こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 森林環境税(森林環境譲与税)に関する学習会

更新日:2019/08/25

森林環境税(森林環境譲与税)に関する学習会

日本熊森協会
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「日本熊森協会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

e861f4be28-event_communitydevelopment_recruiting_74922_main.jpg

日本の国土の3割はスギ・ヒノキの人工林です。人工林の2/3は間伐も搬出もできず荒廃しています。人工林を天然林に再生するために令和元年から交付される森林環境譲与税を使いましょう。

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程

13時~14時30分学習会
14時30分~16時参加者懇談会

募集対象

地方議員の方、森林の再生に興味関心のある方

注目ポイント
  • 森林環境譲与税は年間620億円で国から市町村に配分されます。
  • 森林環境譲与税の使途は市町村が決めます。
  • 荒廃した人工林を再生し、土砂災害、水資源の確保、野生動物の出没、花粉症などを防ぎましょう。
対象身分/年齢
募集人数

30名

募集詳細

参加費無料

申込先:日本熊森協会本部

メールまたは電話でお申込みください。

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

“動物たちに帰れる森を、地元の人たちに安心を!”
代表者

室谷悠子

設立年

1997年

法人格

一般財団法人

日本熊森協会の法人活動理念

当協会は「21世紀を生き残るため、日本を自然保護大国に―クマなどが棲む豊かな森を次世代に―」を合言葉に、
1、豊かな森を作ってくれる大型野生動物たちの絶滅を止め、
2、奥山を保全、復元するため、
「森を残し全生物と共存しなければ人間も生き残れない」という現代生態学が出した法則に基づき、様々な実践活動を展開しています。

調査や研究だけに終わらず、実践活動を中心に据えることによって、本当に自然を守ることのできる、欧米並みの100万人規模の大自然保全団体に成長し、すべての生物と共存する社会を作ることが日本熊森の目標です。

日本熊森協会の法人活動内容

森林の再生(植樹、間伐など)

大型野生動物の保護
環境教育
自然農

取り組む社会課題:『生物多様性』

日本熊森協会のボランティア募集

日本熊森協会の職員・バイト募集