1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 障害福祉サービスを運営するとともに、地域を盛り上げるイベントを開催しています。

更新日:2022/11/16

障害福祉サービスを運営するとともに、地域を盛り上げるイベントを開催しています。

特定非営利活動法人たんぽぽの丘
  • 活動場所

    狭山駅 バス26分 [大阪狭山市山本中1358] (循環バス 西北回り 山本北 下車 徒歩1分)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

基本情報

大阪狭山市山本中にある「たんぽぽの丘」では障害をもつ20代の男女と共に、イベントをしたり、市内の清掃や花壇の管理、ポップコーン製造をしています。地域の方のボランティアはいつでも歓迎です!

活動テーマ
活動場所

循環バス 西北回り 山本北 下車 徒歩1分

必要経費

無料

地域ボランティアの方に関しましては個々に相談させていただいています。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

1日の体験や、1カ月、1年など、個々に相談させていただいています。

募集対象

あればうれしい資格
・運転免許(AT限定可)
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士

注目ポイント
  • 障害者の暮らし,地域連携,イベント企画
対象身分/年齢
関連スキル
特徴

募集詳細

たんぽぽの丘の理念

特定非営利活動法人たんぽぽの丘は、障害を抱える方や高齢で介護を必要とする方々が、
地域で当たり前に生活できるよう支援し、
自立や社会参加を促進するための活動を行います。

約1300坪の大きな敷地で、農作物や植物の世話をしたり、

イベントやお祭りをしたり、

職員が楽しみながら日々過ごしています。


体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

毎年、イベントに参加しています!この日のためにバンドで練習することが楽しみになっています。いろいろな人と交流したりパフォーマンスを見たりしてあっという間に時間が経ちますね。おかげで友だちが増えました

このボランティアの雰囲気

あったかい雰囲気と、美味しい食べ物!見るもの、聴くもの、なんでも面白い🤣今年のキーワードは「まつり」!

音頭やZUMBAも踊ります!最後は打ち上げバーベキューで決まり!

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:60%、女性:40%

法人情報

特定非営利活動法人たんぽぽの丘

“私たちは、障がいのあるなしにかかわらず、誰もがありのままに地域で生活していけることを目指しています。”
代表者

野邑 浩子

設立年

2011年

法人格

NPO法人

たんぽぽの丘の法人活動理念

私たちは、誰もが地域で当たり前に生活していけることを支援するNPO法人です。障害福祉サービスの提供だけではなく、居場所づくり、仕事づくりを通してそれぞれの強みが活かせる活動を、様々な人たち、団体と一緒に行っています。誰もが持っている自分だけの強みを見つけ育てることで、誰もが当たり前に生活していけるコミュニティづくりを目指したいと願っています!

たんぽぽの丘の法人活動内容

東大阪事業所【たんぽぽの家】では放課後等デイサービス、児童発達支援を運営しています。音楽療法、学習支援、バンド活動、ダンスチーム、ハンドメイド雑貨づくり、などなど・・・。通ってくる子どもたちと一緒に楽しんでいます。

大阪狭山事業所【たんぽぽの丘】では、障害福祉サービス(生活介護・就労継続支援B型)を運営しています。ほかにも、ポップコーン製造や、ふるさと納税の出品、地ビールラベルの製造デザインなど、幅広く活動しています。

取り組む社会課題:『発達障害』

活動実績

2011年
【居心地のいい場所と働く喜びを!】特定非営利活動法人たんぽぽの丘

2011年11月09日

沿革

2011年 11月 9日 法人設立

2012年 3月 1日 放課後等デイサービス【たんぽぽの家】開設

2013年 1月 1日 生活介護・就労継続支援B型【たんぽぽの丘】開設

2016年 1月 1日 就労移行支援(たんぽぽの丘)開設

2019年 8月 1日 就労定着支援【たんぽぽ団】開設

2021年 3月 31日 代表理事 中田智子 退任

2021年 4月 1日 代表理事 野邑浩子 就任

2021年 8月 1日 特定(障害児)相談支援【にしかぜ】開設

2021年 11月 30日 就労定着支援【たんぽぽ団】廃止

2022年 10月 1日 特定(障害児)相談支援【あおぞら】開設

たんぽぽの丘のボランティア募集

たんぽぽの丘の職員・バイト募集