こちらのインターンは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO・NGOインターン
  3. 東京のNPO・NGOインターン募集一覧
  4. 東京での福祉・障がい・高齢者系NPO・NGOインターン募集一覧
  5. 知的障害をお持ちの方の生活支援をするNPOで有償インターン募集!

更新日:2019/10/06

知的障害をお持ちの方の生活支援をするNPOで有償インターン募集!

NPO法人はちくりうす
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「NPO法人はちくりうす」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

f2e0f9457f-P1040763.jpg

「はちくりうす」は「君の町、わたしのまち、一緒に生きる街」をキーワードに、障害を持つ人も持たない人も、ともに暮らしていける地域を目指して活動している東京都目黒区にある事業所です。

活動テーマ
勤務場所

はちくりうす事務所は東急東横線「学芸大学駅」より徒歩4分です

待遇
  • 時給1,200〜1,700円

交通費別途支給 (体験期間中は交通費のみ支給)

勤務日程

随時勤務(勤務期間:応相談)

勤務頻度

応相談

週1~ご希望を伺います

募集対象

知的障害をお持ちの方の日常生活のサポート(ガイドヘルパー業務)やNPOの運営、生活支援事業所の運営に関心のある方

注目ポイント
  • 学校で障害福祉を専門に学んでいる方は、実際に学んだことを活かせます
  • NPOの経理、総務、採用等について一通り学ぶことができます
  • 利用者さんが各々違うように、やり方が一様ではなく時間や場所によっても対応が変わり、常に新しいことが学べます
対象身分/年齢
祝い金 未確定 祝い金とは?

募集詳細

●業務内容

インターンでは、利用者さんのお出かけ支援や生活支援事業所の運営のサポートをしていただきます。お出かけ支援では、知的障害をお持ちの方達とレクリエーションやお出かけを一緒に楽しみ、たくさんの思い出を作れます。都内で開催されているイベントへの参加や、ショッピングやジム、コンサート、水族館、温泉等…いろいろなところにお出かけをします。また、事業所の運営サポートとしては、請求業務、給与計算、採用活動等を行います。


●やりがい・楽しさ

この仕事は、利用者さまの生活に寄り添う仕事です。ともに暮らしていくことで、利用者さまが生活の中でできることがどんどん増えてくることに喜びを感じることができます。また、その方の個性に合わせた支援を行うため、型にはまったやり方がありません。その中で試行錯誤をしながら何にでも挑戦してみることもやりがいの一つです。

また、NPOや生活支援事業所の団体運営について学べることも魅力です。


●こんな方が向いています

支援を行う上で一番大事なのは、相手の気持ちを感じ取れる力、想像力です。また支援をする側とされる側という立場でなく、同じ目線で利用者様と関わりを持てることも大事です。利用者様の気持ちに寄り添える方をお待ちしています。時には、利用者様の状態に応じた柔軟な対応が求められることもありますので、臨機応変さも求められます。

また、団体運営については、大きな組織のような縦割り業務でなく、どんな業務にも柔軟に取り組める方をお待ちしております。

  • 304fe554b5-DSC_8347_mini.jpg
  • 258cd1d2d2-DSC_8642_mini.jpg

体験談・雰囲気

このインターンの体験談

●学生さん活躍中!大学生Aさんにはちくりうすの魅力を聞きました!

「事業所で働いているスタッフ、同僚ヘルパーともに、人が優しいです。また学校で専門を学んでいれば、実際に学んだことを生かすことができます」

「利用者が各々違うように、やり方が一様ではなく時間や場所によっても対応が変わってくるところも面白いと思います。常に新しいことが学べます」

このインターンの雰囲気

●職場の雰囲気

利用者様にも、働く職員・ヘルパーさんにも、優しすぎるくらいみんなが優しい職場です。学校みたいな雰囲気で先輩職員さんも温かく指導してくださいます。

特徴
雰囲気
男女比

男性:60%、女性:40%

法人情報

代表者

吉田 隆希

設立年

2005年

法人格

NPO法人

はちくりうすの法人活動理念

「はちくりうす」は「君の町、わたしのまち、一緒に生きる街」をキーワードに、障害を持つ人も持たない人も、ともに暮らしていける地域を目指して活動している東京都目黒区にある事業所です。2004年の9月に法人設立、2005年3月から事業を開始しました。

施設でも、グループホームでもない、住み慣れた地域での「新しい暮らし方」を目指して、設立当初から知的障害当事者の自立生活の支援を続けています。


なんで「はちくりうす」という名前なの?


皆さんは「さるかに合戦」という昔話をご存知ですか?

はちくりうすは、障がい者と健常者が出会うたまり場「柿のたね」の活動の中から生まれました。

柿のたねをさると交換し、大きな柿の木を育てたかに。

せっかく育てた柿の木を、さるに取られてしまったかにを助けたはち、くり、うす。

障がい者が地域で生きていくための助っ人集団のような存在になりたいということで、

「はちくりうす」という名前になりました。

はちくりうすの法人活動内容

私たち「はちくりうす」は

目黒区・大田区の知的障がいをもった方を対象に

①外出の支援(ガイドヘルプ事業)

②生活の支援(ホームヘルプ事業)

③自立に向けた宿泊訓練(ショートステイ事業)

④自立生活の支援


を行っています。

はちくりうすのボランティア募集

はちくりうすの職員・バイト募集