1. ホーム
  2. 香川のボランティア募集一覧
  3. 香川での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 瀬戸内海に浮かぶ夕陽の美しい離島で地域のコミュニティを活性化!

更新日:2021/08/02

瀬戸内海に浮かぶ夕陽の美しい離島で地域のコミュニティを活性化!

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

この募集の受入法人「特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

996a900196-ogijima1.jpg

瀬戸内海の多島美と夕陽、石垣集落を満喫しながら、地域住民と一緒に地域の活性化に取り組みませんか?

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 0〜29,000円

受入側が活動中の泊まる所と食材を提供します。それなので宿泊費、食材費はかかりません。

募集対象

【対象】
やる気があれば誰でも参加可能です!

【資格】
野外でのワークのため体力がある人!地元の方と積極的に交流できる人!猫好きな人!

注目ポイント
  • 瀬戸内海の多島美と夕陽、石垣集落を満喫!
  • 人懐っこい島猫とのふれあいを楽しめる!
対象身分/年齢
募集人数

8名

募集詳細

【背景】「男木島さくら会」と共催。初開催。瀬戸内海、香川県高松市沖に位置する離島では、過疎高齢化が進行しており耕作法市や空き家の割合が増えている。共催団体「男木島さくら会」代表の松本善樹さんは2010年に「瀬戸内国際芸術祭」で島を訪問し、男木島の景観にほれ込み翌年に移住に向けて動き出し、4年前に完全移住。現在は宿泊可能な休憩施設「夕陽と猫の家」の運営を行っている。島全体のコミュニティの活性化のため、移住者や関係人口の増加に繋がるよう島の魅力発信に取り組んでいる。同時に魅力ある島づくりの一環として、島内の環境整備(海岸清掃や除草作業、畑の手入れなど)を進めていきたいが一緒に活動をサポートしてくれる体制が求められている。


【内容】島内の環境美化活動(海岸清掃や除草作業、灯台の整備など)、島の活性化を目指したアイデアづくり


【場所】瀬⼾内海中部の備讃瀬⼾に位置する、⾯積1.34 km2の島である。2019 年(令和元年)現 在で109世帯168⼈。うち90⼈強が⾼齢者。⾏政上は⾹川県⾼松市男⽊町に属する。2010年から開催されている「瀬戸内国際芸術祭」の会場にもなっている。島内には野良猫として住み着いた猫がたくさんいることから「猫島」としても有名。


【宿泊】共催団体が運営する「夕陽と猫の家」。布団有り。シャワー有り。


【企画】島民との交流会。島猫ふれあいツアーへの参加。


【企画者の声】「猫島」として有名な瀬戸内海の離島で初開催のワークキャンプ!過疎高齢化が深刻化し、コミュニティの活性化が求めれる島をボランティアパワーで盛り上げよう!(企画担当)


  • 443f76d4e7-ogijima2.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

特定非営利活動法人 NICE 日本国際ワークキャンプセンター

“カラフルでヘルシーな世の中に”
代表者

開澤真一郎

設立年

1990年

法人格

NPO法人

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動理念

~カラフルでヘルシーな世の中に~

1)環境保護・福祉・地球協力を創り、広げる

2)地域改善の意識・行動を高め、共に進める

3)地球色の友情・理解・連帯や人を育てる

1~3によって、近現代文明の本質的な諸限界を乗り越え、貧困・差別・戦争・環境破壊などを克服し、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓します!

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの法人活動内容

NICEは、日本を中心に国内・海外ボランティアの各種ワークキャンプを主催するNGOです。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVS※に加盟し(現副代表)、世界で1・2を争うネットワークを持っています。日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を開拓しています。

NICE 日本国際ワークキャンプセンターのボランティア募集

NICE 日本国際ワークキャンプセンターの職員・バイト募集