こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 福島のボランティア募集一覧
  3. 福島でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 福島の子どもたちに夢を届ける「東京スタディーツアー」の企画運営!

更新日:2019/06/03

福島の子どもたちに夢を届ける「東京スタディーツアー」の企画運営!

NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)
  • 活動場所

    原ノ町駅 バス18分 [南相馬市] 淡路町駅 徒歩6分 [千代田区神田小川町]

  • 必要経費

    母団体NPO法人ROJEの年会費:6,000円

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 活動頻度

    週2〜3回

この募集の受入法人「NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

50ce8fddd7-IMG_9756.jpg

「東京スタディーツアー」は福島県南相馬市の小中学生を対象につぼみプロジェクトが主催する宿泊型キャリア教育イベントです。子どもたちが夢を考える機会を創ることで福島の「未来」を創る復興支援を行っています。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 母団体NPO法人ROJEの年会費:6,000円

ミーティングの際の交通費はご負担をお願いしております。
福島に行って行う合宿等の交通費・宿泊費は大部分を研修費としてつぼみプロジェクトが負担いたします。

活動日程

東京スタディーツアー開催後は、文集作成や他ミニイベントの企画・運営を行います。

活動頻度

週2〜3回

募集対象

大学生・大学院生

注目ポイント
  • キャリア教育企画をイチから作り実際に子どもたちに届けることができる!
  • 実際に被災地に行き現状を見て知ることができる!
  • 手厚い現役生のサポートで初めてでも安心!
対象身分/年齢
募集人数

15名

関連スキル
特徴

新歓イベント開催!

つぼみプロジェクトでは春の新歓を実施中です!

平成最後の春新歓は2つのイベントを用意してお待ちしています!


<第1弾>アイスブレイクってなんだろう?

東京スタディーツアーで東京に到着した子どもたち。慣れない場所、初対面の大学生がたくさん…。そんな糸をピンと張ったような緊張感に子どもたちが包まれています。そんな子どもたちと最初に行うのが”アイスブレイク”!
実際に子どもたちが取り組むことを体験してもらうことで、東京スタディーツアーの雰囲気を体感することができます!


【日時・場所】

日時:4月21日(日) 16:00~18:00

場所:つぼみプロジェクト御茶ノ水事務所

集合:御茶ノ水駅聖橋口改札前にて15:45


<第2弾>企画をつくってみよう!

つぼみプロジェクトの普段の活動を体験!東京スタディーツアーに向けどうやって企画を作っているのか。そのプロセスを体験することができます!

誰もが最初は初心者。初心者でもわかりやすく取り組めるよう、現役メンバーがしっかりとサポートします!


【日時・場所】

日時:4月27日(土) 11:00~13:00

場所:つぼみプロジェクト御茶ノ水事務所

集合:御茶ノ水駅聖橋口改札前にて10:45



つぼみプロジェクトってどんな活動をしているのだろう?どんな雰囲気なのかな?と気になった方は是非参加してみてください!メンバーと軽食を食べながらお話の出来る懇親会(参加費500円)も両イベント後に開催します!

参加すること=メンバー加入ではないのでご安心ください!


参加をご希望される方はぜひ「応募画面」からお問い合わせをお願いします!

募集詳細

震災から8年。福島のいまをご存知ですか?

2011年3月11日、東日本大震災が発生し未曾有の大災害となりました。東北地方の太平洋沿岸地域は津波の被害をうけ、町は壊滅状態に。また福島県では福島第一原子力発電所での事故による放射能汚染の被害も発生しました。

私たちの活動拠点である福島県南相馬市は最も近いところで福島第一原発から20kmの距離にあり、震災後は避難指示が敷かれ住民は避難を余儀なくされました。現在はほとんどの地域で避難指示が解除されたものの、ふるさと南相馬へ帰る人はまだ多くありません。実際、南部の小高区では震災以前約12,000人が暮らしていましたが、現在の人口は約3,000人。多くは高齢者で子どもや若者の姿はあまりみられません。

odaka

                                   (南相馬市小高区にて 2019.3.10)


