1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. アメリカ合衆国の海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. アメリカ合衆国での国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 刑務所から社会への復帰を支援。コミュニティ再統合と、社会正義を学ぶ

更新日:2022/06/23

刑務所から社会への復帰を支援。コミュニティ再統合と、社会正義を学ぶ

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    アメリカ合衆国

  • 必要経費

    89,000〜89,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / シニア

基本情報

Community Reentry & Social Justice (Hartford) -刑務所から社会への復帰を支援-

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 89,000〜89,000円

受入側が活動中の泊まる所と食材を提供します。それなので宿泊費、食材費はかかりません

活動日程

3ヶ月以上(開始日・終了日は自由選択)

募集対象

21才以上。英語中級。基本的なPCスキルをお持ちの方。禁酒・ドラッグ厳禁。室内禁煙

注目ポイント
  • 刑務所から社会への復帰を支援できる
対象身分/年齢
募集人数

1名

特徴

募集詳細

背景

Hartford Dismas House は刑務所から出所した男女に住居と機会を提供し、彼らが地域社会にうまく復帰できるよう支援


仕事内容

オフィスでの事務処理、募金活動の手伝い、施設の活動計画や参加、また居住アドバイザー業務(下記参照)を通してコミュニティを支援。仕事の種類と勤務時間は様々だが、通常1日4~6時間。夕食も一緒にとる

<住居アドバイザー>夜間と隔週で勤務する自信のある方。 主な役割は、緊急時のスタッフへの連絡、夜間のドアの施錠、居住者のサポート、施設内行事への参加。

<オフィスアシスタント>小規模な非営利団体の日常業務全般をスタッフと共に行う。事務作業、学生の募集活動、資金調達活動、一般的な管理業務、および寮のグループ活動すべてに参加。

【学習テーマ】 刑務所から社会への再統合


宿泊

ビクトリア調のシンプルな家具付きの大きな家に滞在。部屋はシェア。食事と洗濯は提供。シーツ、タオル有。Wi-Fi有


場所

バーモント州ハートフォード(Hartford)。ウィンザー郡にある人口1万人の美しい小さな町。グリーン山脈、ホワイト川とコネティカット川の近く


企画

釣りや海水浴に最適な場所まで徒歩圏内。すべての活動に参加しながら、休暇をとって自分で旅行することができる。今までのボランティアは、モントリオール、ボストン、ニューヨーク、ロデオ、山登り、バーモント州の有名なBEN&JERRY'Sを訪問!


主催者・支援機関詳細

1981年設立のNGO、Volunteers For Peace。一つの地球で、人々が国の違いを超えて、みんなの生活を改善するために一緒に行動する。国際ワークキャンプは、そんな将来の社会のモデルである、という理念のもとに活動。組織運営も外に頼らず、全て参加費や会費で賄う。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されている

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集