1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 東京から地域に通う!仕事と掛け持ちで地域活性プロジェクトを企画・実施しませんか?

更新日:2021/12/22

東京から地域に通う!仕事と掛け持ちで地域活性プロジェクトを企画・実施しませんか?

20・30代による地域活性化団体「のろし」

この募集の受入団体「20・30代による地域活性化団体「のろし」」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

9abc886a3b-member_communitydevelopment_recruiting_80148_main.jpg

都内から1時間で行ける!千葉県市原市の里山を舞台に、会社員やフリーランスが活動中です!
仕事と掛け持ちで、自ら地域活性化プロジェクトを企画し、地域の方やメンバーと一緒に実施したい方を募集!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

募集対象

会社員やフリーランスなど社会人の方を募集しています

対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

ページをご覧頂きありがとうございます!

20・30代による地域活性化団体「のろし」共同代表の峯川と申します。



今回は、ご自身で地域活性化プロジェクトを企画し、それをご自身が中心になり運営・実施していきたい!という意欲を持った方を募集しております。

実施にあたっては、当団体のメンバーがプロジェクトメンバーとしてサポートさせて頂きますのでご安心ください。


自分で何か一つの企画をやり遂げたい!

そんな思いのある方はぜひご応募ください!



「ボランティアをやってみたい」という方よりも、「地域を舞台に自ら企画をやってみたい・活動したい」という方にオススメしている活動です!


詳細は一度Zoomをさせて頂き、そちらで個別に関わり方や活動内容をご相談できれば幸いです!



ーーーーーーーーーーーーー



※2021年4月追記


★ニュース★

当団体が企画・主催した活動「市原はたちトロッコ」が、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」にて密着取材・放映されました!(2021年4月)



「市原はたちトロッコ」は次回・8月にも実施予定です!次回の運営メンバーも募集していますので、興味のある方は面談時にお伝えください!






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「地域」に関心がある!

「地域」で何かやってみたい!
会社や学校以外で、自分のやりたいことを実現する場が欲しい!


そんな思いを持った20・30代(会社員を中心にフリーランスや大学生など)が所属し、自分のやってみたい企画・アイデアを地域で実践している団体です!




無理な勧誘はしませんので、Zoomで説明をさせて頂き、納得して頂けましたら、今後メンバーとして一緒に活動を始められる方と出会えると嬉しいです!





私たちは、東京から地域に通いながら


地域の方々と一緒に



地域にある「もったいない」モノゴトを活かしながら



イベント企画運営、アート作品制作などを行なっています!





==========

 メンバーの横顔

==========




コロナ前までは、地域内にある「鶴舞青年の家」にて、バーベキューや映画上映などのイベントを行なってきました!

まずは気軽にご連絡ください!よろしくお願いいたします!

  • 3c7b2af3c1-IMG_4457.JPG
  • b109067c4c-_IMG_2655.JPG

■2021年2月の活動レポート■

2月14日(日)

市原市・五井駅前にあるコワーキングスペース「Co-Saten」にて、企画展の設営を行ないました!

感染防止対策を徹底したうえで、少人数で設営を行ないました!




当団体の「アートチーム」による企画展がスタート!
地域の方々から頂いた着物や古着などをリメイク・アップサイクルしてつくったベレー帽などの作品の展示や販売、そして「つまみ細工」の体験ワークショップもあります。

画像8

◎会期
2021年2月15日(月)~3月21日(日)の平日10~19時
※新型コロナウイルスの影響で一部休業日があります

◎会場
Co-Saten(JR五井駅 西口徒歩3分)

◎入場料
無料、事前予約不要

◎内容
作品の展示・販売
(3月7日、21日にワークショップ実施予定)

◎主催
のろし





のろし art collective グループ展について

図2j

のろし art collective(アートコレクティブ)は、都内やその近郊の社会人や学生で構成されています。主に、市内の鶴舞地区や山小川地区を中心に活動をしていますが、日々仕事や学業を行いながらの、月に数回(0回のときもある…)の訪問になるので、諸々がいろいろと断片的になってしまうきらいがあります。


今回のワークショップで使用する布地は、3年前に山小川の方から頂いたものも含まれています。「活用させていただきます!」とお預かりして早3年…。何度もこの布地は埋もれかけてきました…。


しかし、この布地をどのような形で活用しようかと、ずっと頭の片隅にしまってきました。それがようやく陽の目をみます!