全国水準に比べ低いキャリア意識

震災は南相馬の子どもたちの身の回りの環境に多くの影響を与えました。

まずは津波・原発事故の被害によって避難を余儀なくされ、1度だけでなく2度、3度と学校を転校せざるを得ない子どもが多くいました。また、学校自体も被災し、また原発事故の影響で立ち入りができなくなったことから仮設校舎での授業となり、特別教室や体育館、校庭の利用に制限がかかるなど学校生活にも影響が出ました。授業の進み具合が違う学校への転校を繰り返すことで、同じ教科書を使っていても授業で扱わない部分がでてしまったことや、仮設校舎での不十分な環境での授業によって特に福島の子どもたちには学力の低下が見られました。

そして、津波での被災や原発事故の影響で様々な事業所が閉鎖・移転を余儀なくされたことで町の中の「働く大人」の姿が少なくなりました。このことは、身近な「働く大人」を見て将来のロールモデルを形成する子どもたちに大きな影響を与えました。ある研究の調査結果によれば、南相馬市の子どもたちは将来について考える機会やその質が全国水準に比べて低いという結果が出ています。

ukedo_sho

                      (南相馬市の南に隣接する浪江町の請戸小学校にて 2017.7.1)


教育NPOとして、東京の大学生としてできることはないか

つぼみプロジェクトの母団体であるNPO法人日本教育再興連盟では、震災直後から復興支援の取り組みを続けています。その中で2014年から現在まで継続しているのがこの「つぼみプロジェクト」です。

前述の通り、震災後の子どもたちには様々な環境の変化が起こりました。そういった変化に対して非被災地から何某かの支援ができないか。そう考えた時に「東京の大学生」として東京に溢れる働く大人の姿を見せ将来の夢を考えるきっかけにすることはできないかという想いから「東京スタディーツアー」が始まりました。

ST2017_day3

                                     (東京スタディーツアー2017)


「東京スタディーツアー」とは

東京スタディーツアーは小中学生の夏休みを利用して、2泊3日で東京に招待するキャリア教育イベントです。

「東京スタディーツアー2018」の様子を例に、どのような活動を行っているかご紹介します。


◯1日目

1日目は大学生と子どもたちとの最初の出会い。まだ緊張した面持ちの子どもたちをリラックスさせるためのアイスブレイクから始まります。ちょっとひねりを加えた自己紹介や様々なミニゲームを行いながら緊張をほぐし、子どもたちと大学生の距離を縮めます。

そして本題の企画は「多種多様な職業に出会う」を目標に押上の街を探検しながら東京の下町の中にある様々な職業に出会うことを計画していました。しかし、当日は猛暑のため町探検は危険と判断し中止。屋内でこれまで知らなかったような職業に出会えるような企画に変更しました。

実際に行ったのは「職業カルタ」や「職業図鑑」を配ること。また東京スカイツリータウン®の中にある「すみだ水族館」で飼育員さんのお話を聞くなどして、南相馬では出会うことのできない職業にふれることが出来ました。

ST2018_day1

                               (職業カルタに挑戦 いくつ取れるかな?)


◯2日目(午前)

2日目はスタディーツアー毎年恒例の社会科見学から始まります。在京企業5社にご協力いただき、「『働く』とはなにかを考える」を目標に実際に社員の皆さんが働くオフィスを見学させていたただいたり、社員の皆さんがどんな想いで働いているのかをインタビューしたりしました。

東京スタディーツアー2018でご協力いただいたのは、大日本印刷株式会社・株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス・株式会社アダストリア・森ビル株式会社・株式会社テレビ東京(順不同)の5社です。ご協力いただきありがとうございました。

ST2018_tvtokyo

                      (テレビ東京調整室にて テレビの裏側には不思議がいっぱい)


◯2日目(午後)

前半は「自分と職業のつながりを知る」を目標に自分の興味や関心からどんな職業がつながっているのかを本やインターネットを使って調べる「ドリームマップ」という企画を行いました。自分が将来なりたいと考えている職業以外にも自分の興味からつながった職業が数多くあることに気づき、「たしかにこの仕事も気になるかも…」とつぶやく子どももいました。

後半は、その職業がさらにどのように社会とつながっているのかを考える企画として「つぼみパーティー」という企画を行いました。つぼみ町の町長が出す様々な課題に、前半の「ドリームマップ」で自分とつながった職業だったらどのように対処するのかを考えながらチーム対抗でアイデアを出し合いました。

ST2018_day2

                   (本とタブレットとにらめっこ… 自分と職業はつながったかな…?)

