1. 任意団体 いちじくの里多伎きらりプロジェクト 紹介ページ

任意団体 いちじくの里多伎きらりプロジェクト 紹介ページ

更新日:2019/06/28

任意団体 いちじくの里多伎きらりプロジェクト の団体基本情報

団体名

任意団体 いちじくの里多伎きらりプロジェクト

法人格

任意団体

HPのURL http://www.taki-kirari.jp/wordpress/
代表者

石飛 正登

住所

島根県出雲市多伎町小田74-1

電話番号

080-8247-4950

任意団体 いちじくの里多伎きらりプロジェクト の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

20名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは10411団体中、上位8478団体に入っています。

いちじくの里多伎きらりプロジェクトの団体活動理念

1次・2次産業の生産力を高め、加工品生産の確立と発展、そして新たな地域資源・地域産品による6次産業化、コミュニティビジネスの可能性を模索すること、また地域内の各種施設と関係事業者が多伎地域の再生実現に向けて一体となった施策展開をしていくことを通じ、地域が自信と誇りを取り戻すこと

いちじくの里多伎きらりプロジェクトの団体活動内容

全事業の中から、多伎スタグラム事業について取り上げて以下に記す。【課題】多伎町ポータブルサイト「まるごとたきナビ」を開設してからアクセス数を追跡し効果の検証を行ったが数値が伸びなかった。このままでは投資効果が計れない。【プロジェクトの取組】平成30年1月「多伎スタグラム」を企画、平成30年度主要事業と位置付けた。多伎町ポータブルサイトとして作成した「まるごとたきナビ」にブログを設置して分野を問わず広く情報発信できるように整備するとともに、Instagram上に投稿される♯多伎スタグラムと連動させる環境を整備した。次に、平成30年4月1日~平成31年1月31日に期間を設定し、多伎町をテーマとしたフォトコンテストを実施1,227点の投稿を得た。また、期間内で全国から参加可能とした「海フォトコンテスト」、「祭りコンテスト」「冬の海フォトコンテスト」を同時募集し多伎町を訪れなくても応募可能なテーマを設け広く参加を呼びかけた。平成31年2月1日から17日まで、多伎スタグラム写真展(100点)を「海辺の多伎図書館」を会場に開催した。県内外から160名の皆様に来場いただくことができた。また、展示期間中の2月11日には多伎コミュニテイセンターを会場とし、「多伎スタフェスタ」を開催した。来場者が800人を超えるビッグイベントとなった。フェスタでは、地域内外から30店の出店者の協力を得て、販売だけでなくワークショップも体験できるコーナーを設置するなど、店のバリエーションも豊富にそろえたことにより、来場者、出店者、主催者、スタッフ全員が楽しめて満足していただき大盛況に終わった。【成果】素晴らしいロケーションに恵まれた多伎町。多伎スタグラムの投稿写真をSNSを通して、全国、全世界に発信し、多くの人たちに多伎町の魅力を感じてもらい、そして訪れてもらうことを目的とする事業であった。この事業を実施するにあたり、専門家の指導を受けながらの手探り状態からのスタートであったが、月を追うたびに投稿数が増加し、最終的には投稿数1,227点を数え、インスタグラムを通して多伎地域の魅力を伝えるための土台作りを行うことができた。【今後の取り組み】常に最新の情報を求められるSNSの世界で、公式サイトから情報を発信し続けることが大切である。具体には、ブログの更新、フィエスブック、ツイッター、インスタグラム等のSNSの情報発信と情報の収集、集約である。それらの活動には、人的パワーが必要で如何に確保するかまた、維持管理するシステム利用料やサイトの更新にかかる経費を如何に確保するか今後検討する。フェスタに関しては、地域の皆様から今後も継続して実施するよう要請を受けている。今後実行委員会の立ち上げ事業の充実を図り、地域挙げてのイベントに発展させる。

いちじくの里多伎きらりプロジェクトに関連する団体

いちじくの里多伎きらりプロジェクトの概要ならactivo!

いちじくの里多伎きらりプロジェクトの概要(HP http://www.taki-kirari.jp/wordpress/ 住所島根県出雲市多伎町小田74-1 電話番号・TEL 080-8247-4950)や代表者(石飛 正登氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(地域活性化・まちづくり, スポーツ・アート・文化, 中間支援)、関連する社会問題 (空き家)、いちじくの里多伎きらりプロジェクトが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!