画像6

私たちの活動は断片的だけど、持続的です。

市原市の人々と関わりながら、
その断片を1つずつ大切にし、
さまざまに組み合わせることで、
新しい出会いや作品をつくり上げていく。

それが私たちの活動を形づくっています。

この展示やワークショップを通して、たくさんの小さな断片を継続的に積み重ね、遊び心を持って組み合わせていることを知ってもらえたらうれしいです。



のろし art collective
ディレクター 皆川智宏

画像6



内容

画像9



●コラージュ

画像8

スマホで手軽に撮れるからこそ、驚くほどのスピードで増殖していく写真。情報の埋没から記録をつなぎとめる試みとして、コラージュの制作を行っています。
何かを発見してみんなで見ていたり、おしゃべりしていたりする、いずれは埋もれていってしまう何気ない写真を素材として使用しています。




●アップサイクルフリーマーケット

画像7

アップサイクルの活動を進めていく中で、様々な方からいろんな「いと・惜しい」(もったいない)ものを頂いてきました。今回は着物の帯を使用したベレー帽を制作しています。
ベレー帽は、展示だけではなく販売もしていますので、どうぞ実物を手に取ってご覧ください。




●つまみ細工ワークショップ

画像7

①3月7日(日)13~17時
②3月21日(日)13~17時
・会場:Co-Saten (五井駅西口・徒歩3分)
・定員:各5名
・参加無料

誰でも手軽に制作できる環境があったらいいなと思い、定期的にワークショップの企画を行っています。今回は、かんざしを作る「つまみ細工」という技法を使っています。


所要時間は10分から15分くらい。無料なので、是非ご参加ください。




<新型コロナウイルス 感染防止対策>
・必ずマスクを着用しご参加下さい
・消毒用アルコールを設置しますので、手指の消毒をお願いします
・発熱、嗅覚・味覚異常、咳、強い倦怠感、息苦しさなど症状がある場合のご参加はご遠慮ください
・感染者と濃厚接触の疑いがある場合も参加をお控えください

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

最近は月に1~2回の頻度で、週末に市原に行って活動している私達。

行なわれた活動の様子をご紹介!!


=========

2021年2月

活動レポート

=========


2月14日(日)

市原市・五井駅前にあるコワーキングスペース「Co-Saten」にて、企画展の設営を行ないました!

感染防止対策を徹底したうえで、少人数で設営を行ないました!




当団体の「アートチーム」による企画展がスタート!
地域の方々から頂いた着物や古着などをリメイク・アップサイクルしてつくったベレー帽などの作品の展示や販売、そして「つまみ細工」の体験ワークショップもあります。

画像8

◎会期
2021年2月15日(月)~3月21日(日)の平日10~19時
※新型コロナウイルスの影響で一部休業日があります

◎会場
Co-Saten(JR五井駅 西口徒歩3分)

◎入場料
無料、事前予約不要

◎内容
作品の展示・販売
(3月7日、21日にワークショップ実施予定)

◎主催
のろし

のろし art collective グループ展について

図2j

のろし art collective(アートコレクティブ)は、都内やその近郊の社会人や学生で構成されています。主に、市内の鶴舞地区や山小川地区を中心に活動をしていますが、日々仕事や学業を行いながらの、月に数回(0回のときもある…)の訪問になるので、諸々がいろいろと断片的になってしまうきらいがあります。

今回のワークショップで使用する布地は、3年前に山小川の方から頂いたものも含まれています。「活用させていただきます!」とお預かりして早3年…。何度もこの布地は埋もれかけてきました…。


しかし、この布地をどのような形で活用しようかと、ずっと頭の片隅にしまってきました。それがようやく陽の目をみます!

