1. 宇都宮まちづくり市民工房紹介ページ

宇都宮まちづくり市民工房紹介ページ

更新日:2018/10/23

宇都宮まちづくり市民工房の団体基本情報

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

団体名

宇都宮まちづくり市民工房

法人格

認定NPO法人

HPのURL https://www.utshiminkoubou.org/
代表者

陣内 雄次

設立年

2005年

住所

栃木県宇都宮市平松本町561番地

電話番号

028-634-9901

fax番号

028-649-5366

宇都宮まちづくり市民工房の財政情報

財政概要

◯2018年度:
総収入額:28,905,050円,総支出額:28,486,000円
◯2017年度:
総収入額:30,065,020円,総支出額:29,366,015円
◯2016年度:
総収入額:28,155,142円,総支出額:27,512,279円
◯2015年度:
総収入額:28,902,000円,総支出額:27,820,180円

宇都宮まちづくり市民工房の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

22名

(有給常勤)職員数

4名

(有給非常勤)職員数

7名

役員数

14名

(無給非常勤)役員数

13名

理事数

12名

監事数(合計)

2名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは9381団体中、上位7732団体に入っています。

※無給の割合が多いです。

宇都宮まちづくり市民工房の詳細な情報

法人番号

9060005001756

会計基準

NPO法人会計基準

FAXの連絡可能時間

9時00分~17時00分

FAXの連絡可能曜日

火 水 木 金 土

団体ブログURL http://blog.canpan.info/shiminkoubou/

宇都宮まちづくり市民工房の法人活動理念

この法人は、宇都宮市の市民活動活性化に関する事業、および行政、営利団体、市民活動団体がそれぞれの特性を活かして協働するための事業を行い、「市民の手による、市民のためのまちづくりの実現」に寄与することを目的とする。

宇都宮まちづくり市民工房の法人活動内容

【団体の事業概要】1.調査・研究および政策提言市民主体のまちづくり実現のための調査・研究および政策提言を民間ならではの視点で行います。2012年度から、市民自らが宇都宮市の課題を調査研究する「市民研究員事業」を開始しました。市民研究員事業では、「これからの近所づきあいを考える」をテーマに、アンケートや聞き取り調査を行いました。2014年度からは、この市民研究員事業を引き継ぐ形で、共助社会研究会を立ち上げました。近所付き合いからさらに広く地域社会における共助の仕組みを発展させるために、先行事例を調査し、社会で生きづらさを抱える方々を支援する仕組みの提案と、実践を目的にしています。2.コミュニティ活性化事業の支援市民主体のまちづくりには、地域活性化が欠かせません。市民工房では、2008年より高齢集落との交流事業「三依交流プロジェクト」に取り組んでいます。3.まちづくりに関わる人材育成事業まちづくりを実践する人材の育成事業も行っています。2013年度からコミュニティビジネス起業講座を実施してます。3.宇都宮市まちづくりセンターまちぴあの管理運営2012年1月より指定管理者としてまちぴあーの管理運営を担っており、2015年度より第Ⅱ期5年の指定管理が始まっています。

宇都宮まちづくり市民工房の注目検索ワード

宇都宮まちづくり市民工房に関連する団体

宇都宮まちづくり市民工房の概要ならactivo!

宇都宮まちづくり市民工房の概要(HP https://www.utshiminkoubou.org/ 住所栃木県宇都宮市平松本町561番地 電話番号・TEL 028-634-9901)や代表者(陣内 雄次氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(国際, こども・教育, 震災・災害, 地域活性化・まちづくり, 環境・農業, 福祉・医療・障がい, スポーツ・アート・文化, 中間支援, その他)、関連する社会問題 、宇都宮まちづくり市民工房が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!