1. ホーム
  2. 京都のボランティア募集一覧
  3. 京都でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 災害と教育事業部わたげプロジェクト

更新日:2022/05/27

災害と教育事業部わたげプロジェクト

NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)

この募集の受入法人「NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

1527c995e6-member_children_recruiting_87114_main.png

「すべての人が災害と向き合う社会をつくる」というビジョンのもと、防災教育を語り・学び合うコミュニティづくりや、防災教育の担い手育成ワークショップの開催、学校・地域での防災の出張授業などを行っています。

活動テーマ
活動場所

定期ミーティングは基本オンラインで行います。
フィールドワークやイベントおよびリハーサルなど、対面で実施する場合もあります。

必要経費
  • 3,000円

NPO法人ROJEの会費としていただいております。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

募集対象

こんな人におすすめ!
・防災や防災教育に興味・関心がある人
・子どもたちと直接関わってみたい人
・災害や被災地について学びたい人
・自分の思いを語るのが好きな人
・新しいことに挑戦してみたい人
・企画を考えるのが好きな人
・ひとが繋がるコミュニティ運営に興味がある人

注目ポイント
  • NPOの運営活動を通して、社会に出てから役に立つ知識やスキルが身につく!
  • 自分のやりたいことを仲間とともに形にすることができる!
  • 大学1、2年生積極募集中!手厚い現役生のサポートで初めてでも安心!!
対象身分/年齢
関連スキル

募集詳細

活動概要

活動コンセプト

わたげプロジェクトでは「すべての人が災害と向き合う社会をつくる」というビジョンのもと、防災教育を語り・学び合うコミュニティづくりや、防災教育の担い手育成ワークショップの開催、学校・地域における防災の出張授業など多様な事業を行っています。


ミッション

明日起こるかもしれない災害で、尊い命が失われることがないように、「教育」で過去の災害を未来へ継承する。


ビジョン

すべての人が災害と向き合う社会をつくる



活動背景

ー大災害は、いつ起こるかわからない

政府の統計によると、30年以内に南海トラフ地震や首都直下型地震が発生する確率はなんと70〜80%(2020年1月時点)とされています。日本に住む私たちは常に、いつ起こるかわからない災害と隣り合わせで生活しています。

ー防災の現状


しかし、大災害が起こると発表されている一方で、災害への備えが十分になされているとは言えません。多くの人が「明日災害が起こることはないだろう。」と災害を他人事として考えているのではないでしょうか。学校では「形だけ」避難訓練を行うだけで、生徒自身の防災に対する主体性や防災意識を高めることが十分にできているのでしょうか。このように、いつ起こるかわからない大災害に十分な防災が行われていないのが現状です。

ー東日本大震災での悲劇

2011年の東日本大震災では自然災害としては戦後最大となる1万8千人以上の死者・行方不明者を出しました。宮城県石巻市の旧大川小学校では、防災対策の不備や誤った避難指示によって全校生徒の半数以上にあたる70人以上の尊い命が失われ、社会に大きなショックを与えたとともに、不十分すぎる防災の実態が明らかになりました。 我々はこのような過去の災害から学び、二度と同じ過ちを繰り返してはなりません。

ー「教育」で、過去の災害を未来へ継承する

私たちわたげプロジェクトは「すべての人が災害と向き合う社会をつくる」というビジョンのもと、過去の災害の教訓をすべての人が受ける権利を享受する「教育」という形で未来に継承するための様々な活動を行っています。



活動内容

防災コミュニティ運営

教育関係者や防災・防災教育に関心のある市民の方に向けて、「防災教育実践交流会」を年2回ほど開催しています。防災教育の専門家・実践家によるセミナーや、有志の教員や市民の方による防災教育実践のブース発表を企画・運営し、多様な学びやつながりが生まれる場づくりを実現しています。

また、防災教育をテーマにした読書会を開催したり、Facebookで「防災教育実践オンラインコミュニティ」という公開グループを運営したりするなど、様々なかたちで「防災教育のネットワーク」をつくり、防災教育の普及や発展を目指しています。


わたげschool(防災教育の出張授業)

京都の教育現場を中心に、それぞれの現場にあった防災教育実践を、現場の教育者の方と一緒に探求していく取り組みです。幅広い年齢層の児童・生徒・学生を対象に、それぞれの教育現場の強みを活かした防災学習を企画・実践しています。