◯3日目

2泊3日の総まとめ。「まとめ企画」と題した最終日の企画は株式会社セールスフォース・ドットコムさまにもご協力いただき「なりたい未来の『働く』自分をイメージする」を目標に実施しました。

まずはこの3日間の振り返り。どんな大人の人と出会ったのかを振り返りながらその大人たちが仕事に対してどのような想いをもって向き合っていたかを時系列順で書き出していきます。そこで聞いた働くことに対する想いや仕事の内容、様々な「働く」ということにまつわるお話を思い出しながら「自分ならどんな働き方がしたいか」を考えていきました。「地元で働く?東京で働く?それとも海外?」「一緒に働くならスネ夫とジャイアンとどっち?」といったような選択式の問いかけからなんとなくのイメージを作り、さらに1対1で対話を深めていくことでより子どものイメージを言語化していくことが出来ました。


ST2018_day3

                                  (理想の働き方が見つかったかな?)


東京スタディーツアーの目的

東京スタディーツアーは「子どもたちが多様な職業を知り、自分にとってベストな選択ができるようになる」という目的を掲げて企画立案を行っています。前述のとおり、南相馬市の子どもたちはキャリア意識が全国水準に比べて低いことがわかっています。また、子どもたちを取り巻く環境も震災以前と比べるとキャリア意識が育ちにくい環境であるとい言わざるを得ない現状です。

そんな中で私たちが目指すのは、「子どもたちがベストなキャリア選択ができること」です。子どもたちが楽しんでやりたい仕事に就くことが理想ですが、そのために南相馬の子どもたちが持つ選択肢は多くありません。だからこそ、この東京スタディーツアーを通して子どもたちの持つ選択肢の幅を広げ、よりよい選択ができるようにプログラムを企画しています。

また、南相馬で暮らしている中で将来の事をあまり意識しない子どもたちを東京へ招待し働く大人たちとふれあうことで、「働く」ことについて考える機会を創り出すことも目的の1つです。子どもたちが将来を意識するのは、高校進学や就職、大学進学など、自分の人生の分岐路に立たされるときばかり。そういった機会を迎える前に、将来を考える機会を創ることで、よりじっくりと自分の将来について考えることができると考えています。

jizen

                                      (事前説明会にて 2018.7.8)


東京スタディーツアーのこれまでとこれから

「東京スタディーツアー」が始まったのは2014年。当時は南相馬市ではなく西に隣接する飯舘村(当時は全村避難中)の子どもたちを対象に行ったものが始まりでした。紆余曲折を経て南相馬市の子どもたちを対象にするようになり、これまでこの東京スタディーツアーに参加した子どもたちはのべ100人を超えるまでになりました。

東日本大震災の復興支援を掲げる団体も数を減らしつつあります。ですが、まだ復興は道半ば、特に福島県は原発事故の影響を受け復興のはじまりが出遅れた地域も数少なくありません。私たちつぼみプロジェクトはこの「東京スタディーツアー」をこれからも継続していこうと考えています。

そのためには、この課題に取り組む仲間が必要です。キャリア教育という立場から復興を支援するつぼみプロジェクトに参加してみませんか?皆様の参加を心よりお待ちしています。

kikoff

                             (2018年度キックオフミーティング 2018.5.27)

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

メンバー同士の仲がよく、楽しく企画づくりをすることができました。

ミーティング終わりには同じ班の人と一緒にご飯に行ったり、スタディーツアーが終わった後は某有名テーマパークへ遊びに行ったりもしました!

