1. ホーム
  2. 東京のNPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  3. 東京の国際系NPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  4. ガーナ農林工芸振興協会紹介ページ

ガーナ農林工芸振興協会紹介ページ

更新日:2018/06/12

ガーナ農林工芸振興協会の団体基本情報

団体名

ガーナ農林工芸振興協会

法人格

NPO法人

代表者

和田 洽史

設立年

2010年

住所

東京都東村山市富士見町一丁目7番地 都営東村山富士見第2アパート307

ガーナ農林工芸振興協会の詳細な情報

法人番号

1012705001667

ガーナ農林工芸振興協会の法人活動理念

西アフリカの木材輸出国ガーナ共和国では、年々森林資源が減少する一方で、排出される厖大なオガクズが、焼却や河川等への廃棄によって生態環境を劣化させている。本協会は、現地の志ある民間人と協同し、わが国の成型炭(オガ炭)製造技術を導入、オガ炭及び木炭の製造事業を設立する。オガクズを家事熱源のオガ炭に再生することで、伐採木材用途の90%以上を占める燃料材負荷を軽減し、森林資源保全に貢献する。
また本協会は、都市部で廃棄されているヤシガラ、プランティン茎皮等の厖大な植物質ゴミを炭化、熱源に再生する「都市型炭やきシステム構想」を推進するために、日本の炭やき技術による都市型炭窯を開発し、有機ゴミ再生システムのアフリカ・モデルを提案、啓蒙と普及を追求する。
また本協会は、新しい都市型炭やき技術の実習と木炭の基礎知識普及のために「製炭技術研修学校」の設立と運営を行う。都市型炭やきの普及は、木炭の有用性の啓蒙を伴いながら、木炭による下水浄化や土壌改良研究、あるいは木酢液による農業あるいはマラリア蚊撲滅処方の衛生研究と実験等々に波及するはずである。本協会は、そのための木炭化学研究機関創設への道筋を展望する。
本協会とガーナ民間人の提携による起業は、廃棄物から有用資源を生産するばかりでなく、この事業が森林資源保全につながること、あるいは木炭及び木酢液が衛生環境改善、農地の土壌改良に貢献することの意義をガーナ国民に、ひいては黒人アフリカ諸国民に啓発するだろう。本協会は、オガ炭製造の事業化が、衰弱した地方や都市部にささやかな雇用と活気をもたらすことも期待する。

ガーナ農林工芸振興協会に関連する団体

ガーナ農林工芸振興協会の概要ならactivo!

ガーナ農林工芸振興協会の概要(HP 住所東京都東村山市富士見町一丁目7番地 都営東村山富士見第2アパート307 電話番号・TEL )や代表者(和田 洽史氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(国際, 環境・農業, スポーツ・アート・文化)、関連する社会問題 、ガーナ農林工芸振興協会が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!