せんぱくBookbaseは、作り手も読み手も、応援を「シェア」する本屋です!

せんぱくBookbase

活動理念

本のある場づくりを志す人とつくる
ちいさなシェア本屋です

※ボランティアに参加してくれた皆様は

 店内和室での展示やイベント開催を無料でできます※

せんぱくBookbaseは2018年6月、八柱霊園近くに誕生したシェア本屋です。

「本のある場づくりを志す人」と一緒にお店に立って運営しています。


町から本屋が消えていく、といわれてきましたが

一方で本屋を志す人も増えています。

でも、いきなり一人ではじめることは難しい。


そのために「せんぱくBookbase」はあります。


町から本屋が消えない、ということは

「町の人に心が豊かになる情報を届ける場所を失わない」
「町の人に情報を選択する自由を与える」ということ。


気軽に都心に出られない人でも、本(情報)を選ぶ楽しみを届けたい
と思う人が、まず一歩踏み出すための本屋です。


いろんな情報があつまる本屋です

ちいさな町のシェア本屋には

いろんな情報があつまります。


近所に住む絵本作家さん。
学生がつくるフリーペーパー。

赤ちゃんがもらう絵本の話。

学校がやすみになった話…


シェア店主が選ぶ本からも、情報を得られます。

自分の趣味や活動範囲だけでは知りえなかった情報に

たくさん触れることができます。

 

本屋、という入口から広がる世界の広さを
町の人に届けるのも、町の本屋の役割です。

活動内容

以下のカテゴリを募集しています


・店守り(たなもり)

 カウンターに座って、お客さんの対応をします


・イベント運営

 展示やイベントがあったら、お手伝いをします。主催することも可能です。


・こどもの相手

 お店にはシェア店主の子だけではなく、お客さんのお子さんもいます。遊んでください。


・SNS,Webサイトの運営

 シェア店主だけでは人手が足りません。SNS(主にInstagram)の運営をお願いします。


・フリーペーパー作成

 フリーペーパーを作成し、近隣に配りたいと考えています。コンテンツを考えてくれる方募集します。

 

せんぱくBookbaseの活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  

活動実績

2018年
クラウドファンディング目標達成

2018年04月10日

クラウドファンディングにて改装資金を募り、達成しました。

ここから、シェア本屋が育っていきます。

2018年06月

無事、オープンしました。

法人概要

団体名

せんぱくBookbase

法人格

任意団体

HPのURL https://bookbase1089.fun/
代表者

絵ノ本桃子

設立年

2018年

Twitterアカウント bookbase1089
FacebookページのURL https://www.facebook.com/bookbase1089

せんぱくBookbaseと似ている団体