こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 奈良のボランティア募集一覧
  3. 奈良での環境・農業系ボランティア募集一覧
  4. 農薬や化学肥料をできるだけ使わない!地球にも人間にもヘルシーな農作物作り♪

更新日:2022/04/02

農薬や化学肥料をできるだけ使わない!地球にも人間にもヘルシーな農作物作り♪

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
  • 活動場所

    御所駅 徒歩9分 [奈良県御所市]

  • 必要経費

    0〜39,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

この募集の受入法人「特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

耕作放棄された棚田等を有機農業で再生

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 0〜39,000円

受入側が活動中の泊まる所と食材を提供します。それなので宿泊費、食材費はかかりません。

活動日程

2022/04/01~12/31の間で1ヶ月以上

募集対象

【対象】
農業、園芸への関心。体力面で概ね問題が無いこと。

注目ポイント
  • *中山間地の棚田の重要性や里山について学べる
  • *地域の農家、学校関係との交流
対象身分/年齢
募集人数

2名

特徴

募集詳細

【背景】

杉浦農園(代表・杉浦英二さん)と2017年から7回目の共催。杉浦農園は、2003年から無農薬栽培による環境保全型農業に取り組んでおり、里山の水や樹々などの自然の恵みを農法に活かし、堆肥作りから栽培、収穫、加工まで行う。現在は集落の高齢化により耕作放棄地が増え、杉浦さんがほぼ1人で2ヘクタールの田畑の管理を請けおい、様々な農作物を育てている(米、ニンジン、トマト、その他季節によってさまざま!)。景観や土壌の保全、食の安全を守るため、今後も田畑を健全な状態に保ち続けたい。また、過疎の進む御所に県外からの若者が集まることによって、農園での活動から地域を盛り上げる。

【内容】

荒廃の進む中山間地帯の棚田保全に取り組む。
①有機野菜や米の管理、収穫など。
②棚田における作物生産。
③荒れた棚田の復興。
④有機栽培作物の推進イベント企画・運営

【場所】

御所市は、奈良県の大和平野の西南部に位置し、西部に金剛山・葛城山が峰を連ね、東南部の丘陵地から平地の広がる緑豊かな自然に囲まれた田園都市。県都奈良市へは約25キロメートル、大阪の都心部へは約30キロメートルという距離にある。豊かな自然と悠久の歴史に彩られた文化遺産を今に伝える歴史ロマンが漂う緑豊かな生活文化都市。

【宿泊】

受け入れ団体の方の住宅隣にあるボランティアハウス。ただし、炊事場、風呂シャワー等は共用。寝袋不要。自炊。Wifiの利用可。喫煙も全面的に不可。

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集