こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. 「本と映画で見る私と日本、私と中国」1dayイベント参加者募集!

更新日:2022/07/11

「本と映画で見る私と日本、私と中国」1dayイベント参加者募集!

日中学生会議
  • 開催場所

    駒場東大前駅 徒歩4分 [東京大学駒場キャンパス] (1. 東京大学駒場キャンパス 13号館 1323教室 (京王井の頭線 駒場東大前駅より徒歩3分程度)2. オンライン参加(zoom)「1. 駒場キャンパス」で対面でお話しできると運営一同大変嬉しいです!)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

この募集の受入団体「日中学生会議」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

f238c2e91f-event_international_recruiting_90286_main.jpg

前回大好評だった日中学生大討論ch第二弾!!今回は日中国交正常化50周年を記念し、日本と中国の50年間に関して「本」「映画」を中心に文化交流の視点から日中関係を見つめなおします📚🎥  

活動テーマ
開催場所

1. 東京大学駒場キャンパス 13号館 1323教室 (京王井の頭線 駒場東大前駅より徒歩3分程度)
2. オンライン参加(zoom)
「1. 駒場キャンパス」で対面でお話しできると運営一同大変嬉しいです!

必要経費

無料

開催日程

2022年7月10日(日) 16時〜18時(15時40分開場)

募集対象

中国人留学生・日本学生を募集中です。社会人や高校生の方も大歓迎です。

注目ポイント
  • 日中関係論壇の教授陣を始めとして日中に関わる研究をされてきた教員をお招きしご自身と日本の本や映画、中国の本や映画を関連付けて日中について国交正常化50年の歴史を振り返りながらパネルディスカッションを行っていきます。
  • 参加いただいた皆様にはもし機会があればご自身の興味のあるトピックについて発言していただくことも可能となっております。
  • 今まで中国にあまり関心がなかったりあまり詳しく知らない方も親しみやすいテーマを通して日中について話を広げていくことができるので皆さん気軽にご参加下さい♪
対象身分/年齢
特徴

募集詳細

  • c327bc2f81-event_international_recruiting_90286_sub1.jpg
  • da45eeb71a-event_international_recruiting_90286_sub1.jpg
  • b090faad11-event_international_recruiting_90286_sub1.jpg

体験談・雰囲気

このイベントの体験談

▼日時:2022年7月10日(日) 16時〜18時(15時40分開場)
▼内容:日本と中国の50年間に関して、「本や映画」を中心に文化交流の視点から日中関係を見つめなおす。
▼会場(以下2つからお選びいただきます。):
1. 東京大学駒場キャンパス 13号館 1323教室 (京王井の頭線 駒場東大前駅より徒歩3分程度)
2. オンライン参加(zoom)
「1. 駒場キャンパス」で対面でお話しできると運営一同大変嬉しいです!
▼費用:無料
▼募集対象:中国人留学生・日本学生を募集中です。社会人や高校生の方も大歓迎です。
▼参加スタイル:
参加者のみなさまは、登壇者とともに議論に参加したり、質疑応答の時間に質問をしていただいたりなど、活発にご発言いただけますと幸いです。もちろん、発言せず聞くだけの参加も大歓迎です。
▼使用言語:日本語
▼応募方法:ポスターのQRコード読み込み
▼応募締切:2022年7月9日(土) 正午


中国人留学生と日本学生の交流の機会となります!ご友人とのご参加も、お一人のご参加も大歓迎です。

このイベントの雰囲気

第1回のご講演者として日本経済新聞社の経済・社会保障グループ長(経済部長)、前中国総局長でいらっしゃる高橋哲史氏をお招きしました。参加学生からいただいた感想を一部抜粋しご紹介致します。

「日中関係が良くなることは今のメディアや世間を見ていると難しいのでは、と感じてしまうことがあったが、今日のイベントに参加して日中がよりよい方向に向かうことを願っている人々がこんなにも多くいることを改めて知ることができ、そのような集まりとしてこれからも日中の明るい未来に向けてぜひ行動していきたいと思った。」

