こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 浅草で「ローカルとつながる」田心マルシェのカフェをオープンします!

    更新日:2020/06/13

    浅草で「ローカルとつながる」田心マルシェのカフェをオープンします!

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    257068ed41-member_communitydevelopment_recruiting_76385_main.jpg

    2017年~浅草で開催してきた田心マルシェ。2020年5月8日より毎週金曜・土曜限定の店舗を出展することになりました。もっと気軽に新鮮こだわり野菜と出会える場を一緒につくりませんか?

    活動テーマ
    • チャイルド・プア
    • 森林破壊
    • 耕作放棄地
    • 子育て/育児
    • 生物多様性
    活動場所
    • 埼玉
    • 東京
    必要経費

    無料

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    ✔︎「農」「食」に興味関心のある方

    注目ポイント
    • 高校生や大学生など若い人が活躍できるボランティア
    • 「農」「食」にこだわりのあるメンバーが多い
    • 入り込みづらい浅草という地域の方々と深く関われる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    4名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • 翻訳/通訳
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用

    募集詳細

    私たちが「田心マルシェ」の店舗をオープンする理由

    その昔浅草という地域は、「浅草田圃」と呼ばれる田園風景が広がり、日光街道を通って行商人が野菜など新鮮な食材を持ち寄る、暮らしに「にぎわい」と「農・食」が共存する地域でした。


    ※上部写真の窓の外の風景が浅草田圃


    しかし、いまの浅草の暮らしからは「農」が切り離され、新鮮な野菜が気軽に食卓に並びづらくなってしまいました。


    田心マルシェは、そんな浅草の地域で「農・食」を起点につながりを深め、広げることを目的に活動をはじめました。


    903シティファームは、2017年に骨付き肉とお酒の店maru浅草の軒先をお借りして「ローカルとつながる田心マルシェ」をスタート。

    これまで毎週金曜日に野菜販売を行ってきました。

    昨年から社会実験的に「都内で野菜を無人販売する」試みも続けています。


    そしてこの度、曜日限定で店舗を構えられることとなりました!

    「農と食で地域がつながる」をコンセプトに、地元・台東区かっぱ橋本通りに「田心カフェ」をオープン。 関東近郊の有機栽培や農薬不使用の野菜を店頭販売。そして、台東区限定でお野菜の宅配も行います。


    場所:かっぱ橋本通りの浅草側に位置する燻屋「ひと休み」さん

    日程:金曜と土曜限定

       ※金曜夜にオンラインミーティング


    現在、店舗での定番商品を想定しライスバーガーを研究・開発中です。

    ぜひ、一緒に商品開発から実際の店舗運営まで関わってください!



    ■ 関連する活用 ■

    〈よみがえれ!浅草田圃プロジェクト〉

    前述の通り、その昔は田園風景が広がっていた浅草のまち。

    その田園風景を、現代版によみがえらせよう!というのがこのプロジェクトの趣旨です。


    その起点となるのは、旧くから地域に愛されてきた「秋葉神社」。

    秋葉神社に園芸療法を活用したプランターを設置し、お米と野菜を育てます。

    昔ながらの農法である「自然農法」を講師のもとまなび、実践します。


    ※アドバイザーのいばらき園芸療法研究会様主催のイベント


    このプロジェクトは、秋葉神社からはじまり、地域の方々のご協力を得て、各お店やご家庭の軒先のプランターでお米や野菜を育てるムーブメントが起きればなとおもい、活動します。


    ✔︎都市型農業、下町園芸に興味関心のある方

    ✔︎自然農法に興味関心のある方

    ✔︎こどもといっしょに自然に触れたいという方

    ✔︎下町のまちづくりに興味関心がある方


    活動自体は2020年4月からはじまります。

    ぜひ、準備から参画ください!



    〈縄文ファーム〉

    埼玉県春日部市庄和地域にある私たちの畑。

    農薬不使用、なるべく有機的な肥料にこだわって、旬の野菜を育てています。



    縄文ファームは、神明貝塚という遺跡エリアの中にあり、そこら中に4000年前の縄文人が食べた貝殻が散らばっており、いたるところから縄文土器の破片が出てきます。


    実際に、最近遺跡を巡る方がちらほらいらっしゃり、いつかは観光目的のため農業ができなくなってしまうかも、、、。


    貝塚ということは、その昔このエリアは村であり、暮らしが営まれていたということ。

    その暮らしの重要な要素として農・食もあったのでしょう。


    全国的にも稀有な場所で農に関われることをありがたく感じながら、耕しています。

    もし農業や遺跡、どちらにも興味関心のある方がいらっしゃいましたら、これ以上ない機会だと思います。

    ぜひ、一緒に畑を耕しましょう。


    私たちの活動は、それぞれがバラバラではありません。

    これらが全て循環して、一つの大きなプロジェクトとなっています。

    • fe16cb8518-member_children_recruiting_76385_sub1.jpg
    • ec6186bfd7-member_children_recruiting_76385_sub1.jpg
    • d94fc62d2d-member_children_recruiting_76385_sub1.jpg
    • 0d164992c2-member_children_recruiting_76385_sub1.jpg
    • e076f6c730-member_children_recruiting_76385_sub1.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    ・埼玉学園大学 1年 男性

    いままさにホットサンドのメニュー開発で試行錯誤しています!

