こちらの海外プログラムは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. ネパールの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. ネパールでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. ゾウに乗って国立公園を散策!【ネパールスタディツアー】申し込み受付中

更新日:2019/06/09

ゾウに乗って国立公園を散策!【ネパールスタディツアー】申し込み受付中

特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会
  • 活動場所

    ネパール[カトマンズ], ネパール[チトワン]

  • 必要経費

    205,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

この募集の受入法人「特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

01021f58e5-09.jpg

今回のスタディツアーは、世界的に有名な観光地でもある、チトワン国立公園の隣に位置するマディ市を訪れ、災害に強い地域づくりに取り組む防災グループのメンバーに会い、その取り組みについて学ぶ旅です。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 205,000円

※空港使用料、燃油サーチャージは旅行代金に含む

募集対象

募集予定人数:11名(最少催行人数8名)※予定人数になり次第締め切ります。

注目ポイント
  • 現地訪問・現地の人々とのふれあい
  • 防災について考え、学ぶ
  • ネパールを知る
対象身分/年齢
募集人数

11名

特徴

募集詳細



▼ツアー要項
旅行期間2019年8月20日(火)~27日(火)
7泊8日(機中泊1泊含む) 東京発着(成田)
訪問地ネパール(カトマンズ、チトワン)
旅行代金205,000円(税込)
※空港使用料、燃油サーチャージは旅行代金に含む
募集予定人数11名(最少催行人数8名)
申込締切日2019年6月28日(金)※予定人数になり次第締め切ります。
▼概要

毎回参加者に大人気のアクティビティ、世界遺産・チトワン国立公園でエレファントライドも楽しみます。
運が良ければサイやサル、ワニなどいろんな野生動物に出会えます!


宿泊
【カトマンズ】Fuji Hotelまたは同等クラスのホテル
【マディ】Madi Village Resort または同等クラスのホテル
【ソウハラ】Chitwan Forest Resortまたは同等クラスのホテル
※いずれも2名1室利用
※訪問時、ネパールは雨期です。地方(マディ)のホテルではお湯が出ない可能性があります。
※ スケジュールは現地の事情等により変更になることがあります。

添乗員:株式会社マイチケットの添乗員は同行しません。呼びかけ団体であるシャプラニールの日本人スタッフ(全行程)及び駐在員(現地のみ)がご案内します。
航空会社:大韓航空
食事:【朝食】7回 【昼食】7回 【夕食】7回(機内食含む)

▼ツアースケジュール
日付スケジュール(予定)宿泊食事
8月20日(火)06:30 成田空港集合
09:15 成田発
11:45 ソウル着
14:25 ソウル発
17:50 カトマンズ着
ホテル
(カトマンズ)
昼・夕
21日(水)朝:オリエンテーション
午後:カトマンズ発 ※車で7時間程度かかります
夕方:マディ(チトワン)着
ホテル
(マディ)
朝・昼・夕
22日(木)午前:活動現場訪問/防災グループ・メンバーと交流
午後:市役所訪問 など
ホテル
(マディ)
朝・昼・夕
23日(金)午前:学校訪問 など
午後:マディ発→ソウハラ着
ホテル
(ソウハラ)
朝・昼・夕
24日(土)午前:チトワン国立公園ツアー(エレファント・ライド)
午後:カトマンズへ移動
夕方:カトマンズ着
ホテル
(カトマンズ)
朝・昼・夕
25日(日)午前:市内観光(王宮広場など)
午後:フェアトレード・ショップ訪問
ホテル
(カトマンズ)
朝・昼・夕
26日(月)午前:地震防災プロジェクト視察
午後:ネパール事務所にて振り返り
19:40 カトマンズ発
機中泊
27日(火)05:25 ソウル着
10:10 ソウル発
12:30 成田着
機内泊朝・昼・夕

※スケジュールは現地の事情等により変更になることがあります。

▼参加をご検討されている皆さまへ

シャプラニールでは、本スタディツアーへのご参加をご検討されている方を対象に、説明会を開催します。お気軽にご参加ください。説明会へ参加しなくても本ツアーへのお申込みは可能です。

日時2019年6月15日(土) 14:00~16:00
会場シャプラニール東京事務所(東京都新宿区西早稲田2-3-1)
参加費無料 ※資料の準備の都合上6/12(水)までにお申し込みください。
詳細ツアー内容の説明、ネパールの国紹介、オリエンテーション(服装、持ち物などの説明)などを行います。※

なお、ツアー参加者に対する事前オリエンテーション(服装や持ち物などの説明)は別途、後日開催します。


▼訪問地について

studytour17_02チトワン郡・コミュニティ防災プロジェクト
ネパールの平野部に位置するチトワン郡・マディ市では毎年のように洪水が発生し、大規模な被害を受けることもあります。"One River One Community"を合言葉に、ひとつの河川の流域全体をひとつのコミュニティと考え、住民自ら防災活動に取り組んでいます。堤防の設置や早期警戒システムを取り入れるなどにより被害の軽減を目指しています。


studytour17_02世界遺産・チトワン国立公園
毎回参加者に大人気のアクティビティ。運が良ければサイやサル、ワニなどいろんな野生動物に出会えます!