「歴史を踏まえた、また記者目線の中国の見方を知ることができ、とても勉強になった。」

「コロナ禍で中国現地に行けない中、中国の経済、メディアに関する事を中国に興味を持つ同年代の方々と交流でき、とても有意義な時間を過ごす事ができました。そして、高橋様の講演では、中国のこれまでの歩みや課題を知ることができ、これからの学習の意欲になりました。」

「メディア関係に従事していらっしゃる方からお話を聞く機会はあまりないので、非常に勉強になりました。また、ここ数年はコロナの影響で、中国の社会的立場や、政治体制が時に注目されている時なので、ホットな時に実際に中国にいらっしゃり、取材をされてきたマスメディアの方のお話を聞くことは非常に貴重な機会でした。」

特徴
雰囲気
関連大学
  • 3fc50e8a5f-event_international_recruiting_90286_sub2.jpg

団体情報

“『結実』〜架け橋となる存在へ〜”
代表者

今井美佑(実行委員長)

設立年

1986年

法人格

学生団体

日中学生会議の団体活動理念

『結実』〜架け橋となる存在へ〜

この理念には、当団体の歴史と未来への想いが詰まっています。

①「今まで積み上がってきたものが出来上がるように」

日中学生会議は41年続いている国際交流の学生団体であり、これまでオンラインとオフラインの双方で開催してきました。その歴史をしっかりと受け継ぎ、未来へのバトンを渡すために1年間活動をやり通します。

②「縦横の繋がりを大切にする」

当団体にはOBOGや日中団体の横断グループ、顧問の先生など携わってくださる多くの方々との繋がりがあります。参加者1人1人がこの繋がりによって成長できる日中学生会議を目指します。

③「これからの未来を担うために歩む」

日中学生会議メンバーは日中の未来を担うという使命があります。この経験を糧に日中の未来を切り開くためそれぞれの形で更なる飛躍をして欲しいという思いを込めました。

日中学生会議の団体活動内容

  • 全体スケジュール:
    ① 顔合わせミーティング(1-2時間) 2022年6月5日(日) オンライン
    内容:自己紹介/アイスブレイク/日中学生会議・分科会紹介
    ②キックオフイベント(半日) 2022年6月12日(日) 対面又はオンライン
    内容:使用言語でグループ分けしチームごとに議論/発表/OBOG交流
    ③分科会決め 2022年6月26日(日) 対面又はオンライン
    内容:中国委員含めた実行委員との交流。分科会希望を提出。
    ④中間合宿 2022年7月2日(土)~7月3日(日) 対面
    ⑤本会議合宿 2022年8月7日(日)~8月26日(金) 大阪⇒静岡⇒東京
    ★日中学生との共同生活•議論を通して相互理解を深める。本会議終了後、各分科会で報告書の作成を行う。
    ⑥報告会 10月
    ★会議の集大成として会議内容をプレゼンする。

※お申し込みはホームページで「日中学生会議説明会」と検索するか、SNSからお願いします。

活動実績

2022年
日経新聞・前中国総局長にきく!中国×経済×メディア

2022年02月19日

2022年2月19日(土)に50名ほどの学生と数名の大学教授をお招きし、イベントを開催致しました。「国交正常化50周年に集う」と題した当イベントは、日中国交正常化50周年を記念し、第41回日中学生会議主催で開催致しました。

記念すべき第1回のご講演者として日本経済新聞社の経済・社会保障グループ長(経済部長)、前中国総局長でいらっしゃる高橋哲史様をお招きしました。

[テーマ]
メディア人からみた中国の変遷

[アジェンダ]
①ご講演
②日中学生会議委員との対談
③参加者との全体討論
④交流会
~イベント後~
⑤懇親会(ROOM1: 高橋様への質問会、ROOM2: 参加者同士の交流会)



日中学生会議のボランティア募集

日中学生会議の職員・バイト募集