高校生に対して社会福祉的視点を取り入れた防災ワークショップを継続的に実施したり、民間の学童保育に在籍する児童に京都市の地域資源を活用した防災学習を年間を通して行ったりしています。


被災地支援・フィールドワーク

年に数回、東日本大震災の被災経験を持つ福島県や岩手県を訪れ、災害の教訓や震災後の地域課題を学んでいます。現地では小中学生対象の学習サポートをはじめとした教育支援を行いながら、震災遺構をこの目で見たり、震災を経験された方のお話を聞いたりして、自分たちが防災教育の担い手として京都で何を伝えていけるのかを考えます。また、定期的にフィールドワークも実施し、震災について学ぶことができる施設を訪れることで、地域防災や災害支援などを学習しています。

実施後は、現地での経験や学びの報告会を京都で開催したり、学生ブログ等のメディアで発信したりしています。



活動成果

2018年4月より活動を開始し、防災教育について多様な事業を展開してきました。

2019年10月までにコミュニティ運営やワークショップ、出張授業に参加した人の総数は120名を超えており、多くの教育関係者や市民の方々、子どもたちに、防災や防災教育を知り・学び・考える場を提供してきました。

2020年からは、オンラインメディアを活用した防災教育実践の発信にも力を入れています。イベント参加者からは、「防災教育の在り方について考えることができた」「様々な立場の方の意見が聞けて良かった」など、高い評価を得ています。



団体連携

<協力団体・企業>

・認定NPO法人カタリバ 災害時子ども支援「sonaeru」

・合同会社なんかしたい「西院学童保育あそびのば」

<過去の助成・後援元>

・京都市教育委員会 (2019年度)

・文部科学省(防災教育実践交流会・2019年度)

・真如苑(2020年度,2021年度)

・JR西日本あんしん社会財団(2020年度,2021年度)

<現在の活動助成元>

・YSコミュニティ財団

体験談・雰囲気

雰囲気

法人情報

“「教育で未来をつくる」をビジョンにさまざまなプロジェクトを行なっています。”
代表者

隂山英男

設立年

2005年

法人格

NPO法人

日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動理念

「教育で未来をつくる」のビジョンのもと、学生と社会人が、立場や年齢を超えてつながり子ども・教員・学校が抱え価値の創造に挑み続けます。

日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動内容

ROJEは現在、関東と関西にそれぞれ事務局を設置し、「防災・復興教育領域(災害と教育事業部)」「学校ソリューション領域」「メディアコンテンツ領域」「イベントコンテンツ領域」の4つの部門に分かれて活動しています。ここでは関東と関西を分けてプロジェクトを紹介します。ROJEについてもっと知りたいという方は、≪法人概要≫にあるリンクから団体HPをご参照ください。


【関東の大学生はこちら!】

<つぼみプロジェクト>

キャリア意識が育ちにくい環境にいる子どもたちが(いろんな選択肢を知った上で)自分にとってベストな選択ができるように。福島県南相馬市の小中学生を対象にキャリア教育による震災復興支援を行っています。東京での宿泊型イベント「東京スタディーツアー」を中心に震災・原発事故によって働く大人の姿を見る機会が減少した子どもたちへと支援しています。


<関東中高まなびプロジェクト>

中高まなびプロジェクトでは、都内提携校2校において中高生に向け授業実践を行なっています。コンセプトは「開かれた教室で学びが拓かれている未来」。全ての人が、生徒とふれあい、学び合える「開かれた教室」で、五教科の学習や受験のための学習に限らない「拓かれた学び」を目指しています。


<学校ボランティアプロジェクト>

私たち学校ボランティアプロジェクトは、「子どもの『できる』を増やし、成長を支援する」という理念を掲げ、提携している都内の公立小中学校に大学生、大学院生をボランティアとして派遣しています。

また、大学生が主体となって運営しており、運営メンバーはボランティアや学校と協力して、より子どもの成長を支援できるよう日々活動しています。


<EDUPEDIA関東>

教育現場に存在する多様な教育実践を先生方にお届けすることを目的としています。そのために、教育実践を取材・記事化しサイトに集約して発信しています。 また、「EDUPEDIA for STUDENT」では、教員という仕事・その他の教育系の仕事・教育系の学問等に関するコンテンツを発信しています。


