1. ホーム
  2. ストーリー一覧ページ
  3. 私たちが「地域」と「子ども」と「スポーツ」にスポットを当て、活動する理由。
2022/08/30

私たちが「地域」と「子ども」と「スポーツ」にスポットを当て、活動する理由。

はじめまして、Team L -ACTです。

はじめまして。

Team L-ACTです。
私たちのページを見にきていただき、ありがとうございます!


私たちは、ファミリー(特にこども)向けに、トランポリンを主力としたアウトドアスポーツ等を展開し、京都府や大阪府などの関西圏を中心とした地域のイベントや府営公園での大型イベントに参加しています。
最近では、主催のイベントが増加するなど、今成長中の団体です!

このノートでは、私たちの考え方について、少しだけ共有できればと思っています。

折角この文章を読んでいただいているので、この文章が
Team L-ACTという団体を皆様に知ってもらえるきっかけとなり、私たちの土台にある『子ども』『地域貢献』への興味につながったら嬉しいです。

「文部科学省のHP」から見る日本の現状

以下の文章は文部科学省のHPから直接持ってきたものです。
少し長いですが、こどもと地域社会のあり方に関する課題が詰まっていると思うので、ぜひ読んでみてくださいm(_ _)m

子供の育ちの現状
  • 近年の幼児の育ちについては,基本的な生活習慣や態度が身についていない,他者とのかかわりが苦手,自制心や耐性,規範意識が十分に育っていない,運動能力が低下しているなどの課題が指摘されている。
    また,小学校1年生などのクラスにおいて,学習に集中できない,教員の話が聞けずに授業が成立しないなど学級がうまく機能しない状況が見られる。
     加えて,近年の子どもたちは,多くの情報に囲まれた環境にいるため,世の中についての知識は増えているものの,その知識は断片的で受け身的なものが多く,学びに対する意欲や関心が低いとの指摘がある。
  • 子供の育ちの社会的背景
  • 少子化,核家族化,都市化,情報化,国際化など我が国経済社会の急激な変化を受けて,人々の価値観や生活様式が多様化している一方で,社会の傾向としては,人間関係の希薄化,地域社会のコミュニティー意識の衰退,過度に経済性や効率性を重視する傾向,大人優先の社会風潮などの状況が見られるとの指摘がある。

    このような社会状況が,地域社会などにおける子どもの育ちを巡る環境や家庭における親の子育て環境を変化させている。さらには,このような変化に伴い,後述するとおり,幼稚園等施設の教員等にも新たな課題が生じている。
     そして,これらのことが複合的に絡み合って,子どもの育ちに影響を及ぼしている要因になっているものと考えられる。

子供の育ちをめぐる環境の変化ー地域社会の教育力の低下ー
  • 第1に,地域社会などにおいて子どもが育つ環境が変化している。
     子どもが成長し自立する上で,実現や成功などのプラス体験はもとより,葛藤や挫折などのマイナス体験も含め,「心の原風景」となる多様な体験を経験することが不可欠である。
  • しかしながら,少子化,核家族化が進行し,子ども同士が集団で遊びに熱中し,時には葛藤しながら,互いに影響しあって活動する機会が減少するなど,様々な体験の機会が失われている。
     また,都市化や情報化の進展によって,子どもの生活空間の中に自然や広場などといった遊び場が少なくなる一方で,テレビゲームやインターネット等の室内の遊びが増えるなど,偏った体験を余儀なくされている。
     さらに,人間関係の希薄化等により,地域社会の大人が地域の子どもの育ちに関心を払わず,積極的にかかわろうとしない,または,かかわりたくてもかかわり方を知らないという傾向が見られる。

(出典・文部科学省/第4節 子どもの育ちの現状と背景
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1395404.htm )

私たちL-ACTの挑戦

トランポリンイベントを始めてから、L-ACTはもう5年ほどが経ち、
数千人の子ども達に出会いました。

子供達の可能性はみんな無限大であり、
本当に、みんな違ってみんな面白い。

正直なところ能力の低下に関しては、わかりません。

でも、確かに地域の人が交流することのできる場ってあんまりないんです。
自分の時を振り返ってみても、地域の大人といえば
親戚の大人と学校の先生くらいで、あとはたまに友達の親くらいでした。

それなら、いっそのこと
自分たちで『地域』と『子ども達』が、オフラインで集まって交流できる場所を作ろう。
子どもが健康に安心して過ごせる、安全な“まち”を目指し、地域を活性化させることが今の私たちにできる地域貢献だ。

デカイこと、やろう。


私たちが挑戦する理由は、こうした問題意識と考え方で出来上がりました。

もともと、子ども好きの有志が集まった団体 Team L-ACT。
モットーは『デカイこと、やろう』
理念は『アウトドア活動を通して、地域のつながりを生み出し、健康で安心・安全な社会環境に貢献する。』

2022年からエンジン全開で再始動します。

少し長くなりましたが、私たちは共に活動してくれるメンバーを大募集しています!
成長中のまだまだ おぼつかないTeam L-actをよろしくお願いします!

あなたにできる応援
応援イラスト
応援がこの団体の支援に繋がります
あなたの応援(シェア)で想いが広まり、仲間が増えるキッカケになるかもしれません。何より活動していくエネルギーをいただけます…!
ユーザーアバター

Team L-ACTの法人活動理念

私たちは『世界がつながる楽しさを』を活動理念に、種々イベントを企画・運営しております。