つぼみプロジェクトに参加して1年目の頃は、先輩がいろいろとアドバイスをしながらサポートをしてくれたので「難しい…もう、お手上げ!」ということはあまりなく、でもあれこれ悩みながら子どもにとってどんな企画がいいんだろうと考えながら作ることができました。

スタディーツアーが終わってからは「新入生」や「現役生」というような区分けもなく、学年の壁も越えながら活動しています!

2年目のいま、企画づくり以外にスタディーツアーの縁の下の力持ちとして様々な運営を行っています。例えば子どもたちが宿泊する施設の手配や往復のバスの手配、Facebookへの記事の投稿など、企画を作るだけがスタディーツアーを創ることじゃないんだということを感じています!

一言で表すなら「いろいろなことが身につく!」ということ!ぜひつぼみプロジェクトに参加してください!お待ちしています!

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:30%、女性:70%

  • b63a4fea54-IMG_1935.JPG

    みんな”つぼみポーズ”で集合写真

  • c52be66c01-IMG_0884.JPG

    ミーティングは真剣そのもの!

  • 9b79ce4d41-IMG_3058.JPG

    毎年”つぼみTシャツ”作ってます!

法人情報

“「教育で未来をつくる」をビジョンにさまざまなプロジェクトを行なっています。”
代表者

隂山英男

設立年

2005年

法人格

NPO法人

日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動理念

「教育で未来をつくる」のビジョンのもと、学生と社会人が、立場や年齢を超えてつながり子ども・教員・学校が抱え価値の創造に挑み続けます。

日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動内容

ROJEは現在、関東と関西にそれぞれ事務局を設置し、「防災・復興教育領域(災害と教育事業部)」「学校ソリューション領域」「メディアコンテンツ領域」「イベントコンテンツ領域」の4つの部門に分かれて活動しています。ここでは関東と関西を分けてプロジェクトを紹介します。ROJEについてもっと知りたいという方は、≪法人概要≫にあるリンクから団体HPをご参照ください。


【関東の大学生はこちら!】

<つぼみプロジェクト>

キャリア意識が育ちにくい環境にいる子どもたちが(いろんな選択肢を知った上で)自分にとってベストな選択ができるように。福島県南相馬市の小中学生を対象にキャリア教育による震災復興支援を行っています。東京での宿泊型イベント「東京スタディーツアー」を中心に震災・原発事故によって働く大人の姿を見る機会が減少した子どもたちへと支援しています。


<関東中高まなびプロジェクト>

中高まなびプロジェクトでは、都内提携校2校において中高生に向け授業実践を行なっています。コンセプトは「開かれた教室で学びが拓かれている未来」。全ての人が、生徒とふれあい、学び合える「開かれた教室」で、五教科の学習や受験のための学習に限らない「拓かれた学び」を目指しています。


<学校ボランティアプロジェクト>

私たち学校ボランティアプロジェクトは、「子どもの『できる』を増やし、成長を支援する」という理念を掲げ、提携している都内の公立小中学校に大学生、大学院生をボランティアとして派遣しています。

また、大学生が主体となって運営しており、運営メンバーはボランティアや学校と協力して、より子どもの成長を支援できるよう日々活動しています。


<EDUPEDIA関東>

教育現場に存在する多様な教育実践を先生方にお届けすることを目的としています。そのために、教育実践を取材・記事化しサイトに集約して発信しています。 また、「EDUPEDIA for STUDENT」では、教員という仕事・その他の教育系の仕事・教育系の学問等に関するコンテンツを発信しています。


<EDUCAREER(旧:教育と仕事フェス)>

EDUCAREER(旧:教育と仕事フェスプロジェクト)は2019年に活動を開始した新しいプロジェクトで、「大学生がキャリアモデルに出会い、将来を考えるきっかけになること」「一人一人が納得して自身のキャリアを決められること」を目指し活動を行っています。毎回、教育業界からゲストをお呼びして、自身の仕事について熱く語っていただきます。学生時代の話や、就職のこと、今の仕事内容などをお聞きします。2022年9月に教育と仕事フェスからEDUCAREERに改名。