    はじめての経験が多くて戸惑うこともありますが、みんなであたらしく何かをつくるということの楽しさを感じています。

    4月に店舗を出すということも決まり、いよいよです。

    このボランティアの雰囲気

    食・農におもいのある人たちが集まっており、そのうち約半数は高校生・大学生です。残りの半分はプロボノ(副業的なボランティア)の社会人です。

    熱意のあるメンバーが真剣に遊ぶように活動しています。

    食事の場など、交流も盛んです。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 埼玉学園大学
    • 東洋大学
    • 明治学院大学
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    • a351262351-member_children_recruiting_76385_sub2.jpg

    団体情報

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)

    “-農と食を通して 90分圏内にもう一つの居場所を持ち 3割程度のお金に依存しない自律した生き方を体現する-”
    代表者

    矢尾板初美

    設立年

    2015年

    法人格

    任意団体

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の団体活動理念

    安心安全なお野菜にこだわり、地域や自然とのつながりを大切にする。共感を主体としたコミュニティを一緒に創っていくメンバーを募集しています。

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の団体活動内容

    お金になるべく頼らず つながりを通して 私たちのやりたいことをやってみよう。


    ~現在おこなっている活動~

    ●埼玉県春日部市にて 自社農園「縄文ファーム」を運営


    ●毎月1回 "骨つき肉とお酒の店 maru浅草" さん軒先にて「ローカルとつながる 田心マルシェ」を開催

    ●毎週金曜日 台東区内の飲食店・精肉店の軒先にて野菜の店頭販売「ローカルとつながる 田心マルシェ」を開催

    2017年4月「ローカルとつながる田心マルシェ」をスタート。

    骨付き肉とお酒のお店maru浅草 のマスターのご厚意で 軒先をお借りしての実現。
    そこからは 4つの店舗で軒先をお借りし お野菜販売を行ってきました。


    ●春・秋(年2回)台東区の秋葉神社にて「ローカルとつながる 田心マルシェ」を開催

    ※農・食の枠にとらわれない自らの手でハタラクを創り出す出店者ブースを設置しての開催。

    △「田心マルシェ」は 毎回3~5名のボランティアメンバーとともに運営しています△


    ●2019年からは社会実験的に「都内で野菜を無人販売する」試みを続けています。

    ご協力いただくお店や地域の方とのつながりに助けられ このお釣りが出ない「無人販売」の仕組みに お心づけとして 売上以上のお金が300円。

    私たちはここに 暮らしとハタラクが融合し つながりを大切にする下町-浅草だからこそできる試みであると実感しました。


    ●2020年start~よみがえれ浅草田圃!プロジェクト -農地"0"の浅草に、最初の"1"をつくろう!-

    たった150年前まで、浅草には「浅草田圃」入谷には「入谷田圃」が広がっていた。

    そう聴いたとき、いまを生きるわたしたちには、その田園風景が想像できませんでした。

    失くなってしまった「土に触れる」「生態系を知る」「一緒になにかを育てる」という経験。

    その風景の"一歩目"を秋葉神社から。

    現在農地が"0"の台東区のまちに、1反(1000㎡)の田畑をバケツとプランターで一緒によみらせましょう。

    自然栽培でお米と野菜を育てて まちの未来と子どもたちの未来を描いていくメンバーを募集しています!


    ●みんなのカフェ"田心カフェ”をオープンします◎

    お金があっても出来ない試み。

    私たちの活動は、本当にたくさんの方の贈与で成り立っています。


    そしてこの度も多くのギフトをいただき飲食業営業許可の運びになりました。

    【田心カフェ】を通してどんな未来を創造していくことができるか。

    この「つながり」から生まれる未来を楽しみにしています。

    活動実績

    2015年

    2015年11月


    私たち903シティファーム推進協議会は2015年11月に発足。

    秋の収穫祭と題し 当時越谷にあった農園に集い その日はBBQに加え青空教室&青空美容室を開き 子どもたちから大人たちまで"農"を楽しんだ一日。

    当時 自宅から"90"分圏内にもう一つの居場所を持ち お金に依存しない自律した生き方を目指そう!”を合言葉に始まりました。

    その時に掲げたお金に依存しない自律した生活を目指す割合は"3"割程度。全面的にお金から離れた経済はこの時代あり得ない!その割合は3割としようと決めたのです。

    そこから 野外映画祭 や 大竹農園×熊澤酒造と協働で「ローカルファースト!すべて茅ヶ崎産!日本酒をお米から作る会」など 農縁を舞台に 遊び=明日備 の時間を創出してきたのが「ローカルとつながる田心マルシェ」がはじまるまでの軌跡です。

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)のボランティア募集

    903シティファーム推進協議会(有限会社人事・労務コミュニティ)の職員・バイト募集