画像6

私たちの活動は断片的だけど、持続的です。

市原市の人々と関わりながら、
その断片を1つずつ大切にし、
さまざまに組み合わせることで、
新しい出会いや作品をつくり上げていく。

それが私たちの活動を形づくっています。

この展示やワークショップを通して、たくさんの小さな断片を継続的に積み重ね、遊び心を持って組み合わせていることを知ってもらえたらうれしいです。

のろし art collective
ディレクター 皆川智宏

画像6



内容

画像9



●コラージュ

画像8

スマホで手軽に撮れるからこそ、驚くほどのスピードで増殖していく写真。情報の埋没から記録をつなぎとめる試みとして、コラージュの制作を行っています。
何かを発見してみんなで見ていたり、おしゃべりしていたりする、いずれは埋もれていってしまう何気ない写真を素材として使用しています。




●アップサイクルフリーマーケット

画像7

アップサイクルの活動を進めていく中で、様々な方からいろんな「いと・惜しい」(もったいない)ものを頂いてきました。今回は着物の帯を使用したベレー帽を制作しています。
ベレー帽は、展示だけではなく販売もしていますので、どうぞ実物を手に取ってご覧ください。




●つまみ細工ワークショップ

画像7

①3月7日(日)13~17時
②3月21日(日)13~17時
・会場:Co-Saten (五井駅西口・徒歩3分)
・定員:各5名
・参加無料

誰でも手軽に制作できる環境があったらいいなと思い、定期的にワークショップの企画を行っています。今回は、かんざしを作る「つまみ細工」という技法を使っています。


所要時間は10分から15分くらい。無料なので、是非ご参加ください。




<新型コロナウイルス 感染防止対策>
・必ずマスクを着用しご参加下さい
・消毒用アルコールを設置しますので、手指の消毒をお願いします
・発熱、嗅覚・味覚異常、咳、強い倦怠感、息苦しさなど症状がある場合のご参加はご遠慮ください
・感染者と濃厚接触の疑いがある場合も参加をお控えください






=============

2020年11月8日(日)

活動レポート

=============


まずは、「イベントチーム(青年の家チーム)」

こちらは、12月から行なう予定の写真展に向けて、地域の隠れた魅力を発掘できるような写真の撮影会・フィールドワークを行ないました!

一方で、この日は、アートチームも活動を実施!

地域の方からいただいた着物をリメイクして、帽子を制作!2021年はじめには、マルシェやワークショップを行なって、この帽子を作ったり販売したりする企画を実施予定です!









  ============

   2020年9月12日(土)

   活動レポート

  ============


朝8時半に北千住駅に集合し、荒井さんの車で鶴舞へ。

雨でしたが地域散策と写真撮影を行ないました。



また、写真展に向けて、鶴舞でいつも活動をサポート頂いている柴崎さんと打合せしました




ランチは近くのカフェ「フェリシア」さんに行きました!ローストビーフ丼が絶品です!

  • 08b5cdabd1-_IMG_2655.JPG

団体情報

20・30代による地域活性化団体「のろし」

代表者

(共同代表)峯川大 吉田柾長 荒井隆太郎

設立年

2017年

法人格

任意団体

20・30代による地域活性化団体「のろし」の団体活動理念

====================

地域と自分の「しあわせ」をつくります

====================


〈地域の課題解決〉と〈参加者の自己実現〉を両立させた活動を "福業"と名付け、地域だけではなく自分自身も「しあわせ」になれるようなプロジェクトを行なっています



======================

「いと・惜しい」地域資源を活用しています

======================

地域の「いと・惜しい(=もったいない)」モノゴトを発掘・活用した地域活性化プロジェクトを行なっています!
いらなくなった古着や着物、増殖した竹、使われていない公共施設などの「いと・惜しい(もったいない)」地域資源を活用しています。

20・30代による地域活性化団体「のろし」の団体活動内容

◎活動内容

千葉県市原市・鶴舞地域を主なフィールドに、月に1~2回、週末に市原に通いながら活動中!現在は4つのプロジェクト("福業")が進行しています!

スライド1



① アートチーム

地域にある「いと・惜しい」資源を活用したアート作品の制作を行なっています!