地震防災プロジェクト(パートナー団体:Society of Urban Poor-SOUP)堤防設置作業
2015年4月に起きたネパール大地震により被害を受けた地域で、復興および次の地震に備える防災の取り組みを進めています。

  • 1caa2dafa8-chitwan01.jpg
  • 87bbaf73d7-village.jpg
  • ac9cfd6cc4-jishinn_ktm.jpg
  • d5ce26273d-18.jpg
  • 5a12792740-08.jpg
  • cd98d42590-03.jpg
  • cc26394dd7-14.jpg
  • da453a54fa-12.jpg
  • feb8525429-19.jpg

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談

「いままで知らなかった "シャプラニール"」
シャプラニールのスタディツアーを知ったのは何年も前ですが、中々タイミングが合わなく、何度 も応募を見送ってきました。でも「今チャンスを逃してしまえば、絶対に後悔する」と思い、早速 申し込みました。結果、一般的なツアーでは絶対に見られないネパールをたくさん見る事が出来た し、何より地元の住民、そしてシャプラニールのパートナー団体の皆さんにお会いできた事が、忘 れられない貴重な体験となりました。


「シャプラニールを知ったのは中学三年生のとき」
スタディツアーの9日間は完全なる非日常だった。私は毎食たらふく食べ、眠気を感じたらすぐ寝 た。心赴くままに歌い踊り、新しい出会い一つ一つに心を動かした。課題に追われ、禁欲的にならざるを得ない大学生活とは対照的だった。


「この旅は一生の思い出」
ふとインターネットで発見したネパールスタディツアーの募集。そこから今回の旅は始まりました。 なにか普段の生活では味わえないことがしたい!発展途上国のリアルな生活実態が知りたい!そ んな些細な興味がきっかけでした。

特徴
雰囲気

法人情報

特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会

“誰も取り残さない。私たちはバングラデシュやネパールといった南アジアと日本で、社会や他の援助団体の支援から「取り残された人々」への支援や「取り残された課題」に取り組んでいます。”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

坂口和隆

設立年

1972年

法人格

認定NPO法人

シャプラニール=市民による海外協力の会の法人活動理念

私たちの使命(ミッション・ステートメント)

私たちは、南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を現地と日本国内で行い、すべての人びとがもつ豊かな可能性が開花する社会の実現を目指しています。


私たちの約束(ブランド・ステートメント)

社会のさまざまな制度や仕組みから取り残され、
すべての人が持つ豊かな可能性が奪われてしまうことがあります。
私たちは人に寄り添い自らも当事者になることで
社会課題の解決を進めています。
誰も取り残されない社会、貧困のない社会の実現をめざして。

シャプラニール=市民による海外協力の会の法人活動内容

シャプラニールは、バングラデシュの言葉ベンガル語で「睡蓮の家」という意味を持つ、1972年に創立された海外協力団体(NGO)です。バングラデシュやネパールで、働く子どもや女性、災害の多い地域に暮らす人々など経済発展や開発から「取り残された人々」への支援活動を行っています。


主な活動実績(海外)
バングラデシュ、ネパール、インド
・家事使用人として働く少女たちへの支援活動(2006年~、バングラデシュ)
・災害リスク軽減のためのコミュニティ開発(2010年~、バングラデシュ)
・働く子どもたちへの支援活動(2004年~、ネパール)
・貧困層に配慮した地域防災・開発支援活動(2007年~、ネパール)
・災害緊急支援・復興支援活動など

主な活動実績(国内)
手工芸品販売による生産者の生活向上支援活動(フェアトレード)、バングラデシュ・ネパールへのスタディーツアー、講演会や勉強会などの国際協力への理解促進活動、開発教育および出版活動など、日本に暮らす私たちも南北問題の当事者であるということを伝え、私たちの生活や社会を見直し、問い直していく活動を行っています。市民の誰もが気軽に参加できる、市民参加による海外協力を目指しています。


主な受賞歴

  • 吉川英治文化賞(1985年)
  • 東京弁護士会人権賞(1989年)
  • 外務大臣特別表彰(1989年)
  • 毎日国際交流賞(1993年)
  • 朝日社会福祉賞(2005年)
  • 沖縄平和賞(2012年)
  • ピースアワードHIROSHIMA(2013年)
  • エクセレントNPO大賞(2014年)
  • 日本パートナーシップ大賞優秀賞(2015年)

シャプラニール=市民による海外協力の会のボランティア募集

シャプラニール=市民による海外協力の会の職員・バイト募集