可能性はカラフル

東京ABA発達支援協会

活動理念

2008年11月、私たちは、『東京ABA支援の会』として、応用行動分析学 (ABA:Applied Behavior Analysis) に基づいた療育活動を開始し、2012年3月に、『一般社団法人 東京ABA発達支援協会』として法人化いたしました。
このところ、発達の遅れや障害はますます増加する傾向にあり、早期発見や早期介入の重要性については、多くの専門家が指摘しています。しかし実際、お子さんが2、3歳の頃から発達的なニーズに合った療育を充分に受けているかというと疑問が残ります。特に「グレーゾーン」のお子さんについては、専門家の間でも判断が異なることがあり、「経過を見ましょう」「今のところ療育は必要ない」と言われることも少なくありません。
東京ABA発達支援協会では、医学的な診断の有無に拘わらず、目の前の「気になる」「困っている」お子さんに対して、積極的に働きかけることによって、お子さんとそのご家族が、前向きに充実した生活が送れるようにご支援いたします。

活動内容

東京ABA発達支援協会では、すでに欧米の専門機関や教育現場において、広く効果が実証されているABAによる療育を行っています。
私たちは、ABAの手法をもちいて、お子さんがもともと持っている力を少しずつ引き出しながら、お子さんが言葉でやり取りしたり、自分でなんでもしたりすることを自然に学べるように、系統的に働きかけています。
例えば、言葉がなかなか出ないお子さんであれば、発語に必要な、いわば「発語準備」の練習から始め、さまざまなプログラムを順番に習得することで、次第に言葉を発することができるように指導します。
個別の療育では、もちろん言葉だけにとどまらず、遊び、運動、身辺自立のスキルなども、繰り返し練習していきますが、習得したことが生活のいろいろな場面で般化(応用)できるように、ペアや小集団で練習を続け、社会性、協調性、自主性の力がさらに育つ訓練もします。

 

東京ABA発達支援協会の活動に参加しませんか?

職員/バイト募集

  

法人概要

団体名

東京ABA発達支援協会

法人格

一般社団法人

HPのURL http://tokyoabasupport.org
設立年

2012年

東京ABA発達支援協会と似ている団体