1. アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶ紹介ページ

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶ紹介ページ

更新日:2020/05/26

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶ

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの団体基本情報

団体名

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶ

法人格

NPO法人

HPのURL https://ookinakabu.jimdo.com/
代表者

宇野 真由美

設立年

1999年

住所

東京都昭島市朝日町一丁目4番12号 マルマンビル201号室

電話番号

042-545-0890

fax番号

042-519-5891

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの財政情報

財政概要

◯2019年度:
総収入額:48,248,846円,総支出額:54,783,360円
◯2016年度:
総収入額:54,107,015円,総支出額:54,783,360円

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの組織情報

(常勤)職員数

7名

(有給常勤)職員数

3名

(有給非常勤)職員数

0名

役員数

6名

理事数

5名

監事数(合計)

1名

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの詳細な情報

法人番号

7012805000002

会計基準

NPO法人会計基準

監査の実施

監事監査

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの法人活動理念

本会は、市民によるたすけあいの理念に基づき、赤ちゃんからお年寄りまで生活の支援を必要とする人々に対し、保育・家事・介助・介護等の支援、調査研究、政策提案等の活動を行い、自らの生活を主体的に決定する市民自治によるまちづくりと地域福祉の増進に寄与することを目的とする。

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの法人活動内容

設立の趣旨である「老いても障害を持っても自分らしく住み慣れた昭島で暮らし続けられるようなまちづくり」を柱に、経営の基盤としての収益事業と、非収益事業として地域福祉増進のための地域活動を行っています。
<収益事業>
利用者の主体的な自己決定への支援、自立への意欲や機能向上につながる支援を基本に、ホームヘルプサービス事業(ACT自立援助、介護保険、障害福祉サービス)や介護保険の居宅介護支援事業(ケアプラン作成)が、それぞれの専門性を発揮し、利用者のより良い在宅生活継続への一翼を担っています。 
<非収益事業・・・市民と共に行う地域福祉増進事業>
地域福祉増進事業を、市民および関係機関と連携して、住み続けられる昭島・暮らしやすい昭島のまちづくりをすすめています。
・ミニデイサービス事業として、大きなかぶ事務所や地域の自治会館で「おしゃべり広場」(高齢者中心の集いの場)を定期的に開催しています。
・精神障害者デイサービス「グループモモ」でのボランティア活動を2004年10月より継続して行っています。
・認知症への理解を広める活動を、認知症キャラバンメイト資格を持つメンバーを中心に、昭島市・昭島市社会福祉協議会・地域包括支援センターと連携して実施しています。
<提言活動>
・福祉におけるまちづくりの視点からの様々な政策提案等を、関係諸団体と連携して国や市に行います。

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶに関連する団体

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの概要ならactivo!

アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶの概要(HP https://ookinakabu.jimdo.com/ 住所東京都昭島市朝日町一丁目4番12号 マルマンビル201号室 電話番号・TEL 042-545-0890)や代表者(宇野 真由美氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 福祉・障がい・高齢者, その他)、関連する社会問題 (保育)、アビリティクラブたすけあい昭島たすけあいワーカーズ大きなかぶが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!