支援, その他)、関連する社会問題 (自立支援, 食)、てりてりかんぱにぃが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!