<教育と仕事フェス>

教育と仕事フェスプロジェクトは2019年に活動を開始した新しいプロジェクトで、「大学生がキャリアモデルに出会い、将来を考えるきっかけになること」「一人一人が納得して自身のキャリアを決められること」を目指し活動を行っています。毎回、教育業界からゲストをお呼びして、自身の仕事について熱く語っていただきます。学生時代の話や、就職のこと、今の仕事内容などをお聞きします。



【関西の大学生はこちら!】

<わたげプロジェクト>

明日起こるかもしれない災害で、尊い命が失われてしまうことがないように。

「すべての人が災害と向き合う社会をつくる」をビジョンに、防災教育を語り・学び合うコミュニティづくりや、防災教育の担い手育成ワークショップの開催、学校・地域における防災の出張授業など多様な事業を行っています。


<関西中高まなびプロジェクト>

開かれた教室で拓かれる学びを。

中高まなびプロジェクトでは、中学生・高校生に向けた授業企画やワークショップの開催を行っています。コンセプトは「開かれた教室で拓かれた学び」です。

全ての人が、生徒とふれあい、学び合える「開かれた教室」で、五教科の学習や受験のための学習に限られない「拓かれた学び」を目指しています。


<EDUPEDIA関西>

教育現場に存在する多様な教育実践を先生方にお届けすることを目的としています。そのために、教育実践を取材・記事化しサイトに集約して発信しています。 また、「EDUPEDIA for STUDENT」では、教員という仕事・その他の教育系の仕事・教育系の学問等に関するコンテンツを発信しています。



紹介動画



活動実績

2005年
団体発足

2005年10月


虎ノ門パストラルホテルにてNPO発起講演会の開催

2006年
第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

2006年06月05日

第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

・隂山先生、横山先生の授業実践

・NPO法人FTEXTのワークショップ

第一回教育夏まつり開催(来場者:400人)

2006年08月

第一回早稲田祭イベント開催(来場者:350人)

2006年11月

2007年
第二回東京大学五月祭講演会イベント 開催

2007年05月

タイトル「僕たちの教育再生会議」

学校ボランティアプロジェクト事業化

2007年07月

2008年
関西支部発足

2008年03月

【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2008開催、隂山メソッド指導者養成講座開催

2008年05月

【フォーラム】タイトル「みんなでつくる教育2.0」

教育夏まつりプロジェクト発足

2008年06月

「教育夏まつり2008」参加 早稲田祭プロジェクト発足、教育サマーセミナー2008開催

2008年08月

早稲田祭2008 トークイベント「それでいいのか?大学生!」開催・野口塾in東京開催

2008年11月

2009年
【関西】 理科実験教室プロジェクト・トークカフェプロジェクト・教育夏祭り関西企画プロジェクト発足

2009年03月

一般財団法人人間塾・公益財団法人電通育英会ほかより助成を受け実施

【関東・関西】 EDUPEDIA事業化・サイト開設

2009年04月

【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2009開催

2009年05月

タイトル「いま必要な学びとは?」

教育夏まつり2009開催

2009年08月

2010年
【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2010開催 【関西】 関西教育プレフォーラムプロジェクト発足

2010年05月

【フォーラム】タイトル「学校大公開時代」

【関西】 立命館にて、関西教育フォーラム2010開催

2010年11月

2011年
【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2011 「教育×震災~いま、私たちができること~」開催

2011年05月

タイトル「教育×震災~いま、私たちができること~」

【関東・二本松プロジェクト】 東北の教育復興の一助として教育夏祭りin石巻を開催

2011年08月

【関西】 京都大学にて関西教育フォーラム2011開催

2011年11月

2012年
【関東】 中高まなびプロジェクト発足

2012年

第五回京都21世紀教育創造フォーラム 『日本の未来と人づくり~グローバル時代のサイエンス教育像~』 京都21世紀教育創造フォーラム実行委員会・関西プレスクラブ共催 東京大学五月祭教育フォーラム2012開催

