1. ホーム
  2. 東京のNPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  3. 東京の国際系NPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  4. 一般社団法人 日本プロサーフィン連盟紹介ページ

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟紹介ページ

更新日:2018/01/22

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟の団体基本情報

団体名

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

法人格

一般社団法人

HPのURL http://www.jpsa.com/
代表者

牛越 峰統

設立年

2010年

住所

東京都港区高輪2-14-9

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

9名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは11458団体中、上位9246団体に入っています。

日本プロサーフィン連盟の法人活動理念

当法人は、日本のプロサーフィンを統括、代表する団体として日本におけるサーフィンの普及および発展、自然環境の保全、子供たちの健全な心身の発達に寄与することを目的とし、その目的を達するため、次の事業を行う。① サーフィンのプロツアーの開催② 自然環境保全活動③ サーフィンスクールの開催④ サーファーの育成、強化のための奨学金制度の創設⑤ 前各号に附帯する一切の業務

日本プロサーフィン連盟の法人活動内容

① プロサーフィンツアー開催毎年ショートボード男女各全6戦、ロングボード男女各全5戦、特別戦男子のみ3戦を全国の海で開催を予定し、その年の年間グランドチャンピオンを決定するツアー戦を実施。プロサーフィン競技を通し地域交流に積極的に努め、大自然とふれあう安全なレジャースポーツとして誰もが楽しめるサーフィンの普及に尽力する。また日本最高峰のレベルで競われる大会模様と同時に地域特選品や観光名所などの地域貢献につながるPRも織り交ぜたライブ配信を終日行い、全国のサーフィン愛好家にとどまらずアウトドアアスリートに及ぶ幅広い一般層からの高視聴を得ている。②自然環境保全活動毎シーズンを通し各大会会場において競技進行を一時中断し、公認プロ選手全員が率先し会場につめかけた観戦者、及び運営スタッフ全てと一丸となってビーチクリーンを実施。また3.11以降「オーシャンブルー・デイ」を設立。国内外を問わず海をリスペクトするすべての人間が手をつなぎ合わせ、連盟登録プロ選手が中心となり東北に向けた復興支援体制を整える。(毎年3月11日実施)③サーフィンスクール開催毎年ショートボードプロ男女各全6戦、ロングボード男女各全5戦を開催する。その内大会期間中、地域行政、地元協会と連携しプロ選手を講師にサーフィン体験・初心者サーフィンレッスンなどのサーフィンスクールを老若男女問わずに開校する大会を設ける。④「アスリート障害者をもう一度海へ」サーフィンを含むアウトドア競技中、不慮の事故に遭い重度の障害を負ってしまったアスリートを専門サポーターとプロサーファーの万全な安全対策のもと、もう一度海に戻し自然からのエネルギーを全身に浴び活力と鋭気を分かち合う活動を実施。

日本プロサーフィン連盟の注目検索ワード

日本プロサーフィン連盟に関連する団体

日本プロサーフィン連盟の概要ならactivo!

日本プロサーフィン連盟の概要(HP http://www.jpsa.com/ 住所東京都港区高輪2-14-9 電話番号・TEL )や代表者(牛越 峰統氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(国際, こども・教育, 地域活性化・まちづくり, 貧困・人権, スポーツ・アート・文化, その他)、関連する社会問題 (国際交流, 食)、日本プロサーフィン連盟が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!