黒板キメコミIMG_6246




▼ 「いと・惜しい」地域資源 ▼
着物や古着、廃材など

画像22

「タンスの肥やし」と化していた、今は着なくなった着物や古着たち。一部のお宅では、大掃除の際に大量に廃棄していたそう…。それはもったいない!活用方法を模索するべく、アップサイクルの手法を用いてアート作品をつくっています。

▼直近の活動▼
ベレー帽づくり(2020年11月~)

画像24

画像23

画像25






② 青年の家チーム

地域にある「いと・惜しい」施設を活用したイベントの企画・運営を行なっています!

画像26




▼ 「いと・惜しい」地域資源 ▼
公共施設等の遊休不動産

画像27

画像29

例えば、鶴舞地域にあった「旧・鶴舞青年の家」(写真上)。県立の青年の家として整備されましたが、老朽化に伴い次第に使われなくなっていきました。約100人もの宿泊・研修が行なえる立派な施設が有効活用されていないのはもったいない・・・。そんな思いから、この施設を拠点に地域の方と一緒にイベントを企画し実施してきました。




▼直近の活動▼
写真展の開催(2020年12月~)

画像29

画像30

画像31

画像32





③ いちはら "福業" スクール

都内在住者向けの人材育成・関係人口創出プログラム「いちはら"福業"スクール」の企画・運営を行なっています!

スライド3

参加者は1泊2日で市原のNPOや市民団体を訪ね、活動を体験しながら地域の方へ取材。そこでヒアリングした地域課題を解決する為の地域活性化プロジェクト("福業")を起案。その後も継続的に市原と関わりながら、"福業"を実践しています。
※令和元年度 千葉県市原市「市民公益活動支援補助」採択事業




④ 地域紹介マップ制作

中房総エリアの玄関口・市原鶴舞インターチェンジ(圏央道)近くにある高速バスターミナル「市原鶴舞バスターミナル」の利用促進を目的に、地域の食事処やモデルコースをまとめたマップやポスター等の紙媒体一式の制作を担当させて頂いています!
※委託:市原鶴舞IC周辺まちづくり協議会

画像15

画像29





◎これまでの活動

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「地域への関わり方」を起案するイベント
TRAVEL HUB MIX × のろし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


株式会社パソナ様(TRAVEL HUB MIX)等と協働し、地域に関わってみたい会社員等を対象に、地域でやってみたいプロジェクトを考えるワークショップやイベントを企画・運営しました!(2018~2019)

画像23

画像24

画像25

画像39





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「移住」に代わる言葉を考えるプロジェクト
(株式会社FromTo × のろし)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お試し移住サービス「ふらっと住」を展開予定のベンチャー企業・株式会社FromTo様との協働プロジェクト。都内会社員・フリーランスの方々を対象にした「ふらっと地域を訪ねて実現したい活動のアイデア」を考えるワークショップの企画・運営などを行ないました!

画像21

画像22




ーーーーーーーーーー
 のろしチャンネル
ーーーーーーーーーー

地域で「これから何かやってみたい!」というあなたに見て欲しい30分間の生放送!

のろし新メンバーへのインタビュー(月曜)、市原でまちづくりに取り組むプレイヤーとの対談(水曜)、「地域で何かやりたい」仲間たちのオンライン交流会(日曜)を放送しました!

活動実績

2017年
団体設立

2017年10月

2018年
株式会社パソナ運営「TRAVEL HUB MIX」との協働プロジェクト実施@東京駅前

2018年10月

市原市主催アートイベント「アートいちはら2018」出展

2018年12月

2019年
schoo「パラレルワークを始める準備講座」にゲスト出演

2019年

2020年
コロナ禍でも地域に関われる生放送番組「のろしチャンネル」放送開始

2020年04月

2021年
市原市・五井駅前のコワーキングスペース「Co-Saten」にて企画展実施(2月~3月)

2021年02月

テレビ朝日にて、当団体が企画した「市原はたちトロッコ」を密着取材・放映

2021年04月01日

第二の拠点が開設!埼玉県行田市にて「のろし埼玉チーム」活動開始!

2021年07月

市原市主催国際芸術祭「いちはらアートミックス2020+」に2プロジェクトが出展(①アキミセアトリエ、②大人の学活)

2021年11月

20・30代による地域活性化団体「のろし」のボランティア募集

20・30代による地域活性化団体「のろし」の職員・バイト募集