1. 《6月18日発生》新潟・山形・石川地震情報《7月3日10時更新》
2019年07月03日

《6月18日発生》新潟・山形・石川地震情報《7月3日10時更新》


6月18日、22時22分ごろ、山形県沖を震源とする最大震度6強を観測した地震が発生致しました。
現地の現状や、ボランティアや寄付などの支援方法を随時、更新して参ります。

全社協、朝日新聞デジタル、中日新聞の情報を集約しています。

現地の被害状況(随時更新)


現在、地震の被害による、通行止め・運行・遅延はありません。
庄内空港も通常通り運用し、欠航・遅れもありません。
北海道・東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線も通常通り運行しています。
しかし、今後変更されることもあるため、交通機関はこまめに確認するようにしましょう。

震源の深さは約14キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.8と推測されています。
山形県上中下越、佐渡、石川県能登の沿岸部を対象に津波注意報が発令、19日午前1時02分に解除されています。
新潟港では10センチ、山形県酒田市や新潟県島では微弱な津波を観測されました。
人的被害が5県で40人、住家被害が3県で731棟(半壊23棟、一部損壊708棟)となっています。

山形県鶴岡市

・JR鶴岡駅では液状化現象が発生し、車のタイヤが埋まる、水が噴き出し、湖のようになっている
・その他市内3か所でも液状化を確認
・小学校敷地内の木造の相撲場が倒壊

新潟県村上市

・国道345号線、弘法トンネル付近で落石
・指定避難所である山北総合体育館では天井のパネル破損、土台の盛り土や敷地の斜面が崩壊
・山北支所の建物のガラスが割れるなどの被害を確認
・午前5時半現在、避難者は約60人
・山北保育園の建物の基礎や柱にひびが入り、天井の一部がはがれ落ちた


ボランティア募集・支援方法(随時更新)

現時点(7月3日10時)での情報です。

多くのボランティアが一斉に支援に入り片づけ等を行う活動から、
被災者からの個別の相談に応じて、その都度地域のボランティアが支援する方向に変化しています。
市民を中心としたボランティアでの復旧作業が行われています。
今後は各市社協が対応し、全国からのボランティア募集は行わないとのことです。

現地のニーズに合った支援を心がけましょう。
ボランティアを行う際も、余震、倒壊には十分気をつけて行動してください。
地盤が緩くなっている地域もあるため、土砂災害にも警戒してください。