1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での環境・農業系ボランティア募集一覧
  4. 【求む!事業企画人材】途上国の貧困と気候変動問題を日本から支援!社会課題へ挑戦!

更新日:2021/02/17

【求む!事業企画人材】途上国の貧困と気候変動問題を日本から支援!社会課題へ挑戦!

Living in Peace
メインビジュアル背景画像

基本情報

42fce256de-DSC_0069.jpg

日本から世界のソーシャル事業を支援する、事業企画・推進者を募集します!

活動テーマ
活動場所

事務所は東京都日本橋にありますが、メンバーの大半がリモートで参加しています。関西からの参加者、アジア、アフリカ、アメリカからの参加者もいます。

必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

募集対象

私たちLiving in Peace(LIP)は海外のソーシャル事業を日本から支援しています。今回はLIPの一員として支援事業を企画・運営してくださる方を募集しています。海外の経済格差や気候変動問題にアプローチするソーシャル事業が対象です。

注目ポイント
  • ・日本に居ながらアジアやアフリカなど海外のソーシャルビジネスを支援する仕事です
  • ・日本を拠点とするNPOが海外の事業者を支援する活動をゼロから企画・運営します
  • ・日本を拠点とするNPOが海外の事業者を支援する活動をゼロから企画・運営します ・各々のライフスタイルに合わせた柔軟な関わり方が可能です。海外からの参加も歓迎です
対象身分/年齢
募集人数

5名

関連スキル

募集詳細

■主な業務内容

・ミャンマー、ケニアなどアジアやアフリカのマイクロファイナンス機関を支援する事業の企画と推進

・インドネシアの農家を支援する環境事業団体を支援する事業の企画と推進

・支援先団体やLiving in Peaceの活動を国内で周知し、共に活動する仲間や活動資金を集める活動


■必須条件は主体的なマインドです

・本業を持ちながら活動するプロボノとして一定の活動時間を確保できる方

(目安:月に1回程度ミーティングに出席可能、月に5~10時間程度作業が可能)

・主体性を持って必要な知識をキャッチアップし、事業を企画、推進できる方


■あると望ましいスキル

・マーケットリサーチ、ビジネスリサーチスキル

・ビジネス仮説を検証し、有力なアイディアを事業として推進するスキル

・英語でのコミュニケーションスキル

  • 97ceb3f05e-DSC_0473.jpg
  • 982ec46e27-DSC_6214.jpg
  • d8bed361f6-DSC_0565.jpg
  • d0c4447e88-DSC_0409.jpg
  • 9e1c5d9db8-DSC_5245.jpg
  • 4c67acc01c-DSC_5299.jpg
  • be0beb3dba-DSC_4863.jpg
  • 83018570a9-49340123-88DA-4B17-AC74-F75FAFAC85BA.jpeg
  • 059a522dea-20190127_044500412_iOS.jpg
  • 0f41ebca13-20190127_022745302_iOS.jpg
  • 35d1b18d55-UNADJUSTEDNONRAW_thumb_499e.jpg
  • 9d34532601-UNADJUSTEDNONRAW_thumb_49ad.jpg
  • d9f98c1424-DSC_1193.jpg
  • a22f1bd60b-DSC_1214.jpg
  • 252aed82a9-DSC_6424.jpg

体験談・雰囲気

このプロボノの体験談

カンボジアやミャンマーでマイクロファイナンス機関のスタッフ向けにITリテラシートレーニングを企画

現地に赴き、エクセルやパワーポイントのスキル研修を実施しました。日本では当たり前のように使われているエクセルやパワーポイントですが、途上国では教材・教育プログラムが十分ではなく、参加したスタッフからはとても喜んでもらえました。現在は現地スタッフの人事制度やキャリア支援プログラムの作成を検討しています。


インドネシアで気候変動問題/農家の貧困問題に向けて活動する団体を支援するためクラウドファンディングを実施

バリ島を拠点に気候変動問題に取り組む団体を支援しています。彼らが現地の農家と一緒に開発したコーヒーやチョコレートなどの商品を日本の皆様にも買っていただける仕組みを整えることで、気候変動問題に直面する農家の収入や教育を支援します。

このプロボノの雰囲気

海外支援の組織は現在40名ほどで活動しています。全員がプロボノとして参加しており、専従職員はおりません。

組織はフラットです。タスクを振られることは少なく、各々のメンバーは関心、スキルに合わせて自らタスクを作っています。現在はリモートでの活動が中心ですが、オンラインでの懇親会なども多く開催されています。

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

“すべての人にチャンスを”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

中里晋三・龔軼群

設立年

2007年

法人格

認定NPO法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

Living in Peaceの法人活動理念

Living in Peaceに関わるメンバーは、以下の行動基準を大切にしています。


感謝の気持ちを持つこと

私たちは常に感謝の気持ちを忘れることなく他者と接し、行動します


他者に共感する気持ちを持つこと

私たちは他者の置かれた状況や環境に関心を持ち、思いを馳せ、自分のことのように感じ行動します。


プロアクティブであること

私たちは活動に積極的に参加し、問題に対してはよく考えると同時に、実際に行動を起こします。


多様性を尊重すること

私たちは組織発展の不可欠な要素として多様性が必要であることを深く認識し、

多様な属性をもつ人の参加や多様な貢献の仕方を受け入れ、推進します。


謙虚であること

私たちは相手を思いやり、敬う気持ちを持って他者と接します。

私たちは常に内省に努めることで、自分を客観視します。

私たちは好奇心を持って自らに不足する知識や経験の吸収に努めます。

私たちは自分の行動に誤りがあり、またはそれを指摘された場合には素直にそれを認め、速やかに訂正します。


大志を持つこと

私たちは高い志を持ち、その実現に向けて地道な努力も厭わずに取り組みます。

私たちは初心を忘れることなく、原理原則にぶれることのない行動を取ります。


オープンであること

私たちはオープンな場で議論を行い、本人の前で行わない異議申し立ては禁止します。

私たちは全ての意思決定は公開の場で行うことにより、ポリティクスを排除し、偏った意見形成を行わないこととします。

私たちは意見の表出は建設的な提案として行い、反対意見がある場合は代替案を提示します。


前向きであること

私たちは出来ないことについて後ろ向きの言動を行わず、出来ることで最善のことを考え、実行します。

私たちは明るく・元気よく・楽しく、をモットーに行動します。


仕事に責任を持つこと

私たちはLIPにおける自身の役割・仕事について責任感を持ち、最後までやり遂げます。


本業/学業を大切にすること

私たちは、本業/学業に重く価値をおき、そこにおいて秀でることができるよう最大限の努力をします。

私たちは、LIPの活動によって本業/学業を犠牲にしません。

Living in Peaceの法人活動内容

私たち認定NPO法人Living in Peaceは、「機会の平等を通じた貧困削減」を目指しています。

専従職員を持たず、メンバー全員が本業の仕事を持ちながら、平日夜や週末を使って活動しています。

限られた時間の中でも、目標に向かって、個々人の力を束ねて協力し合い、3つのプロジェクトを運営しています。


1. 国外における金融包摂支援等を行う「マイクロファイナンスプロジェクト」

2. 日本国内の児童養護施設・社会的養護下の子どもたちを支援する「こどもプロジェクト」

3. 日本国内に居住する難民の就労支援等を行う「難民プロジェクト」

Living in Peaceのボランティア募集

Living in Peaceの職員・バイト募集