1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. ネパールの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. ネパールでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. パーマカルチャーを取り入れた野菜畑で、ガーデニングや農作業。

更新日:2022/06/15

パーマカルチャーを取り入れた野菜畑で、ガーデニングや農作業。

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    ネパール

  • 必要経費

    39,000〜39,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

  • 活動日程

    2022/11/20~30

基本情報

bb6857a51d-20207_ext_28_1.jpg

ガーデニング・農作業・ペンキ塗り

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 39,000〜39,000円

14人
追加登録費は参加費200ユーロ(=約24,000円)+交通費(空港から開催地までの送迎)60ユーロ(=約7,200円)は現地到着時払い

活動日程
  • 2022/11/20~30
募集対象

14人
英語基礎レベル。参加者や子ども達と英語でコミュニケーションがとれること

注目ポイント
  • ガーデニングや農作業、ペインティングなどを楽しみたい方におすすめ
対象身分/年齢
募集人数

14名

特徴

募集詳細

背景

ナラティカ・コミュニティ・ラーニングセンター(NaraTika Community Learning Center (NT-CLC))は、ボランティア主導のネパールの夢のプロジェクト!このセンターを活用し、オカンドゥンガ(Okhaldhunga)における全人的なコミュニティ・エンパワーメント・プログラムを持続させることが目的。この場所は、あらゆる年齢層を対象としたコミュニティ・ラーニングセンター。3才~8才までの児童センター、8才以上の子どもの図書館またはトレーニングルーム、200人収容可能な会議室、16人収容可能なワーキングステーション、35~50人収容可能な寮、男女別のトイレとシャワー、ロビー、ボランティアセンター、保健室などがある。現在、パーマカルチャーを取り入れた小さな野菜畑をセンター内に作っている。このプロジェクトの目的は、コミュニティ・ラーニングセンターの活動を地域社会に普及させること


仕事内容

ネパールの田舎町、オカンドゥンガ(Okahldhunga)の恵まれない地域のラーニングセンターの運営をサポート。フェンス、壁などのペンキ塗り、改修。様々なアクティビティを企画。パーマカルチャー技術による野菜栽培の開発の推進、支援。ガーデニング。ガーデニングや農作業、ペインティングなどを楽しみたい方におすすめ

<ワークキャンプの流れ、オリエンテーションについて>
初日は到着日で、VINの現地スタッフが空港で出迎え宿泊場所に送迎。 2日目は、カトマンズにあるVINの事務所で終日オリエンテーションを受ける。オリエンテーションでは、文化や健康に関する役立つ情報、ネパール語のサバイバル・フレーズについて学び、VINの紹介、プロジェクト活動の準備などが行われる。その後、車で最低8時間かかるプロジェクトサイトのOkhaldhungaに移動する。キャンプでは、ネパール人キャンプリーダーかVINのスーパーバイザーが随時ボランティアを訪問し、フォローアップとサポートを行う。何か心配なことがあれば、いつでも電話で相談可能。ワークキャンプ最終日、ボランティアは作業報告書を作成し、退出届に記入した後、VINの役員とのインタビューと フィードバックセッションを行う


場所

カトマンズから250km離れたオカンドゥンガ(Okhaldhunga)地区。森や草原に囲まれた丘陵地帯で、約8時間かけてバスで移動。最寄空港は、トリプバン(Tribhuwan)国際空港

ヒマラヤ山脈のオカンドゥンガ(Okhaldhunga)地区は、エベレスト地域にある地球上の小さな天国。ネパール北東部のSagarmatha地帯に位置する。オカンドゥンガはネパールで最も美しい場所のうちの1つであり、神秘的な光景が見え、心打たれる多くの景色がある


企画

受入団体VINがワークキャンプの前後、また最中に半日文化観光に案内してくれる。観光の前に、観光の最中に。また、興味があれば追加料金にて、チトワンジャングルサファリ(Chitwan Jungle Safari)、ポカラ(Pokhara)、ナガルコット(Nagarkot)への週末旅行ツアーも企画している


備考

参加者が5人以下の場合、カトマンズ付近の他コミュニティでの開催に変更


主催者・支援機関詳細

社会から疎外されたコミュニティで、特に女性や子どもの健康と社会的、経済的地位を高めるために2005年に設立されたVolunteers Initiative Nepal

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集