1. 特定非営利活動法人 あごらぴあ紹介ページ

特定非営利活動法人 あごらぴあ紹介ページ

更新日:2020/09/26

特定非営利活動法人 あごらぴあの団体基本情報

団体名

特定非営利活動法人 あごらぴあ

法人格

NPO法人

HPのURL https://agorapia.com/
代表者

山城 亨

設立年

2006年

職員数

17

住所

沖縄県那覇市松川445番地の2

電話番号

098-885-1739

fax番号

098-885-1739

特定非営利活動法人 あごらぴあの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

26名

(常勤)職員数

8名

(非常勤)職員数

9名

(有給常勤)職員数

8名

(無給常勤)職員数

0名

(有給非常勤)職員数

9名

(無給非常勤)職員数

0名

役員数

9名

(有給常勤)役員数

5名

(無給常勤)役員数

0名

(有給非常勤)役員数

1名

(無給非常勤)役員数

3名

理事数

7名

監事数(合計)

2名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは11219団体中、上位9085団体に入っています。

※非常勤の割合が多いです。

※有給の割合が多いです。

特定非営利活動法人 あごらぴあの詳細な情報

法人番号

3360005001640

会計基準

NPO法人会計基準

FAXの連絡可能時間

8時30分~17時30分

FAXの連絡可能曜日

月 火 水 木 金

あごらぴあの法人活動理念

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫し、まちづくりの推進を図る情報発信や講演会等による普及啓発を通して、地域との交流を図り、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的とする。

あごらぴあの法人活動内容

「ソーシャルハウスあごら」(那覇市地域活動支援センターⅢ型)カフェの営業を中心に、委託作業、フリースペースの活用など利用者とスタッフがともに活動できる場を作っています。一般の方も参加できる、様々なイベントや教室・交流会なども行っています。~重点課題~1.ソーシャルハウスあごらの利用者が安心して過ごせる居場所としての環境をつくる。2.ソーシャルハウスあごらでの仕事を通して、自信の回復と生活能力の向上を図り、やりがいを感じてもらえる場をつくる。上記の実現に向けて下記1~4を実践する。1工賃アップを実現する。※カフェの運営。※弁当事業の再開。※委託作業。※手工芸製品の製作・販売。2生活リズムを安定させるための支援を行う。※個人の状況にあったシフト体制をつくる。※自発性を促すプログラムつくり。※フリースペースの有効活用。※身近な相談所としての機能を強化する。3地域交流を通し、利用者の生活能力の向上を図る。※「あごらぴあクラブ」の活動を通した地域活動。※他の事業所への見学・研修・交流。※地域交流会の開催。※夕ご飯をつくろう会の開催。おやつをつくろう会の開催。※パソコン講座の開催。※ブログの配信。4その他※職員の資質向上のため研修会へ参加する。※十分な利用者支援を行える様、職員体制を整える。※助成金を活用して車両を購入する。「地域サポートあごらぴあ」(相談支援事業所)特定相談支援事業の業務を中心にして、障害福祉サービスの利用に係る「サービス等利用計画」を作成しています。利用者主体の、ニーズに基づいた「サービス等利用計画」を作成するよう心がけています。サービス利用開始後は、定期的に「継続サービス利用支援(モニタリング)」を行い「サービス等利用計画」の進捗状況を確認しながら必要な調整を行っています。行政窓口での手続きやハローワークへの相談、事業所の見学など、本人に同行してのサポートも行っています。現在の登録者数は104名。2015年2月より相談員を2名に増員して、事業運営の改善を図っています。利用者が必要とするサービスにアクセスし、十分な社会参加とそれぞれが望む地域生活が実現できるよう、業務に取り組んでいます。「はんたぴあ」(那覇市地域活動支援センターⅢ型)はんたぴあは、①利用者・スタッフ共にアットホームな雰囲気で”明るく・楽しく・元気よく”活動し、②地域(繁多川地区)に理解され開かれた場所になるよう、リサイクルショップの運営と、資源ゴミの回収を中心に日々活動しており、ショップの一部は気軽にゆんたく(おしゃべり)していく場として解放しています。2019年度は同じ繁多川地区にあるグループホームはんた家と連携し、初めてもちつき大会を開催しました。地域の中でも商店が並ぶ通りに面し、学校も近いことから、顔なじみの方が行き来しご挨拶するなかで、コミュニケーション力を伸ばし、信頼関係を築いていっています。もちろん仲間同士の会話やインターネットを楽しむ場としても大切な場所で、ゆっくりと作業や生活訓練をしながら社会参加を目指していきます。~重点課題~1.資源ゴミ(販売単価の落ち込み)に代わる新たな事業の構築2.コロナ禍で通所が難しい利用者への対応と新規利用者の受入3.利用者(地域の方を含む)の満足度の向上「就労支援あ・ん」(就労移行支援、就労移行継続B型)沖縄そばを中心とする、食品の製造・販売や地域役立ち隊などの就労支援事業。相談・生活指導の生活支援事業。仲間作りの場。「はんた家」(グループホーム)お互いのプライバシーを守りながら、数人で共同生活を送る支援をしています。3か所で13名の定員です。住み慣れた地域で安心して生活できるようなグループホームを目指しています。法人として、以上5つの事業所の運営を行っています。また、地域との交流(交流会の開催、あごらぴあクラブ)、他の団体や行政との協働・情報交換にも力をいれています。※「あごらぴあクラブ」について地域の方からの求めに応じて掃除や草刈りなどの《ちょっとしたお手伝い》を行っています。5つの事業所の枠を超え、全ての職員と利用者が参加し、一般の方と交流する貴重な機会となっています。

あごらぴあの注目検索ワード

あごらぴあに関連する団体

あごらぴあの概要ならactivo!

あごらぴあの概要(HP https://agorapia.com/ 住所沖縄県那覇市松川445番地の2 電話番号・TEL 098-885-1739)や代表者(山城 亨氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(地域活性化・まちづくり, 福祉・障がい・高齢者, 中間支援, その他)、関連する社会問題 (少子化, 高齢化社会, リサイクル, 食)、あごらぴあが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!