1. 公益財団法人 青少年野外活動総合センター紹介ページ

公益財団法人 青少年野外活動総合センター紹介ページ

更新日:2018/07/10

公益財団法人 青少年野外活動総合センターの団体基本情報

※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

団体名

公益財団法人 青少年野外活動総合センター

法人格

公益財団法人

HPのURL http://yuai-no-oka.org/
代表者

田口 博康

設立年

1971年

住所

京都府城陽市寺田南中芝80

電話番号

0774-53-3566

fax番号

0774-53-8224

公益財団法人 青少年野外活動総合センターの財政情報

財政概要

◯2018年度:
総収入額:136,559,000円,総支出額:137,444,000円
◯2017年度:
総収入額:132,786,927円,総支出額:137,840,915円
◯2016年度:
総収入額:130,226,278円,総支出額:130,044,191円
◯2015年度:
総収入額:126,551,205円,総支出額:130,959,522円

公益財団法人 青少年野外活動総合センターの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

40名

(有給常勤)役員数

3名

(有給非常勤)役員数

1名

※組織規模30~99人であるこの団体は、activoのデータベースでは8980団体中、上位4389団体に入っています。やや規模の大きい団体です。

※有給の割合が多いです。

公益財団法人 青少年野外活動総合センターの詳細な情報

FAXの連絡可能時間

9時00分~17時00分

FAXの連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

団体ブログURL http://blog.canpan.info/gorigorinooka/
関連ページ URL 井手町野外活動センター大正池グリーンパーク 京都府立木津川運動公園
閲覧書類URL 公益財団法人青少年野外活動総合センター定款

青少年野外活動総合センターの法人活動理念

この法人は、野外における体験活動を通して、自然や人とふれあう機会を提供し、児童又は青少年の健全な育成を図ること、自然環境保全を行うことを目的とする。定款第3条より

青少年野外活動総合センターの法人活動内容

野外活動や青少年育成をおこなう事業1.青少年を主対象としたキャンプ事業、通年活動事業 四季折々の自然の中で行なうキャンプ事業は、幼児低学年を対象とするものから高学年、中学生を対象とするものなど、多数を展開する。大半の事業は、当法人が運営する野外活動や青少年育成のための施設である友愛の丘キャンプ場と、その周 辺をメインフィールドとするが、高学年事業は、近隣施設で行なうことも多く、遠く山や海へ出かける事業もある。 年間を通じた自然体験活動クラブ事業として、毎月1回開催の幼児を対象とした「リトルちきゅうくらぶ」、 低学年を対象とした「ジュニアちきゅうくらぶ」、高学年中学生を対象とした「パイオニアアドベンチャークラブ」、毎週土曜日に活動し、幼児低学年を対象とした「サタデーキッズクラブ」がある。また乳幼児とそ の保護者を対象とした森のようちえん事業「コキッズ倶楽部」も毎週水曜日に展開する。 2.親子などを対象とした野外活動体験の提供事業 当法人が運営する野外活動や青少年育成のための施設である友愛の丘キャンプ場と、協力施設である大正池グリーンパークをメインフィールドとして、来場する不特定多数を対象に、野外活動体験などを提供する。 毎週末に「自然体験プログラム」として自然観察会や、自然物をつかった工作の会などを催し、自然に親しみ 、親子や友人とのふれあいを深める場とすることを目的とする。年に1回、親子自然体験プログラムの実施を目的とした大きなイベントを、参加料無料で開催する。 また、青少年団体の要望に応じ、さまざまな体験活動を指導、提供し、より高度な活動体験や人間関係作りの 場を提供している。野外活動や青少年育成のためのボランティア、指導者を育成する事業1.キャンプカウンセラー(ボランティアスタッフ)育成事業 当法人が運営する子どもキャンプ事業、通年事業の補助スタッフとして育成する。大学生を中心とした年代の男女で構成される。個別の育成の他、組織としての育成にも注力し、年間を通じて活動する。また、当法人が運営する友愛の丘キャンプ場の整備作業にも、年間にわたって携わらせることによって、相互の関係を作り、フィ ールドを熟知し、自然理解、安全理解をより深め、様々な技術を習得できる。2.一般指導者の育成事業 他団体の実施するキャンプ事業などにおいても指導的役割を担える人材を育成することを目的に、中学高校生から一般の方を対象に、講習会やセミナー、研修キャンプを開催している。 夏休みと春休みに開催する中学高校生対象のリーダー養成キャンプ、(公社)キャンプインストラクター講習会 (日本キャンプ協会公認資格講習会)、冬季に開催する一般を対象とした指導者トレーニングのための長期キャンプなどを行なう他、随時に各種のセミナーを開催する。 3.野外活動や青少年育成、自然環境保全、人材育成に関する事業様々な実践活動に基づき、その成果を書籍等にまとめ、その成果を書籍等にまとめ、研修事業等で使用する他 広くホームページ上などで公開していく。本事業は取り組み開始したところであり、これか ら具体的な成果物を作成していく。京都府立木津川運動公園の指定管理事業 京都府立木津川運動公園は平成26年春より、当法人が運営している友愛の丘の隣接地に、山砂利採取跡地の自然再生、多くの府民の多様なレクリエーションニーズに応え、交流の輪が広がる公園などとして開園した。当法人は、その隣接する立地や地元での活動実績から、地域におけるネットワークや、友愛の丘施設や 近隣の森林などとの一体性に期待が持たれたことに加えて、野外活動に関する事業の提案力についても評価され 、指定管理者に選ばれた。 青少年から広く一般に至 るまでを対象として、自然再生の場として、自然環境保全活動の実践的な展開の場として、自然教育、環境教育 の展開の場として、そして府民参画の場として、誰にでも開かれた、特色のある公園管理、運営展開を目指している。野外活動や青少年育成のための宿泊施設、レクリエーション施設を提供する事業青少年野外活動総合センター本館と友愛の丘キャンプ場の施設運営を行い、宿泊や日帰りの利用を受け入れている。また、利用者のニーズに合わせて、野外活動の指導援助も行なっている。野外活動や青少年育成を行う団体と連携、協力する事業綴喜郡井手町にある井手町野外活動センター大正池グリーンパーク(NPO法人大正池環境サポートセンター運営)の運営に指導職員を派遣の協定を結び、協力している。

青少年野外活動総合センターの注目検索ワード

青少年野外活動総合センターに関連する団体

青少年野外活動総合センターの概要ならactivo!

青少年野外活動総合センターの概要(HP http://yuai-no-oka.org/ 住所京都府城陽市寺田南中芝80 電話番号・TEL 0774-53-3566)や代表者(田口 博康氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 環境・農業, 中間支援, その他)、関連する社会問題 、青少年野外活動総合センターが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!