【関西の大学生はこちら!】

<わたげプロジェクト>

明日起こるかもしれない災害で、尊い命が失われてしまうことがないように。

「すべての人が災害と向き合う社会をつくる」をビジョンに、防災教育を語り・学び合うコミュニティづくりや、防災教育の担い手育成ワークショップの開催、学校・地域における防災の出張授業など多様な事業を行っています。


<関西中高まなびプロジェクト>

開かれた教室で拓かれる学びを。

中高まなびプロジェクトでは、中学生・高校生に向けた授業企画やワークショップの開催を行っています。コンセプトは「開かれた教室で拓かれた学び」です。

全ての人が、生徒とふれあい、学び合える「開かれた教室」で、五教科の学習や受験のための学習に限られない「拓かれた学び」を目指しています。


<EDUPEDIA関西>

教育現場に存在する多様な教育実践を先生方にお届けすることを目的としています。そのために、教育実践を取材・記事化しサイトに集約して発信しています。 また、「EDUPEDIA for STUDENT」では、教員という仕事・その他の教育系の仕事・教育系の学問等に関するコンテンツを発信しています。



紹介動画



活動実績

2005年
団体発足

2005年10月


虎ノ門パストラルホテルにてNPO発起講演会の開催

2006年
第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

2006年06月05日

第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

・隂山先生、横山先生の授業実践

・NPO法人FTEXTのワークショップ

第一回教育夏まつり開催(来場者:400人)

2006年08月

第一回早稲田祭イベント開催(来場者:350人)

2006年11月

2007年
第二回東京大学五月祭講演会イベント 開催

2007年05月

タイトル「僕たちの教育再生会議」

学校ボランティアプロジェクト事業化

2007年07月

2008年
関西支部発足

2008年03月

【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2008開催、隂山メソッド指導者養成講座開催

2008年05月

【フォーラム】タイトル「みんなでつくる教育2.0」

教育夏まつりプロジェクト発足

2008年06月

「教育夏まつり2008」参加 早稲田祭プロジェクト発足、教育サマーセミナー2008開催

2008年08月

早稲田祭2008 トークイベント「それでいいのか?大学生!」開催・野口塾in東京開催

2008年11月

2009年
【関西】 理科実験教室プロジェクト・トークカフェプロジェクト・教育夏祭り関西企画プロジェクト発足

2009年03月

一般財団法人人間塾・公益財団法人電通育英会ほかより助成を受け実施

【関東・関西】 EDUPEDIA事業化・サイト開設

2009年04月

【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2009開催

2009年05月

タイトル「いま必要な学びとは?」

教育夏まつり2009開催

2009年08月

2010年
【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2010開催 【関西】 関西教育プレフォーラムプロジェクト発足

2010年05月

【フォーラム】タイトル「学校大公開時代」

【関西】 立命館にて、関西教育フォーラム2010開催

2010年11月

2011年
【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2011 「教育×震災~いま、私たちができること~」開催

2011年05月

タイトル「教育×震災~いま、私たちができること~」

【関東・二本松プロジェクト】 東北の教育復興の一助として教育夏祭りin石巻を開催

2011年08月

【関西】 京都大学にて関西教育フォーラム2011開催

2011年11月

2012年
【関東】 中高まなびプロジェクト発足

2012年

第五回京都21世紀教育創造フォーラム 『日本の未来と人づくり~グローバル時代のサイエンス教育像~』 京都21世紀教育創造フォーラム実行委員会・関西プレスクラブ共催 東京大学五月祭教育フォーラム2012開催

