こちらの求人は募集が終了しています。

  1. 自然保護団体職員募集(契約職員)

    更新日:2020/11/25

    自然保護団体職員募集(契約職員)

    日本熊森協会
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    野生動物保護に関する事業を担う人材を募集しています。動物の棲める森復元の植樹地の整備、野生動物の調査・野生動物の民家などからの追い払い・防除作業・行政との交渉など。正職員登用可能性あり。

    勤務形態
    活動テーマ
    勤務場所
    待遇
    • 日給8,000〜8,000円
    • 交通費支給 上限:月給15,000〜15,000円
    募集対象

    ・短大卒、専門学校卒以上 
    ・普通自動車運転免許(AT免許可)を所有し、運転できること。
    ・野外での作業や奥山での調査など体力を必要とします

    注目ポイント
    • 野生動物の民家などからの追い払い・防除作業
    • 野生動物の調査
    • 動物の棲める森復元の植樹地の整備
    募集人数

    1名

    職種
    祝い金 3,000円 祝い金とは?

    募集詳細

    野生動物の保護を中心に奥山の天然林再生や、野生動物と現地住民の共生に向けての活動、行政への政策提言などを行う仕事です。

    自然や野生動物への探求心があり、問題に直面してもそれを乗り越えていく挑戦心やタフさがある方が向いています。

    また、奥山・里山などの現場に出ることが多いので、非常に体力が必要になります。

    小さな職場なので、それぞれ担当分野はありますが、みんなで協力しながら活動をしています。


    <募集内容詳細>

    野生動物保護担当

    1.主な仕事内容

     ・動物の棲める森復元の植樹地の整備

     ・野生動物の民家などからの追い払い・防除作業

     ・野生動物の調査

     ・行政との交渉

     ・保護飼育くまのお世話など

    2.保険 :雇用 労災 健康 厚生
    3.勤務時間:週3~5日程度

      午前9:00-午後6:00(昼休憩60分)

      *野外活動の場合、変更になる場合もあります
    4.休日 :水 日 祝 夏季休暇 年末年始

      *職務上変更になる可能性があります
    5.勤務地:本部事務所(兵庫県西宮市分銅町1-4)・奥山現地


    ご応募いただける方は、履歴書、職務経歴書(新卒の場合は不要)に志望動機書(1000字程度)を添えてお送りください。書類選考の上、面接試験の日程をご連絡させていただきます。

    ※要普通免許、PCとインターネットの初級者以上であることが望ましい。

    応募先

    662-0042

    西宮市分銅町1-4 熊森ビル(一財)日本熊森協会

    会長 室谷 悠子 宛

    体験談・雰囲気

    この求人の体験談

    日本の奥山は、41%がスギ・ヒノキの人工林に覆われ、野生動物にはエサがありません。

    エサを求めて、人里に出てきた野生動物は罠にかかり、次々に駆除されています。

    2017年は、全国でツキノワグマが4000頭以上駆除されました。日本に生息するツキノワグマの推定数は約10000頭です。

    秋になるとツキノワグマが出てきて、冬ごもり前の食料として、必死になって人家の庭のカキを食べます。

    住民は、クマが出てきて恐怖を感じ、通報を受けた行政は罠をしかけて、罠にかかったクマはすぐに殺されます。

    住民の不安を取り除き、絶滅寸前のツキノワグマをどう守ることができるのか。

    私たちは、クマ生息地に住む方々からSOSを受け取ると、すぐに出動して、カキの木のカキの実をもぎます。そうするとクマはそこには出てこなくなります。

    山村のおばあちゃんが、涙を流して、ありがとう、ありがとうと言ってくれたことは忘れられません。

    私たちは、人と野生動物が共存できる社会を目指します。

    そのために、荒廃した日本の奥山を広葉樹の森に復元することを目指しています。

    この求人の雰囲気

    毎日、色々な仕事に忙しい職場ですが、皆さん明るくて楽しい人ばかりです。

    生き物に優しい(人にも優しい)人が多いです。

    様々な仕事があるので、思いもよらない経験がつめます。

    ツキノワグマの飼育から、GISソフトの使い方まで、あなたにきっと会う仕事が見つかります。

    S(南アフリカ大学自然保護学科卒)

    法人情報

    “動物たちに帰れる森を、地元の人たちに安心を!”
    代表者

    室谷悠子

    設立年

    1997年

    法人格

    一般財団法人

    日本熊森協会の法人活動理念

    当協会は「21世紀を生き残るため、日本を自然保護大国に―クマなどが棲む豊かな森を次世代に―」を合言葉に、
    1、豊かな森を作ってくれる大型野生動物たちの絶滅を止め、
    2、奥山を保全、復元するため、
    「森を残し全生物と共存しなければ人間も生き残れない」という現代生態学が出した法則に基づき、様々な実践活動を展開しています。

    調査や研究だけに終わらず、実践活動を中心に据えることによって、本当に自然を守ることのできる、欧米並みの100万人規模の大自然保全団体に成長し、すべての生物と共存する社会を作ることが日本熊森の目標です。

    日本熊森協会の法人活動内容

    森林の再生(植樹、間伐など)

    大型野生動物の保護
    環境教育
    自然農

    取り組む社会課題:『生物多様性』

    日本熊森協会のボランティア募集

    日本熊森協会の職員・バイト募集