1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 【大募集】「下北沢映画祭」通年スタッフボランティア!

【大募集】「下北沢映画祭」通年スタッフボランティア!

下北沢映画祭運営委員会
メインビジュアル背景画像

基本情報

bbd5947c76-thumbnail2.jpg

クリエイティブな街・下北沢全体を巻き込んだ映画祭、『下北沢映画祭』

2009年から毎年秋に開催されている映画祭の運営を、年間を通じて手伝っていただけるボランティアスタッフを募集しています!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

通年スタッフの皆さんには、一年を通して映画祭に関わっていただくことになります。

秋:映画祭開催
冬:次年度の開催に向けて始動
春夏:映画祭の運営を計画

という流れになります。

今年度の映画祭期間(三日間):9/18(土)〜9/20(月)

通年、運営に携わっていただけるボランティアの方はもちろん、当日のみのスタッフも大歓迎です。少しでも興味がありましたら、日程などぜひご相談ください。

活動頻度

応相談

基本的に、2週間に一度、定例会で運営のアイデアや計画を話し合います。開催直前は忙しくなりますが、個人のスケジュールに対応できるので御気軽にご相談ください。

募集対象

年齢16歳以上でボランティアスタッフとしてご協力いただける方

注目ポイント
  • 自分の興味のある分野から映画祭の運営に関われる!
  • 年齢関係なく映画好きの方々や、映画業界の方々と人脈が作れる!
対象身分/年齢

募集詳細

『下北沢映画祭』は、今年で13年目を迎える、クリエイティブな街、下北沢全体を巻き込んだ映画祭です。


街の特長を活かし、地域の方々と協力関係を築き、下北沢を代表するイベントの一つに育て上げ、皆さんに映像に親しんでもらえる映画祭を目指しています。


今回募集するのは、映画祭開催に一年を通して携わってくださる通年スタッフの方です!

映画好き下北沢好き、仕事や学校以外の世界と関わりたい方、などどんな方でもぜひご応募ください。

下北沢映画祭スタッフ全員でサポートいたします。


通年スタッフの方々には、下記から所属部署を選んでいただきます。

参加可能なお時間など、スケジュールの調整は可能ですので、お気軽にご相談ください!


自分の得意なことを生かして、下北沢映画祭のメンバーになりませんか?



企画本部

主に当映画祭が実施する各種イベントの企画・宣伝・実施・運営を行う部です。

〈業務内容〉
■イベント等の企画の立案・調整・進行管理
■会場やゲストに対しての連絡・交渉・応対
■コンペティション応募作品の選定作業の主導
■実施するイベントの宣伝作業


広報渉外部

主に当映画祭に関わることの広報・宣伝活動を通しての情報発信や、
外部の企業・店舗・団体との交流を行い、認知と集客の向上活動を行う部です。

〈業務内容〉
■広報活動の提案・実施
■広告物の制作・編集・管理
■映画祭ホームページの監修・管理
■広告物の配布主導やWeb上での宣伝告知、プレスリリースの配信など、各種広報活動の実施
■外部企業・店舗・団体との交流やイベントの提案
■協賛企業やスポンサー企業等の招致活動
■助成金制度等に対する申請活動
■イベント開催当日に配布するアンケートの作成及び集計作業


総務部

主に当映画祭の資金と備品の管理を行い、
またスタッフ間のイベントも開催することで健全な運営が維持できるよう務める部です。

〈業務内容〉
■組織内における経理会計事務
■保管備品の確認・管理
■チケットの管理
■スタッフ間同士の交流イベントの開催


事務局

映画祭開催当日における各運営業務を担当します。当日のみ参加希望のスタッフも募集しています。

〈業務内容〉
■映画祭当日における受付・業務
■開催会場の設営・撤収作業の主導
■観客やゲストに対する応対・誘導
■会場出店店舗の誘致・応対等
■機材等の購入・レンタル業務の統括
■イベントの準備と進行管理



  • 262d2d3257-DSC_0153.JPG

    打ち合わせの様子

  • 65e91672e3-DSC_1652.jpg

    会場セッティングの様子

  • a8f7f9963e-DSC_1753.jpg

    映画祭当日のお客様の誘導もスタッフのお仕事です!

  • 64cdb7eb7c-DSC_2179.JPG

    コロナ禍での映画祭は、会場からライブ配信で行いました!

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

ボランティア(社会人)の声

仕事しつつ演劇のお手伝いでチラシの折り込みをやっていたので、映画も好き、下北沢も好き、チラシ配りのお手伝いなら出来るかなとスタッフになりました。スタッフは学生、会社員と幅広く、学校や仕事では出会えない映画好き、イベント好きな方々と交流できます。

いまはみんなで、なかなか集まることは出来ませんが、お花見、バーベキューをしたり、有志で下北沢の商店街で行われたお祭のお手伝いした事もありました。

映画好きな方々、下北沢映画祭に参加してみませんか?


ボランティア(社会人)の声

下北沢映画祭にはたくさんの出会いがあります。作品との出会い、新しい才能との出会い、下北沢の街の方との出会い、映画が好きなスタッフとの出会い。スタッフは学生から社会人まで、年齢も職業もばらばらですが、だからこそ映画祭にスタッフとして参加して世界が大きく広がりました。ここで出会ったメンバーと地方の映画祭に遠征したりもしています。

プログラムの企画立案や作品選定、上映交渉、ゲストへの出演交渉、SNS運営など、初めてのことでも、経験のあるスタッフと一緒に進めていくので安心してください。興味のあることにどんどん参加して、一緒に下北沢映画祭を盛り上げてくれたら嬉しいです。


特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

団体情報

“クリエイティブな街、下北沢全体を巻き込んだ映画祭”
代表者

平井万里子

設立年

2009年

法人格

任意団体

下北沢映画祭運営委員会の団体活動理念

下北沢は数々の劇場やライブハウス、服飾、飲食店などが集積しており、またそれらを求めて感度の高い、クリエイティブな人々が集まる街です。

また、ギャラリーを併設するカフェやイベントスペースを設置した小売店が多く点在するなど、街全体が表現活動に非常に協力的であるため、厚みのある様々なカルチャーが誕生しています。

このような街の特長を活かし、地域の方々と協力関係を築き、下北沢を代表するイベントの一つに育て上げ、皆さんに映像に親しんでもらえる映画祭を目指します。

下北沢映画祭運営委員会の団体活動内容

例年、毎年10月の上旬に3日間下北沢で行っている映画祭です!

大きくプログラムは『コンペティション』と『企画』の2種類に分かれています。

『コンペティション』:作品を全国から募集して、審査を行ってノミネート作品を映画祭で上映します。

『企画』:スタッフで企画プログラムを考えて、上映作品をレンタルし、ゲストをお呼びして当日上映します。


活動のコンセプト

下北沢のカルチャーを切り口に、映画祭の多様な見方を提案

②新たな才能を発掘してきた街で、これからの映画の作り手と出会う

③企画立案は"自分ごと"からスタート。それが唯一無二の「個性」

下北沢映画祭運営委員会のボランティア募集

下北沢映画祭運営委員会の職員・バイト募集