1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. フランスの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. フランスでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 政府と連携・好待遇!8ヶ月間の特別長期ボランティア

更新日:2022/08/29

政府と連携・好待遇!8ヶ月間の特別長期ボランティア

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    フランス (施設は社会的な活動があまりない、田舎の小村にある。といっても、施設には30名程の様々な人々がいるので、退屈することはないはず。Franche-Comt?は美しい地方で、ワイン、ソーセージ、チーズが有名。Haute-Sa?neの農村部、人口380人のBeaumotte 村に流れる川の端にある。最寄りの大きな町Vesoulまで25km、Besan?onまで30km、小さな町Riozまでは12km。建物は大きな庭園で囲まれ、施設には若い居住者との文化活動や住民達にも開放する催しを企画する活動部屋「le Bateau」もある。)

  • 必要経費

    29,000〜29,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    2023/01/09~09/08

基本情報

フランス政府との連携事業「Civic Service」なので、破格の待遇です!超オススメ!

活動テーマ
活動場所

施設は社会的な活動があまりない、田舎の小村にある。といっても、施設には30名程の様々な人々がいるので、退屈することはないはず。Franche-Comt?は美しい地方で、ワイン、ソーセージ、チーズが有名。Haute-Sa?neの農村部、人口380人のBeaumotte 村に流れる川の端にある。最寄りの大きな町Vesoulまで25km、Besan?onまで30km、小さな町
Riozまでは12km。建物は大きな庭園で囲まれ、施設には若い居住者との文化活動や住民達にも開放する催しを企画する活動部屋「le Bateau」もある。

必要経費
  • 29,000〜29,000円

毎月489 EUR(約67,000円)の小遣いをもらい、うち150 EUR(約18,000)円を施設に宿泊・食事の補助費として支払います。

活動日程
  • 2023/01/09~09/08
募集対象

18~30歳の男性で、異文化や地元のやり方を尊重でき、オープンマインドで積極的に行動・交流する意欲が十分にある人。フランス語はできなくても現地で頑張って覚えればいいが、少しでもできるなら勿論歓迎!NICEでの活動経験も必須ではないが、歓迎。対面での事前研修に参加必須。
さまざまなことを学びたい方、自分自身を発見し、沢山の人々と出会いたい方、グループ活動・地域の生活に貢献する準備ができている方、提案やイニシアチブをとるのが好きな方、様々な人々と一緒にプロジェクトをリードしたい方。人里離れた、ワイルドな自然の中に住むことができる方、運転免許をお持ちの方。

注目ポイント
  • このプロジェクトはフランス政府との提携事業「Civic Service」の枠組みでボランティアを受け入れます。日本のNICEに特別に枠をくれました!
  • 旅費は自己負担ですが、NICEへは会費は通常よりも遥かに安い29,000円(年会費3,000円含む。海外・超短期・初参加と同料金)のみでOK!更に毎月489 EUR(約67,000円)の小遣いをもらい、うち150 EUR(約18,000)円を施設に宿泊・食事の補助費として支払います。
対象身分/年齢
募集人数

1名

特徴

募集詳細

背景

人々が出会い、建設的な行動力を生み出すこと、共に働き、生活することによって、固定観念や偏見をなくすことを目的としたプロジェクト。正式な教育方法でなくとも、誰もが互いに教え合い、学び合うことができると信じる「普通教育」を推進している
主な目的は以下の通り。
集団生活
このプロジェクトの最も重要な要素。期間中は7人のボランティア、1人のインターン、3人の有給社員が共に暮らし、料理、食事、掃除、交流をし、平和で調和のとれた生活を送る

共同作業
すべての仕事には教育目的があり、参加者は社会、文化、言語の違いを超えて、共に働くことを学ぶ。日々の仕事は、自分自身をより深く知り、自分の限界を超えるための機会でもある。仕事はは変化に富み、スタッフのサポートも受けられる。作業は、週35時間程度

環境への取り組み
パーマカルチャーの原則に従って開発された共同農園で、植物や野菜を生産。農園は、教育や啓蒙活動の場にもなっている。地域住民全員が、庭の手入れや栽培、動物の世話に協力している。Le Creneau は、Prureaux領地を、自然とそこに住む人々を尊重し、調和のとれた、生産的で再生可能なエコシステムにすることに取り組んでいる


仕事内容

様々な国籍のボランティアと日常生活を一緒に過ごす。可能な限り、国籍や性別が混ざり合い、みんなが仲良くなれるように配慮される。ボランティアは、Le Creneauの様々な活動に横断的に参加。建物の改修、日常生活の運営、文化イベント、ワークショップ、会議などの企画と参加、夏休みに若いボランティア(青少年とティーンエイジャー)を対象とした国際ワークキャンプを開催、ガーデニングと動物の世話、ボランティア活動の推進と活動に関する情報提供

・地域社会への貢献
1年のうち、1週間またはそれ以上の期間、一般市民と日常生活を共にする。ゲーム、シンポジウム、市民討論会など、様々な活動を提案し、この交流をよりダイナミックなものにする

・若者向け動画制作
Le Creneauは、5歳から12歳の子供たちを対象としたネイチャークラブを運営する、環境センターを開発。ボランティアは、2週間ごとに、アクティビティの企画と動画制作に参加する

・イベントの開催
Le Creneauは、年間を通じてワーキング・グループ、研修コース、交流ワークショップ、文化的なイベント(ダンスパーティ、異文化食事会やコンサートなど)を開催。Le Creneauを友好的な出会いと発見、体験と思い出の場所となるように、住民一人ひとりがこれらのイベントの企画に参加する

・主催団体のソリダリティー・アクション
教育者を伴い、現地での生活や活動を体験する。1週間または2週間、ボランティアグループは歓迎され、仕事、食事の準備、共有スペースの管理など、日常生活を共にする。グループは教育者の責任のもとで活動。午後は自由行動


宿泊

設備を備えた敷地内の一軒家。4つの部屋、トイレとシャワー付きバスルーム、大きなリビングルーム、ダイニングルーム、共同キッチンがある


ビザ

特別の長期ボランティア・ビザを取得(受入後にSJからご案内します)。


備考

☆ 出生証明書とその公式な仏語訳(在日フランス大使館等で依頼可。12,000円程かかる)、活動ができることを立証する健康診断書、フライト出発の72時間以内のPCR陰性証明書またはワクチン接種(モデルナ等)が必要。
☆ 記載の注意事項もしっかり理解・了解すること。コロナ禍の状況等により、直前や活動中に変更・中止になる可能性もあるが、航空券の変更・手数料等は自己負担となり、出国前のPCR検査やビザ取得等に要する費用も自己負担。
☆ 同期間に他国のボランティアと一緒になる予定です。


主催者・支援機関詳細

1923年に設立した国際団体Youth Action for Peace (YAP)のフランス支部として設立されたSolidarites Jeunesses。YAP解散後は独自に活動。ワークキャンプが活動の大部分で、環境・福祉・建設・文化保存等の分野で住民を巻き込み、地域の発展を狙います。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されています

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集