こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 福岡のボランティア募集一覧
  3. 福岡でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【未経験OK】冬休みの子どもたちの自然体験をサポートしませんか?

更新日:2022/12/05

【未経験OK】冬休みの子どもたちの自然体験をサポートしませんか?

CAN!P
  • 活動場所

    博多駅 徒歩1分 [博多駅] (博多駅に集合して大分(くじゅう)へ向かいます。ご自身で現地集合が可能な場合はそれでも構いません。宿泊先は民宿に泊まります。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

この募集の受入企業「CAN!P」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

私たちCAN!Pはすべての子どもに「!」な体験を!をビジョンに教育をオモシロくする団体です。1回の非日常体験を通して、子どもは大きく成長します。そんな成長の後押しを一緒に生み出す仲間を募集しています。

活動テーマ
活動場所

博多駅に集合して大分(くじゅう)へ向かいます。ご自身で現地集合が可能な場合はそれでも構いません。宿泊先は民宿に泊まります。

必要経費

無料

参加ごとに一部謝礼金あり。
活動場所までの交通費はご負担をお願いします。

活動日程

大分くじゅう森林公園スキー場にてスキー教室を行います!

募集対象

スキー経験があればうれしいですが、初心者でも子ども達を見守っていただければ十分です!

注目ポイント
  • 小学生の子どもと活動や宿泊を通して関われる
  • 子どもの成長に携われる
対象身分/年齢
募集人数

4名

特徴

募集詳細

①子どもが好きな方を募集します!

イベントの中で安心安全は最も大事なこと。

基本的には社員引率がするので、子どもたちが安心して取り組めるよう補助をお願いします。具体的には、一緒遊ぶ、活動の補助をする。 活動例:スキーイベント(雪で危険のないよう遊ぶ、監視)、生活補助(食事、入浴補助)                                 ②体験を共に楽しんでくださる方を募集します!

子どもたちが楽しむために大事なことは大人も楽しむこと。ボランティアの方々にも様々な活動を一緒に楽しんで織り上げてもらいたいと思います。

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

夏のキャンプに参加して、子どもたちとの関わり方など私自身たくさんのことを学ぶことができました。また、私もやったことのない体験が子どもたちと一緒にできてとても楽しかったです。

このボランティアの雰囲気

スタッフの方が子どもたちに家や学校ではできないような体験をさせたいと思っていて、子どもたちものびのびと自分の好きなことをめいっぱいしていたのがとてもいいなと思いました。

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

企業情報

“すべての子どもに「!」な体験を”
代表者

粕谷直洋

設立年

2022年

法人格

株式会社・有限会社・合同会社

CAN!Pの企業活動理念

子どもの教育に「驚きやワクワクの体験」を生み、未来を創ります。

「できた!」「やった!」「うれしい!」「ええ!?」
2016年からアフタースクール事業を始めてわかったことは、学びでも遊びでも「!」な瞬間が、子どもたちの成長を生み出すということです。現代社会には、この原点がより大事になっていると思います。
私たちは、未来の担う子どもたちが「達成感」「喜び」「驚き」に溢れる、そんな日常を創っていきたいと思い、CAN!Pを設立しました。

CAN!Pの企業活動内容

 ①きりんアフタースクール

  3つを創るをコンセプトにした放課後アフタースクール。

 ②CAN!Pラボ

  自立した学習者、熱中する探究者、思いやりのある協働者を育てる探究型のスクール。

 ③CAN!Pアドベンチャー

  私たちは、子どもたちに「!」な体験を提供すべく、週末や長期休みにワクワク・ドキドキの体験イベントを実施しています。参加する子どもたちが「達成感」「喜び」「驚き」に溢れる、そんな体験を創っていきます

取り組む社会課題:『子育て/育児』

「子育て/育児」の問題の現状  2022/07/04更新

デジタルの発達により、現代の子どもたちは、ゲームやYOUTUBEなどのコンテンツで満足してしまう現状があります。また共働き家庭の増加で週末や長期休みに野外体験をする機会も減っています。


リアルな体験を積み重ねることもとても大事です。特に自然体験などの量の多さは、大人になったときの自尊心にも関わることが文科省のデータよりわかっています。

「子育て/育児」の問題の解決策  2022/06/20更新

共働きやデジタルの発達で、子どもたちの自然体験の数が減っています。一方で幼少期に数多くの自然体験や野外体験がその子のその後の自尊心に影響することがわかっています。家族も共働き家庭の増加で週末や長期休みに、野外体験を行うことが難しくなってきています。私たちはそんな課題を解決すべく、アドベンチャー事業として展開しています。

CAN!Pのボランティア募集

CAN!Pの職員・バイト募集