こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 【9月24日(土)出展者募集】地域とつながる秋葉さまの田心マルシェ@浅草

更新日:2022/07/14

【9月24日(土)出展者募集】地域とつながる秋葉さまの田心マルシェ@浅草

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)
  • 活動場所

    入谷駅 徒歩8分 [秋葉神社 秋葉神社(松が谷)]

  • 必要経費

    2,000〜3,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

この募集の受入団体「903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

a22dbc43f3-292213108_3215466245438904_1529920962356871921_n.jpg

「地域のコミュニティの場となってもらえたら」という秋葉神社の宮司さんの想いと、私たちの「農と食を通じて地域のつながりを醸成したい」という想いが重なり、『秋葉さまの田心マルシェ』がスタートしました。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 2,000〜3,000円
活動日程

9月24日(土)が、マルシェ当日となります!

募集対象

『秋葉さまの田心マルシェ』は、「地域のコミュニティの場となってもらえたら」という
秋葉神社の沼部宮司さんの想いと、私たちの「農と食を通じて地域のつながりを醸成したい」という想いが重なり、スタートしました。

【出店者募集について】
毎年、秋葉マルシェには想いの重なる方が出店してくださっています。

・地域のコミュニティの場をつくりたい
・地域とつながっていきたい
・人が集まり、会話があるというささやかな光景を大切にしたい
・子どもたちの笑顔を見守りたい

地域の方とのご縁と、子どもたちが和気あいあいとしている地域の場を理解してくれる方。
私たちが描く地域の場を大切にしてくれる方を募集しています。

また本年も「台東区にご縁のある方」を優先して募集させていただきます。

皆様と共に地域での祭典を創り上げられればと思います!


今年予定している出展者の方々はこちらです。

・株式会社葱善 様
明治18年から約130年つづく、老舗葱専門店。
江戸からの味を現代までつなぐ、まぼろしの長ネギ「江戸千住葱」を販売しています。

・コスモス浅草橋 様
障害者就労支援を行っているコスモス浅草橋さん。毎年心温まる手作り品を用意してくださいます。

・赤ねこ商店 様
大分県由布市で作られた特産品・農産品を取り扱っています。
葱善さんとご一緒した浅草松屋にて、共に出店しました!

※一般の子どもたちのハタラク体験を受け入れてくれる出展者、大歓迎です。

【出展料について】
・台東区の方:3000円
・台東区以外の地域の方:5000円

ーーーーーーーーー
ご応募の際は
■ご連絡のつくお電話番号
■ご連絡のつくお時間帯
■活動できるお時間帯
■出展希望内容
を必ずご記入いただきますようお願い致します。
ご応募・お問い合わせページのメッセージ欄にご記入ください。

応募確認後、私たちより随時ご連絡させていただきます。

注目ポイント
  • 地域の子どもたちと触れ合える!
対象身分/年齢
特徴

募集詳細

秋葉さまの田心マルシェとは


かつて浅草田圃と呼ばれたこの地域を、ふたたび食の豊かなまちに。


命を繋ぐ「食」、それを守る「農」、人間の営みの中にあるたくさんのストーリーと、それを繋ぐ多くのご縁を感じることができるのがこの場所です。


つながり豊かな食に出会える場所の実現と、薄れてしまった人との出会いの場を目指して。


お客様とスタッフ、生産者と消費者、といった垣根を超えて、地域を同じくする皆さんとともに、この「秋葉さまの田心マルシェ」をつながり豊かな場所へと育んでいければと思います。


私たちの想い

「袖ふれ合うも他生の縁」という言葉があります。

昔から言い伝えられているもので、人と人のつながりには、個人的な意思を超えた''縁''という深い力が働いているという意味です。


秋葉さまの田心マルシェ開催に際して、秋葉神社の宮司さんと、参加してくださる出展者様、関わってくださる多くの方々のご協力に感謝しつつ、一人ひとりと一本ずつ線がつながり、結ばれていくようなご縁の力を実感しています。


そうして繋がった人との縁や絆を実感できる場所を大切にしていきたい。

つながりを大切に思う気持ちの共鳴が、心を「幸福」という感情で満たし、あたたかな風を吹かせてくれるのではないでしょうか。


出展者の方々、そして来てくださる皆さま、全ての方との繋がりが豊かになりますように。

  • a6d16a17f0-106720370_640931649834959_7740182905778942372_n.png
  • 905ef3a9a8-DSC_0440.JPG
  • 4cf2820a29-P1027057.JPG
  • 92e7b3076b-P1027106.JPG
  • 074f1380a1-IMG_5925.jpg
  • af52f0f8d3-P1027149.JPG
  • 8cab78ced9-P1027057.JPG
  • a0e333b933-P1026927.JPG