2012年05月

【関西】学習支援ボランティア開始

2012年06月

東京スタディツアー2012開催

2012年08月

テーマ 「絆×未来 福島の子どもたちが、東京で絆と未来を考える」

東京スタディツアー2012開催

2012年08月

リレー対談プロジェクト化

2012年09月

関西教育フォーラム2012開催

2012年11月

2013年
【関西】 EDUPEDIA参加、放課後ボランティアプロジェクトcomp発足、イベント企画VARY発足

2013年01月

東京大学五月祭教育フォーラム2013開催

2013年05月

タイトル「教室の今と未来~いじめ・発達障害の視点から~」

教育夏まつり2013 in二本松 開催

2013年08月

テーマ 「未来のこたえを、二本松から」

【関東】リレー対談から教育対話プロジェクトに改名、【関西】 関西教育フォーラム2013開催

2013年11月

2014年
ROJE復興支援事業in飯館村発足

2014年03月

東京大学教育フォーラム2014開催

2014年05月

タイトル「『グローバル化時代』の日本の教育~変わる世界で、変える人に~」

東京スタディツアー2014開催

2014年08月

テーマ「つぼみプロジェクト~3日間の「夢」さがし~」

つぼみプロジェクト事業化

2014年09月

関西教育フォーラム2014開催

2014年11月

タイトル「グローバル化×人材」

2015年
【関西】中高まなびプロジェクト発足

2015年

東京大学五月祭教育フォーラム2015開催

2015年05月

タイトル「21世紀の教育格差」

つぼみプロジェクト2015年度東京スタディツアー開催

2015年11月

関西教育フォーラム2015開催

2015年11月

タイトル「教育格差に挑む ―学校の今と未来―」

2016年
九州支部正式発足

2016年01月

東京大学五月祭教育フォーラム2016開催

2016年05月

タイトル「学校の役割を問いなおそう-公教育が「商品」に!?-」

【九州】 たんぽぽプロジェクト発足

2016年07月

つぼみプロジェクト2016年度東京スタディツアー開催

2016年08月

東京キワニスクラブ 青少年教育賞 最優秀賞 受賞

2016年09月

関西教育フォーラム2016開催

2016年11月

タイトル「いじめ問題をもう一度~行政×学者×遺族で創る『新しい教育フォーラム』~」

2017年
東京大学五月祭教育フォーラム2017開催

2017年05月

タイトル「大学入試改革!問われる新たな能力 ~現場と家庭は何をすべきか~」

つぼみプロジェクト2017年度東京スタディーツアー開催

2017年08月

関西教育フォーラム2017開催

2017年11月

タイトル「AI時代の教育」

2018年
防災ワーキンググループを設置

2018年04月

東京大学五月祭教育フォーラム2018開催

2018年05月

タイトル「教員の多忙化」

つぼみプロジェクト2018年東京スタディーツアー開催

2018年07月

関西教育フォーラム2018開催

2018年11月

タイトル「学校×塾×家庭 その子らしさを引き出す新時代の教育」

つぼみプロジェクト 一般財団法人人間塾 塾長講演会

2018年12月

テーマ「大学生がどう教育に関わるか」

2019年
災害と教育事業部わたげプロジェクト発足

2019年04月

東京大学五月祭教育フォーラム2019開催

2019年05月

タイトル「"教育改革"のその先へ~新時代に求められる人物像とは~」

【災害と教育事業部 つぼみプロジェクト・わたげプロジェクト】合宿in福島県・宮城県 実施

2019年07月

わたげプロジェクト 「防災教育実践交流会2019・夏~「知る」「学ぶ」から「やってみる」へ~」開催

2019年08月

関西教育フォーラム2019開催

2019年11月

タイトル「人生のコンパスを子どもたちに ― 社会につながる学びとは 」

2020年
ROJE関東教育フォーラム開催

2020年07月

タイトル「どうなる?大学入試〜改革延期の今、何が必要か〜」

関西教育フォーラム2020開催

2020年11月

タイトル「先生はどう働き、子どもはどう学ぶか─コロナ禍で問う学校のあり方─」

2021年
ROJE関東教育フォーラム2021開催

2021年05月

タイトル「変わりゆく時代、変わりゆく大学 ~問い直そう!大学の役割~」

関西教育フォーラム2021開催

2021年11月

タイトル「今こそ、教育格差を語ろう。− "誰ひとり取り残さない"を目指す、with ICT 時代の教育とは −」

2022年
五月祭教育フォーラム2022開催

2022年05月

タイトル「学校教育だけでは終わらない〜日常に新たな学びを!〜」

日本教育再興連盟(ROJE)のボランティア募集

日本教育再興連盟(ROJE)の職員・バイト募集