1. 公益財団法人 日本国際交流センター紹介ページ

公益財団法人 日本国際交流センター紹介ページ

更新日:2018/01/21

公益財団法人 日本国際交流センターの団体基本情報

※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

団体名

公益財団法人 日本国際交流センター

法人格

公益財団法人

HPのURL http://www.jcie.or.jp
代表者

大河原 昭夫

設立年

1973年

住所

東京都港区南麻布4-9-17

電話番号

03-3446-7781

公益財団法人 日本国際交流センターの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

51名

※組織規模30~99人であるこの団体は、activoのデータベースでは8657団体中、上位4262団体に入っています。やや規模の大きい団体です。

日本国際交流センターの法人活動理念

日本国際交流センター(JCIE)は、国際関係や地球的課題、政治・経済・社会など幅広い政策課題をめぐり、日本と諸外国の相互理解と協力関係を促進し、国際社会の発展に寄与することを目的として1970年に設立された民間の事業型財団です。東京とニューヨークに拠点を置き、国際的な政策対話・共同研究や政策提言、各種交流プログラム、企業市民活動の推進やNPO・NGO支援など、非営利・非政府としての立場から幅広い国際交流事業を実施しています。

日本国際交流センターの法人活動内容

(公財)日本国際交流センターは4つの分野において活動しています。第一に日本の対外関係の強化では、変化する国際情勢や社会と価値観の変化に応じ、日本の対外関係を維持・強化するため、内外の政策決定者、研究機関・研究者との広範なネットワークを通じて、国際関係、地球的課題やアジア太平洋地域の課題について、政策共同研究と政策対話を推進しています。第二に人間の安全保障や地球的課題への貢献では、1990 年代末より、日本の外交政策の柱である「人間の安全保障」という政策概念の普及と具現化をはかってきました。近年は特に、人間の安全保障上の大きな課題であるグローバル・ヘルス( 地球規模の健康課題)を主要テーマに取り上げています。グローバル化に伴い感染症が国境を越えて拡大する速度が速まっていることに象徴されるように、人々の健康と命の問題は一国で対応できるものではなく地球的課題の一つとして対応が求められています。日本がグローバル・シビリアンパワーとして比較優位をもって貢献できるよう、多様なセクターの協力のもと、政策対話や共同研究など様々な事業を実施しています。三番目はシビルソサエティの推進と地域の国際化です。グローバル化と価値観の多様化に伴い、NPO・NGOや民間財団、日本の対外関係の強化では、企業など非政府のアクターが公益の担い手となりうる多元化した社会の実現が喫緊の課題となっています。JCIEでは、政府や企業から独立した非政府・非営利の組織である自身の経験を活かし、市民社会とフィランソロピーの推進、日本の国際化による地域活性化の推進の2つの領域で事業を行っています。四番目は政治・議会交流です。国際的な相互依存関係が進展する中で、国内政治と国際政治の領域はますます密接で不可分なものとなっています。政策決定に携わる政治家や議会関係者の相互理解を深め、協力関係を緊密化することは、二国間関係の安定と発展、また地球的課題への協力推進の観点からも、その緊急性が指摘されています。日本と諸外国の国会議員・連邦議会議員や地方議会議員、議員スタッフ、政党関係者の対話を推進し、信頼関係を基盤とした人的ネットワークの形成を目指しています。

日本国際交流センターの注目検索ワード

日本国際交流センターに関連する団体

日本国際交流センターの概要ならactivo!

日本国際交流センターの概要(HP http://www.jcie.or.jp 住所東京都港区南麻布4-9-17 電話番号・TEL 03-3446-7781)や代表者(大河原 昭夫氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(国際, 地域活性化・まちづくり, その他)、関連する社会問題 (国際交流)、日本国際交流センターが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!