こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 能勢町の銀寄クリ園の復活を目指して

更新日:2020/06/23

能勢町の銀寄クリ園の復活を目指して

公益社団法人 大阪自然環境保全協会
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「大阪自然環境保全協会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

c790490a91-kuri.png

能勢の里山でクリ園の再生を始めます。ここは希少種のシジミチョウの生息地でもあり、シカ害からクリの苗木や花の咲く下草を守り里山の生物多様性を取り戻しましょう。甦れ里山!そのためにはあなたの手が必要です。

活動テーマ
活動場所

活動地近くの歌垣SATOYAMA楽舎(倉垣466番地)という古民家を利用することができます
能勢電鉄「妙見口駅」に集合し現地へは送迎します

必要経費

無料

活動日程

基本的に毎月第3土曜日が活動日になっています。
一日だけの参加も、もちろんOKです。

3月21日は午前中、府立大学上田昇平助教による講演「アリと自然の不思議なつながり」
午後は栗の植樹をします。

募集対象

里山の自然回復に力を貸して下さる方を募集します

注目ポイント
  • この里山再生活動は大阪の自然環境保全団体が進めています
  • 活動地のすぐ近くに活動拠点となる古民家「歌垣SATOYAMA楽舎」があります
  • 稀少種のシジミチョウの保全は大阪府立大学の調査研究対象となっています
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

銀寄栗で有名な能勢のクリ山は高齢化や担い手不足で手入れが行き届かなかったり放棄されることが多くなっています。シカやイノシシの侵入が植生を単純化することにより色々な生き物が棲みづらい環境になってしまっています。クリ山の再生はクリの木だけでなくそこに生息するあらゆる生物を保全することにもなるのです。

  • ce501f2d7f-singly_communitydevelopment_recruiting_72350_sub1.png

    大阪府絶滅危惧1類のシジミチョウ

  • f143a4b277-IMGP8721_R.JPG

    クリの苗木を守るネット張り作業

  • 03b6b12ab1-1.png

    作業のあとはSATOYAMA楽舎でワイワイ

  • 47f2b85f14-singly_communitydevelopment_recruiting_72350_sub1.png

    最後にいつもの集合写真

  • e52cbce507-3.png

    地域の方と草刈りエリアを相談しています

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:70%、女性:30%

  • d7a3e1749c-singly_communitydevelopment_recruiting_72350_sub2.png

    昨年のクリの植樹作業の様子

  • 47d4de5144-P1010162_R.JPG

    集合時のミーティングの様子

法人情報

公益社団法人 大阪自然環境保全協会

※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

代表者

夏原由博(名古屋大学大学院環境学研究科教授)

設立年

1976年

法人格

公益社団法人

大阪自然環境保全協会の法人活動理念

身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している社団法人の自然保護団体です。
大阪南港に野鳥園をつくる運動を支えた市民が中心になって、1976年に設立されました。

会長ら20名以内の理事が中心になり、正会員で構成する総会を最高決議機関として運営しています。
ボランティアを中心に活動を行っている民間団体で、2018年11月現在の会員は726名です。

大阪自然環境保全協会の法人活動内容

活動内容は

■里山の保全=森づくり
■身近な自然とふれあう活動
■自然を深く知り学ぶ活動

■調査研究活動・提言・市民運動・ネットワーク

大阪自然環境保全協会のボランティア募集

大阪自然環境保全協会の職員・バイト募集