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
  • d923d968aa-106205173_913886875778689_7172675666920176524_n.png
  • 4116aff814-IMG_6507.JPG

団体情報

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)

“-農と食を通して 90分圏内にもう一つの居場所を持ち 3割程度のお金に依存しない自律した生き方を体現する-”
代表者

矢尾板初美

設立年

2015年

法人格

任意団体

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の団体活動理念

農と食を通して、90分圏内にもう一つの居場所を持ち、3割程度のお金に依存しない自律した生き方を体現する。

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の団体活動内容

●現在おこなっている活動

お金があっても出来ない試み。

私たちの活動は、本当にたくさんの方の贈与の循環で成り立っています。


〇みんなのカフェ"田心カフェ"



弊社の次世代を担う子どもたちへはたらく豊かさを!のコンセプトのもと、「農」ははたらくの原点、から生まれ「心カフェ」

2020年9月、私たち一人ひとりが、地域のつながりを取り戻し、小さくても自分たちらしくはたらく場を創っていこうと、スタートしました。

スタッフは全員ボランティア。20代の社会人が多いですが、高校生から50代のメンバーまで、多様な背景の仲間で運営しています。

また、水曜日の「ラープ屋さん」、木曜日の「南インドカレー屋さん」、金曜日土曜日の「田心カフェ」お野菜たっぷりグランドメニュー、と曜日ごとにコアになる店長が変わります。

店長各々が"自ら出資し 自ら料理を作り提供する。全員で売上を共有し使い道を決める。

ボランティアメンバーと共に、これからの働き方について向き合いながら、歩み進めています。

最近では、地域の方がPOPを作って来てくれて、お客様とスタッフという関係から、地域をともにする仲間として、関係性が変わりつつあることを嬉しく思います。


○よみがえれ!浅草田圃プロジェクト~農地"0"の浅草に、最初の"1"をつくろう!

たった150年前まで、浅草には「浅草田圃」入谷には「入谷田圃」が広がっていた。

そう聴いたとき、いまを生きるわたしたちには、その田園風景が想像できませんでした。

失くなってしまった「土に触れる」「生態系を知る」「一緒になにかを育てる」という経験。

その風景の"一歩目"を秋葉神社から。

現在農地が"0"の台東区のまちに、1反(1000㎡)の田畑をバケツとプランターで一緒によみがえらせましょう。


○埼玉県越谷市にて 自社農園「田心ファーム」を運営


農と食を通じてローカルとつながる。地域がつながる。を掲げて複線的に楽しんでいます。

活動実績

2015年

2015年11月


私たち903シティファーム推進協議会は2015年11月に発足。

秋の収穫祭と題し 当時越谷にあった農園に集い その日はBBQに加え青空教室&青空美容室を開き 子どもたちから大人たちまで"農"を楽しんだ一日。

"農と食を通して、90分圏内にもう一つの居場所を持ち、3割程度のお金に依存しない自律した生き方を体現する"を合言葉に始まりました。


そこから 野外映画祭 や 大竹農園×熊澤酒造と協働で「ローカルファースト!すべて茅ヶ崎産!日本酒をお米から作る会」など 農縁を舞台に 遊び=明日備 の時間を創出してきたのが「ローカルとつながる田心マルシェ」がはじまるまでの軌跡です。

2017年

2017年04月

●2017年4月「ローカルとつながる田心マルシェ」をスタート。

骨付き肉とお酒のお店maru浅草 のマスターのご厚意で 軒先をお借りしての実現。

月に一回の開催から始まりました。


そこからは 4つの店舗で軒先をお借りし お野菜販売を行ってきました。


●春・秋(年2回)台東区の秋葉神社にて「ローカルとつながる 田心マルシェ」を開催

※農・食の枠にとらわれない自らの手でハタラクを創り出す出店者ブースを設置しての開催。

△「田心マルシェ」は 毎回3~5名のボランティアメンバーとともに運営しています△


●2019年からは社会実験的に「都内で野菜を無人販売する」試みを続けています。

ご協力いただくお店や地域の方とのつながりに助けられ このお釣りが出ない「無人販売」の仕組みに お心づけとして 売上以上のお金が300円。

私たちはここに 暮らしとハタラクが融合し つながりを大切にする下町-浅草だからこそできる試みであると実感しました。

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)のボランティア募集

903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の職員・バイト募集