2012年05月

【関西】学習支援ボランティア開始

2012年06月

東京スタディツアー2012開催

2012年08月

テーマ 「絆×未来 福島の子どもたちが、東京で絆と未来を考える」

東京スタディツアー2012開催

2012年08月

リレー対談プロジェクト化

2012年09月

関西教育フォーラム2012開催

2012年11月

2013年
【関西】 EDUPEDIA参加、放課後ボランティアプロジェクトcomp発足、イベント企画VARY発足

2013年01月

東京大学五月祭教育フォーラム2013開催

2013年05月

タイトル「教室の今と未来~いじめ・発達障害の視点から~」

教育夏まつり2013 in二本松 開催

2013年08月

テーマ 「未来のこたえを、二本松から」

【関東】リレー対談から教育対話プロジェクトに改名、【関西】 関西教育フォーラム2013開催

2013年11月

2014年
ROJE復興支援事業in飯館村発足

2014年03月

東京大学教育フォーラム2014開催

2014年05月

タイトル「『グローバル化時代』の日本の教育~変わる世界で、変える人に~」

東京スタディツアー2014開催

2014年08月

テーマ「つぼみプロジェクト~3日間の「夢」さがし~」

つぼみプロジェクト事業化

2014年09月

関西教育フォーラム2014開催

2014年11月

タイトル「グローバル化×人材」

2015年
【関西】中高まなびプロジェクト発足

2015年

東京大学五月祭教育フォーラム2015開催

2015年05月

タイトル「21世紀の教育格差」

つぼみプロジェクト2015年度東京スタディツアー開催

2015年11月

関西教育フォーラム2015開催

2015年11月

タイトル「教育格差に挑む ―学校の今と未来―」

2016年
九州支部正式発足

2016年01月

東京大学五月祭教育フォーラム2016開催

2016年05月

タイトル「学校の役割を問いなおそう-公教育が「商品」に!?-」

【九州】 たんぽぽプロジェクト発足

2016年07月

つぼみプロジェクト2016年度東京スタディツアー開催

2016年08月

東京キワニスクラブ 青少年教育賞 最優秀賞 受賞

2016年09月

関西教育フォーラム2016開催

2016年11月

タイトル「いじめ問題をもう一度~行政×学者×遺族で創る『新しい教育フォーラム』~」

2017年
東京大学五月祭教育フォーラム2017開催

2017年05月

タイトル「大学入試改革!問われる新たな能力 ~現場と家庭は何をすべきか~」

つぼみプロジェクト2017年度東京スタディーツアー開催

2017年08月

関西教育フォーラム2017開催

2017年11月

タイトル「AI時代の教育」

2018年
防災ワーキンググループを設置

2018年04月

東京大学五月祭教育フォーラム2018開催

2018年05月

タイトル「教員の多忙化」

つぼみプロジェクト2018年東京スタディーツアー開催

2018年07月

関西教育フォーラム2018開催

2018年11月

タイトル「学校×塾×家庭 その子らしさを引き出す新時代の教育」

つぼみプロジェクト 一般財団法人人間塾 塾長講演会

2018年12月

テーマ「大学生がどう教育に関わるか」

2019年
災害と教育事業部わたげプロジェクト発足

2019年04月

東京大学五月祭教育フォーラム2019開催

2019年05月

タイトル「"教育改革"のその先へ~新時代に求められる人物像とは~」

【災害と教育事業部 つぼみプロジェクト・わたげプロジェクト】合宿in福島県・宮城県 実施

2019年07月

わたげプロジェクト 「防災教育実践交流会2019・夏~「知る」「学ぶ」から「やってみる」へ~」開催

2019年08月

関西教育フォーラム2019開催

2019年11月

タイトル「人生のコンパスを子どもたちに ― 社会につながる学びとは 」

2020年
ROJE関東教育フォーラム開催

2020年07月

タイトル「どうなる?大学入試〜改革延期の今、何が必要か〜」

関西教育フォーラム2020開催

2020年11月

タイトル「先生はどう働き、子どもはどう学ぶか─コロナ禍で問う学校のあり方─」

2021年
ROJE関東教育フォーラム2021開催

2021年05月

タイトル「変わりゆく時代、変わりゆく大学 ~問い直そう!大学の役割~」

関西教育フォーラム2021開催

2021年11月

タイトル「今こそ、教育格差を語ろう。− "誰ひとり取り残さない"を目指す、with ICT 時代の教育とは −」

日本教育再興連盟(ROJE)のボランティア募集

日本教育再興連盟(ROJE)の職員・バイト募集