こちらの海外プログラムは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. インドの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. インドでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. インドのエコ農業の支援

更新日:2022/10/30

インドのエコ農業の支援

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    インド (北部ヒマーチャル・プラデーシュ州ソラン地区、Baddi。滞在は、Bandh村近郊のRUCHボランティアハウスで、Kalka市から30km、Chandigarh(チャンディーガル)市から60kmにある。 この地域は、平和な環境の中で自然と共に暮らすユニークな機会を提供してくれる。最寄空港はチャンディーガル(Chandigarh)国際空港。最寄り鉄道駅は Kalka)

  • 必要経費

    89,000〜89,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

この募集の受入法人「特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

Natural farming -エコ農業の支援-

活動テーマ
活動場所

北部ヒマーチャル・プラデーシュ州ソラン地区、Baddi。滞在は、Bandh村近郊のRUCHボランティアハウスで、Kalka市から30km、Chandigarh(チャンディーガル)市から60kmにある。 この地域は、平和な環境の中で自然と共に暮らすユニークな機会を提供してくれる。最寄空港はチャンディーガル(Chandigarh)国際空港。最寄り鉄道駅は Kalka

必要経費
  • 89,000〜89,000円

中期・69,000円
長期・89,000円

中期:30~182日間。長期:183日間以上。

活動中の宿泊費、食費は必要ありません。

追加登録費は400ユーロ(=約51,500円)/月を現地で現金払い

活動日程

3ヶ月以上、最長6ヶ月間(毎週月曜日開始)

募集対象

2人

注目ポイント
  • 2
対象身分/年齢
募集人数

1名

特徴

募集詳細

背景

ヒマーチャル・プラデーシュ州は山岳地帯であり、人々は日々の仕事に加えて、生活を補うために農業に大きく依存している。 しかし、水不足や痩せた土地にある小さな棚田のため、農業は維持できず、農業生産高は経済的価値を考慮すると十分ではない。また、急峻な地形と小さな段々畑のため、自動機械の使用には限界がある。その結果、多くの人が農業から離れ、あるいは離れようとしているため、将来の食糧安全な確保が心配されている。

RUCHIボランティアハウスは3ヘクタールの敷地にあり、肥沃な土壌を有する。現在。このキャンパスで自然素材を使った無農薬の科学的農業の選択肢を模索している。ミミズコンポスト、NADEPコンポスト、キッチン菜園、森林農業、植物の栽培、有機農業、果樹園の開発などのデモンストレーションを成功させている。現在、デモンストレーションとトレーニング、そして自給自足のために、水耕栽培システムをキャンパスに設置する準備を進めており、いずれは農民のためのデモンストレーションセンターとしても機能させたいと考えている。


仕事内容

この取り組みでは、農民の間で優れた実践を共有するためのリソースおよびデモンストレーションセンターとして、近隣のコミュニティの農民を教育・訓練することが目的。化学肥料の使用を減らし、農家の収入と生産量を増加させることに重点を置く。

【仕事内容】
・農薬や化学肥料を使わない製品を生産するために、農業チームの日々のメンテナンスを手伝う
・自給自足を実現するために消費する果物や野菜の大半を生産し、積極的にチームを支援
・適切な農法を導入強化し、オフシーズンで水をあまり必要としない野菜を栽培
・農家のネットワーク作りを支援し、技術的なノウハウを共有できるようにする


宿泊

宿泊はホームステイ、またはRUCHIのボランティアハウスで相部屋。共同トイレ、バスルーム、キッチン有。食事提供、菜食。片付けを手伝うこと。自炊も可能。


主催者・支援機関詳細

インド北部ヒマラヤのふもとを中心に活動をするNGO、Rural Centre for Human Interests。1980年に設立され、「農村地帯の発展のための持続可能な行動」を目指し活動している。農村地帯のコミュニティの活性化のために、テクノロジー、教育等の知識の提供も行う。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されている

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集