こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 小学6年生が考えた「食べ残しNOゲーム」を活用した食品ロス啓発ボランティア募集!

更新日:2020/04/24

小学6年生が考えた「食べ残しNOゲーム」を活用した食品ロス啓発ボランティア募集!

特定非営利活動法人Deep People
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「Deep People」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

9223578749-tng_zentai.jpg

【申込受付締切:4/24】
募集人数を超過しましたので、募集を終了いたします。多くのご応募ありがとうございました。

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

※オンライン実施にかかる費用(通信費、機材費等)はご負担ください。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

オンラインでのボランティア活動を行っていただきます。
※申込受付締切:4/24
食品ロスを子どもたちに伝えるためのデータ調査やまとめ等、映像やアニメ作成に興味のある方は、自身のスキルを活かして参加も可能です。興味関心に応じて、ボランティア内容を考えお手伝い頂きます。

募集対象

食品ロスに関心のある方。
SDGsに関心のある方。

注目ポイント
  • カードゲームを活用して食品ロスについて啓発活動をしています!
  • 楽しみながら、社会課題を考えられます!
対象身分/年齢
募集人数

3名

関連スキル

募集詳細

小学6年生が考えた「食べ残しNOゲーム」

オンラインでもできる食品ロス削減啓発活動を一緒に考えてくれるボランティア募集中です!

※申込受付締切:4/24

食べ残しNOゲームは、食品ロス課題を解決するために当時小学校6年生の栗田哲くんが3ヶ月で考案したゲームです。

キッズデザイン賞の受賞や多くのメディアにも取り上げられ、大阪を中心に学校への出張授業や、全国各地で環境に関するイベントに出展しゲームの体験会が行ってきました。

2019年度から開始した「食べ残しNOゲームを活用した食品ロス削減啓発出張授業」では、約800名の方々に体験いただきました。

2020年度も更に多くの方に体験頂きたかったのですが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で、学校での出張授業・イベント実施は目処が立っておりません。


しかし、現在新型コロナウイルスの影響で食品ロスも発生しており、ニュースにもなっていますので、関係性のない課題ではありません。また各地で学校が休校になっている中、食品ロスを知ったり、考えたり、お家の状況を調査したりと、お家できることもあると思います。オンラインで子ども達に情報を提供したり、カードゲームの面白い要素をオンラインにも活かせないかと考えています。


<今、考えていること>

・食品ロス課題調査シートの作成

・お家の「食べ残しNO」記録シートの作成

・「食べ残しNO」記録アプリの開発

・食品ロス啓発映像の作成 などなど


このような状況の中で何ができるか、一緒に考えて頂けるボランティアさんを募集しています。


★進め方

オンライン電話(zoomを予定)を活用して、ボランティアのみなさまには食べ残しNOゲームや食品ロスの説明を行います。

そのあと、ブレスト程度で何ができるかアイデアを出し合い、そこから実現可能性の高いものを選択し、

実行までできればと思います。

応募人数が3名以上集まりましたら、日程を調整して1回目のブレスト会議ができればと思います。



★活動STEP

STEP1:食べ残しNOゲーム説明

STEP2:ブレスト会議 →実行案の決定:チーム編成ができればチーム編成

STEP3:進捗報告会議 数回

STEP4:最終報告

各STEPで必要とする日程・時間は未定です。

各種日程は参加者のみなさまと調整して決定します。



★参加対象者

高校生、大学生、社会人

食品ロスに関心のある方、SDGsに関心のある方、環境問題に関心のある方。

当法人より各大学ボランティアセンターでも公募しておりますので、ボランティアには学生から社会人まで幅広い年代の方に参加頂く予定です。



★実施始動時期

ボランティアが3名以上集まれば、日程を調整し実施します。

早ければ、ゴールデンウィーク前か後には実施できれば嬉しいです。



★食べ残しNOゲーム説明MOVIE



  • 6ee481e61e-37312.jpg
  • 57f374f911-66738008_711043582655031_4377468906177036288_n.jpg
  • b3ed28d816-69244701_733112000448189_4003286660950261760_n.jpg
  • 92e51b932a-68703035_755552258204163_360481089099137024_n.jpg
  • 4ee6f1e416-70334806_746441115781944_2918330896383737856_n.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
  • 2377561ecc-55802422_646070132485710_8453709211602255872_n.jpg
  • 718d2fb442-67407206_711043602655029_817095950148304896_n.jpg

法人情報

特定非営利活動法人Deep People

“Change the world with design.”
設立年

2007年

法人格

NPO法人

Deep Peopleの法人活動内容

経済が発展し、物質的には豊かになっているにもかかわらず、自殺者が年間3万人という今の日本。他にもいじめ、子どもの貧困、ニートなどといった様々な社会課題がある。これらの課題に対して、行政だけでは資金的、人員的に解決へのアプローチは難しいことが現状である。だからこそ今、物質的な豊かさではない、社会の在り方や人の生き方に問いを投げかける時期であると考えている。これらの課題に対して、他人事ではなく、自分事として、自ら考え、行動していく人材育成することが大切であると考えるため、人材育成に取り組んでいる。

●キャリア教育事業(小・中・高校生向け):小学校、中学校へのキャリア教育企画・実施。
●インターンシップ事業(大学生、専門学校生、留学生向け):夏・春休みに約10のプロジェクトを企画・実施。また留学生インターンシップに特化したプロジェクトを毎年1回実施。
●大学連携事業(大学機関):大学よりキャリア教育事業を2校より受託。インターンシップのコーディネート、学生事前・事後学習などを一手に引き受ける。
●社会起業家育成事業(社会人向け):マンツーマンで社会起業家を育成する事業。コンセプトの開発から、ロゴ、名刺、ホームページといったツールの作成、そして起業後のサポートを行う。
●社会起業家育成事業(外国人向け):マンツーマンで、外国人留学生・社会人に対して社会起業家を育成する事業。
●企業研修事業(法人向け):企業内の新人教育、幹部教育を行う。
●大阪ウェルワーク事業:2015年2月より大阪府から事業受託し、企業の定着率を上げ、離職率をさげるため、セミナーの開催やコンサルティング、カウンセリングを行っている。
●障害者サポート事業:障害者雇用を考えておられる企業にノウハウを提供。障がいがあってもなくても一緒にスポーツが楽しめる場所を増やす「レインボー丸プロジェクト」実施。福祉作業所と企業が連携して、新たなビジネスモデルを創出する「福祉未来価値創造プロジェクト」を実施。
●幼児教育事業:幼児教育の教育モデルと運営ノウハウを教授。
●学校運営事業:自ら課題を発見し、解決に取り組み、社会をよりよくしようという志を育て、ひとりひとりを応援する「未来価値創造大学校」の運営

活動実績

2007年
法人設立

2007年

「OKURIN」 GOOD DESIGN AWARD 2007 受賞

2007年

2008年
CBアワード奨励賞受賞

2008年

2014年
大阪府より「インターンシップ事業"EINSTEIN"」受託

2014年11月

2015年
大阪府より「社員定着支援事業"wellwork"」受託

2015年04月

2017年
未来価値創造大学校設立

2017年04月

第1回 福祉未来価値創造大賞2017実施

2017年11月

2018年
第12回キッズデザイン賞 キッズデザイン協議会会長賞 受賞

2018年09月25日

第2回 福祉未来価値創造大賞2018実施

2018年11月

2019年
第1回 Youth2030開催

2019年02月

第3回 福祉未来価値創造大賞2019実施

2019年11月

Deep Peopleのボランティア募集

Deep Peopleの職員・バイト募集