1. ホーム
  2. 理学療法士を目指す方へ。仕事内容となるための方法を中心に解説します。

理学療法士を目指す方へ。仕事内容となるための方法を中心に解説します。

    公開日 2019.09.01 更新日 2019.09.01
    by activo編集部


    理学療法士に興味があるけれど、

    「理学療法士の仕事内容って?」
    「理学療法士になるためにはどうしたらいいの?」

    とお考えの方はおられませんか?

    これから理学療法士を目指す方に「仕事内容」と「理学療法士になる方法」についてお伝えしていきます。

    理学療法は身体機能を回復させるための治療法のひとつ

    「理学療法士」と聞くと、「理学療法」というものを使う人のことか・・・
    と想像することができますが、そもそも「理学療法」とは何でしょうか?

    日本理学療法士協会によると、理学療法とは、

    病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法

    と説明されています。

    理学療法は、「立つ」「座る」「歩く」などの日常動作を改善し、自分らしく生活するための治療法なのですね。

    理学療法士の仕事内容

    理学療法について少し理解したところで、次に具体的な仕事内容をみてみましょう。
    どうやら、理学療法士といっても、働く場所によって仕事の内容が変わってくるようですね。

    医療機関で働く場合

    事故や病気で身体に障がいをおった人の治療をすることが多くなります。
    リハビリをするだけでなく、歩行を助けるための器具の説明患者の家族に家庭でのリハビリの指導をすることも仕事の一つです。

    さらに詳しく知りたい場合は日本理学療法士協会のホームページをご覧ください。

    福祉施設で働く場合

    高齢者の健康維持、向上のために治療や運動の計画を立てたり、指導したりします。
    患者のかかりつけ医やケアマネージャーと連携しながらケアを進めていきます。


    理学療法士を仕事にするにはまず養成課程のある大学・短大・専門学校に通いましょう

    理学療法士として働くためには国家試験に合格しなければいけません。

    すでに作業療法士の資格を持っている場合は、養成校で2年学べば受験資格が与えられます。
    国家試験を受験するためには養成所で「3年以上」学ぶことが必要です。

    日本理学療法士協会のサイト内では、全国の理学療法士の養成所が検索できます。

    参考  日本理学療法士協会 理学療法士になるためには


    理学療法士は高齢化社会でますます必要とされるお仕事です

    理学療法は高齢社会に欠かせない治療法であり、理学療法士のニーズは高まるばかりです。
    そのため、理学療法士は将来性のある仕事です。

    理学療法士は病院や施設で働くイメージがありますが、経験を生かして企業に転職してノウハウを伝えたり、教員になることもできます。
    まさに、高齢社会全体を支えることのできる専門職なのですね。

      関連する募集はこちら
      理学療法士(PT)のNPO求人募集

      この記事のライター

      activo編集部

      国内最大級のNPO・社会的企業のボランティア・職員/バイトの情報サイト「activo」編集部です。はじめてボランティアや社会問題に関心を持った人でもわかりやすい情報を発信します。