こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 福島のボランティア募集一覧
  3. 福島での国際系ボランティア募集一覧
  4. ワークキャンプ・ビレッジ始動!元NICE職員を中心に過疎地域を盛り上げる!

更新日:2022/08/04

ワークキャンプ・ビレッジ始動!元NICE職員を中心に過疎地域を盛り上げる!

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    福島[いわき市]

  • 必要経費

    29,000〜29,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

この募集の受入法人「特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

3c2295fcbd-tabito4.jpg

環境整備、子どもキャンプ準備、サポート

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 29,000〜29,000円
募集対象

日本人・外国人合わせて6名
地域住民や子どもへの気遣いの姿勢も持っている人なら誰でも!

注目ポイント
  • 元NICEの職員が受け入れを行うので安心!
  • 自然の中で子どもたちと思いっきり遊べる!
対象身分/年齢
募集人数

6名

特徴

募集詳細

背景

田人里山再生委員会と2回目の開催。田人町(たびとまち)は、いわき市の中でも高齢化が進む地域であると同時に、昔ながらの里山風景が残っている。2019年に地域おこし協力隊として着任した元NICE職員の小野(現姓:下條)の夫が田人町に魅了され、地域の里山自然や里山文化を次の世代にも受け継いでいくため、地域の方々を巻き込んで田人里山再生委員会を発足。夫妻が描く、過疎高齢化が進む町をワークキャンプムーブメントで盛り上げていく「田人ワークキャンプ・ビレッジ」構想が本格始動。2021年に短期ワークキャンプを企画するもコロナで断念。2022年は春に超短期ワークキャンプ、夏に短期ワークキャンプと中長期ボランティアの開催を予定。


仕事

➀前半は地域内の環境整備や農作業など
②後半は子ども向け自然体験キャンプの補佐


場所

いわき市は福島県浜通りの南部に位置する市。東北地方で2番目に人口の多い都市。田人村は1966年にいわき市と合併した。田人地区は市の南部に位置し、急峻で山岳が全体に連なり、起伏が多い地域。


宿泊

田人ワークキャンプ・ビレッジに宿泊。交代で自炊。寝袋は必須。近くの宿のお風呂を利用。

  • 3c758f8b80-tabito1.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集